スケジュール作成警告を表示する

メモ: 
  • 負荷ベースのスケジュールは、生成に20分以上かかる場合があります。
  • 最近追加した場合 Workforce Management &GT ; エージェントスケジュール &GT ; 基づいて負荷を利用 エージェントへの許可、生成に最大4時間かかる場合があります。 そのエージェントを含むスケジュール。 
  • 正しい設定を行っても、生成されたスケジュールにエージェントが表示されない場合は、設定 >エージェント に移動し、エージェントの同期 を選択してください。 

労働力管理には、予測ベースのスケジュールまたは予測なしのスケジュールを生成するときに発生する可能性のある一般的な組み込みのスケジュール生成メッセージが含まれています。 各メッセージにデフォルトの重大度レベルを使用することも、独自のプリファレンスを設定することもできます。 次に、スケジュールを作成した後、[スケジュール]ページから生成されたメッセージまたは警告を表示できます。  

スケジュール生成メッセージとそのデフォルトの重大度レベル

リストをクリックして展開すると、各メッセージとデフォルトの重大度レベルが表示されます。

検証メッセージ デフォルトの重大度

エージェントは作業を処理するように設定されていません。

情報:

作業計画にエージェントはいません。

情報:

管理単位にエージェントが見つかりません。 エージェントが管理ユニットに存在しないか、管理ユニットがビジネスユニットに見つかりませんでした。

警告

選択した管理単位にエージェントはいません。

警告

以前のスケジュールと新しいスケジュールの間に最大連続稼働日をスケジュールできませんでした。

情報:

以前のスケジュールと新しいスケジュールの間の(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間の最大休日をスケジュールできませんでした。

情報:

終日の休暇申請のため、(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間に最大休日をスケジュールできませんでした。

情報:

以前のスケジュールと新しいスケジュールの間の(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間の最大休日をスケジュールできませんでした。

情報:

有給休暇申請のため、(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間に最大休日をスケジュールできませんでした。

情報:

以前のスケジュールと新しいスケジュールの間の(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間の最大休日をスケジュールできませんでした。

情報:

以前のスケジュールと新しいスケジュールの間の(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間の最小休日をスケジュールできませんでした。

情報:

前のスケジュールと新しいスケジュールの間の前日からの最小距離(日付の開始–日付の停止)をスケジュールできませんでした。

情報:

「春先」の夏時間の移行のため、前日からの最小距離(日付の開始–日付の停止)をスケジュールできませんでした。

情報:

前日の開始から(日付開始–日付停止)の前のスケジュールと新しいスケジュールの間の最小距離をスケジュールできませんでした。

情報:

「春先」の夏時間の移行のため、前日からの最小距離(日付の開始–日付の停止)をスケジュールできませんでした。

情報:

以前のスケジュールと新しいスケジュールの間の(日付開始–日付停止)から始まるスケジュール期間に最小支払時間をスケジュールできませんでした。

情報:

未払いの休暇申請のため、スケジュール期間(日付開始–日付停止)に最小支払い時間をスケジュールできませんでした。

情報:

有給休暇申請のため、必要な最大有給時間を(日付開始–日付停止)にスケジュールできませんでした。

情報:

有給休暇申請のため、(日付開始–日付停止)から始まる週に必要な最大週給時間をスケジュールできませんでした。

情報:

未払いの休暇申請のため、必要な最小支払い時間を(日付開始-日付停止)にスケジュールできませんでした。

情報:

未払いの休暇申請のため、必要な最低週給時間(日付開始-日付停止)をスケジュールできませんでした。

情報:

終日の休暇申請のため、(日付開始–日付停止)から始まる週に必要な最小週労働日をスケジュールできませんでした。

情報:

終日の休暇申請のため、必要な就業日(開始日–終了日)をスケジュールできませんでした。

情報:

権限が見つかりません: "Workforce Management > Agent Schedule > Utilize Load Based" これが過去4時間以内に変更された場合は、[エージェントリスト]ページで[変更の同期]を押します。

警告

(日付開始–日付停止)に利用できる作業はありません。

警告

エージェントのスケジュールを作成できません

警告

作業計画は有効ではありません。

情報:

作業計画が見つかりません。

警告

スケジュール生成メッセージの重大度レベルを設定する

各メッセージは自動的にデフォルトの重大度に設定されます。ただし、ビジネスユニットを作成するときに、必要な重大度のレベルを設定できます。 これらの重大度レベルは次のとおりです。

  • エラー: メッセージに設定できる最高の優先度。
  • 情報: メッセージに設定できる最低の優先度。
  • 警告:  優先度は情報よりも重大度は高くなりますが、エラーよりは低くなります。
  • 無視 このメッセージは、作業計画またはスケジュール生成の結果には表示されません。

 重大度レベルにアクセスして設定するには、次の手順に従います。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 労働 力 管理 クリック スケジュール.
  3. から 事業単位 右上隅にあるリストから、ビジネスユニットを選択します。
  4. 警告を表示するスケジュールを選択します。
  5. クリック スケジュールの生成. [スケジュールの生成に関する警告] ページが開きます。
  6. 警告を確認し、完了したら、 わかりました.

スケジュールを生成した後、メッセージとその重大度レベルを表示する

予測ベースのスケジュールまたは予測なしのスケジュールを生成した後、[スケジュール]ページから生成されたメッセージを確認します。 

  1. [管理]をクリックします
  2. 人員管理 、クリックスケジュール.
  3. 右上隅にあるビジネスユニットリストから、ビジネスユニットを選択します。
  4. オプションデータを表示するタイムゾーンを変更するには、右上隅で現在のタイムゾーンリストを選択します。
     メモ:   デフォルトでは、ビューはビジネスユニットのタイムゾーン使用しタイムゾーン 。
  5. スケジュールまたは作業計画を作成していない場合は、次のいずれかを実行します。
  6. [生成結果]列で、エラーの数を表示します。
  7. [スケジュール]ページの[生成結果]列で、エラーをクリックして結果の詳細なリストを開きます。

スケジュール生成結果に関する詳細を表示および管理する

[スケジュール]ページの[生成結果]列で、メッセージをクリックして結果の詳細なリストを開きます。 ここでは、次のことができます。

  • メッセージのリストと、スケジュールの生成中に検出された各メッセージの重大度を確認します。
  • クリック フィルタの重大度 リストを使用して、エラー、警告、または情報でリストを絞り込むか、すべての重大度を表示するように選択します。+
  • クリック サポート情報をクリップボードにコピー リストを編集して、組織内の適切な個人に配信します。
  • クリック 無視されたメッセージを含める 無視としてマークされたメッセージをエラーリストに追加します。
     メモ:   また、選択する必要があります 無視 [フィルターの重大度]リストから、無視されたメッセージを表示します。