スケジュールエディタで順守情報を表示する

前提条件

 以下の権限

  • Workforce Management > 歴史的な密着 > ビュー
  • Workforce Management > スケジュール > 表示

注意: アドヒアランス情報は、選択した作業チームのすべてのエージェントが同じ管理ユニットに属している場合、または1つの管理ユニットのみを選択した場合にのみ、スケジュールエディターで使用できます。

複数の管理ユニットまたは複数の管理ユニットを選択した場合、アドヒアランス情報は表示されません。

日別表示および日付範囲別表示では、スケジュールエディタをカスタマイズして過去のスケジュールのエージェント順守情報を表示できます。 順守表示を有効にすると、スケジュールされたアクティビティの下にあるピンク色の線が、エージェントが順守していないかどうかを示します。

順守の例外とその例外を生成したアクティビティを展開して表示するには、  エージェントの隣に:

また、エージェント領域で適合性と順守の列を表示できます。 選択したビューによっては、表示される列が変わる場合があります。

  • 日別表示では、毎日の順守、毎日の順守、および週間順守が表示されます。
  • [日付範囲別に表示]には、[毎日の順守]、[毎日の順守]、および[毎週の順守]が表示されます。
  • 週ごとの表示は週ごとの順守を示しています。
 メモ:   分析には処理すべきイベントのバックログがある可能性があるため、システムは最近完了した間隔では完全に正確ではない可能性があります。 しかし、それは時間の経過とともに自分自身を修正します。

スケジュールエディタで順守情報を有効にする

スケジュールエディタでアドヒアランス情報を表示するように選択できます。 この設定を有効にして、エージェントのスケジュール例外にスケジュールと、ポップアップが表示され、次の情報が表示されます。

  • 活動カテゴリー
  • エージェントのステータス
  • エージェントのセカンダリステータス (エージェントがセカンダリステータス有効にする場合)
  • アクティビティの開始時間と終了時間
  • 活動の長さ

スケジュールエディターでアドヒアランス情報を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 労働力 管理クリック スケジュール。
  3. 右上隅にある [ 管理単位 リストと 適切な管理単位を選択してください.
  4. スケジュールエディタを開くには、次のいずれかを実行します。
    1. 新しいスケジュールを作成してください。
    2. エージェントを追加したいスケジュールを検索し、それをリストから選択します。
  5.  アクションを選択 メニューをクリックし 表示オプションを選択してください。 
  6. 有効にする 順守を示す
  7. (オプション)スケジュール領域に順守情報を表示することを選択した場合、現在の時間に近い順守を表示するときに発生する可能性があるスケジュール順守の不確実性も表示するには、 遵守の不確実性を示すをご参照ください。
     メモ:   有効にすると、このオプションは、すべてのエージェントのアドヒアランスデータがどれだけ最近のものかを識別し、紫色の垂直回線識別されます。 また、データの更新が遅れるためにまだ不確実と見なされている実際の活動も示しています。これらのアクティビティはスケジュール表示では淡色表示されます。
  8. (オプション)値がしきい値より低い場合に順守率が赤で表示されるように指定するには、次の手順を実行します。
    1. を選択 順守率の強調表示しきい値
    2. 上下の矢印を使用して割合を選択します。
    3. スケジュールエディタで、特定のエージェントをクリックして展開し、例外とそれらを生成したアクティビティを表示します。

エージェント領域に適合および順守列を追加する

  1. の中に エージェント 列、クリック 。 
  2. 利用可能な列次のいずれかを選択します。
    • 毎日の遵守
    • 毎週の順守
    • 適合性
  3.   [OK] をクリックします。