垂直スタックコンテナスクリプトコンポーネント


垂直スタックは、子コンポーネントを垂直に配置する親コンテナです。コンポーネントを水平に配置するには、水平スタックコンテナを使用してください。

注意:各スクリプト ページには、そのページに追加されるすべてを格納するデフォルトのバーティカル スタック コンテナーがあります。この根本のコンポーネントを削除することはできませんが、そのプロパティを変更したり、それにコンポーネントを追加することはできます。

  1. デフォルトのコンテナはVertical Stackコンテナなので、追加のコンテナを追加する必要はありません。追加するには、 垂直スタックコンテナ コンポーネントツールバーのアイコン。 図は、空のバーティカル スタック コンテナーの方向インジケーターを示しています

    縦型スタックコンテナを選択すると、スクリプトエディタに下向きの方向インジケータが表示されます。矢印は、コントロールに追加された新しいコンポーネントが互いにどのように整列するかを示します。

    垂直スタックの場合、スクリプトエディタは新しいコンポーネントを前のコンポーネントの下に配置します。テキストコンポーネントに続けて入力を追加すると、エディタはコントロールを垂直方向に積み重ねます。

  2. ツールバーを使用して別のコンポーネントを追加すると、コンテナはそれを現在選択されている項目の下に配置します。

  3. 必要に応じてこのコンポーネントのプロパティを設定します。

    一般



    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、幅を固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定 説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。例えば、ラベルの幅はテキストの量に応じて拡大することができます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    settings-sizing-pixels 固定サイズをピクセル単位で設定します。ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。



    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、高さを固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定 説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。
    settings-sizing-pixels 固定サイズをピクセル単位で設定します。ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。




    パディングは、内側の境界とコンテンツの間のスペースを定義します。「余白」は罫線の外側の空間を設定し、「スペース」は罫線の内側に空間を追加します。

    padding_vs_margin

    1. すべてのパディング値を一度に更新するには、を押します。 すべて設定 プロパティパネルの「パディング」ボタンをクリックします。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 境界線項目の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して境界線の幅を増減します。[すべて設定] が選択されていると、変更はすべての値に適用されます。

      図は、罫線設定の値を変更する方法を示しています

      コンポーネントは新しいパディング設定を使用してすぐに再配置されます。




    背景色を次のいずれかに設定します。

    settings-bg-color-popup2
    • 既定: 既定の色を割り当てます。

    • : 一般的な色のパレットから選択するか、RGB 値を入力するか、またはカラーピッカーを新しいスペクトラム位置に移動することによって、独自のカラーを選択することができます。クリック 選択 現在の選択を割り当てます。

      settings-text-color-popup-colors

    • 変数: 文字列変数に格納されている色を割り当てます。例えば、濃青色を割り当てるには、以下の手順を実行します。

      1. クリックし、 変数 ] タブ。

      2. クリック + 変数を追加します。

        図は、新しい変数を追加するボタンを示しています

      3. 選択 文字列 新しい変数が格納する値の型として。

      4. 名前ボックスにわかりやすい名前を入力します。

      5. 設定 デフォルトの開拓E 0000FF または #0000FF するには-ダークブルーの16進数コードです。

        select-color-in-variable

      6. 適用するをクリックします。
      7. このカラープロパティに変数を割り当てます。

        mycolor-variable

    スクリプトページの背景色を変更するには

    ページ全体の背景色を設定するには、ルートの垂直コンテナに背景色を割り当てます。

    1. ブレッドクラムバーで、ルートコンテナーアイコンをクリックします。

      select-root-container

    2. 共通 または 外観、別の背景色を割り当てます。

      別のコンテナに異なる背景色を割り当てることで、興味深い効果を作成できます。

      additional-colored-containers




    境界は、パディングとマージンの間のスペースを定義します。「余白」は罫線の外側の空間を設定し、「スペース」は罫線とコンポーネントの間に空間を追加します。

    画像は、余白、境界線、およびスペース設定の関係を示しています

    1. 必要に応じて一度にすべての境界線の値を更新するには、プロパティパネルで[境界線のすべて設定]ボタンを押します。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 境界線項目の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して境界線の幅を増減します。[すべて設定] が選択されていると、変更はスペースのすべての値に適用されます。

      図は、罫線設定の値を変更する方法を示しています

      コンポーネントは新しい境界線設定を使用してすぐに再配置されます。



    レイアウト

    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、幅を固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定 説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。例えば、ラベルの幅はテキストの量に応じて拡大することができます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    settings-sizing-pixels 固定サイズをピクセル単位で設定します。ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。

    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、高さを固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定 説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。
    settings-sizing-pixels 固定サイズをピクセル単位で設定します。ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    親コンテナを基準にして、コンポーネントを左、右、または中央に揃えます。

    ヒント: 親コンテナの高さ設定が 自動サイジング。これを修正するには、親コンテナのHeightをに設定します。 ストレッチ またはの一定の高さに ピクセル数
    設定
    align-left2 align-left-example2
    align-center2 align-center-example2
    align-right2 align-right-example2
    align-start align-start-example
    align-vertical-center align-vertical-center-example
    align-vertical-end align-vertical-end-example

    子の配置は、コンテナに追加のスペースがある場合に、コンテナの内容をどのように配置するかを決定します。

    コンテナの幅と高さが自動サイズ設定の場合、この設定は無効になります。自動サイズ変更は、コンテナーに含まれる要素のサイズにあわせて拡大するようコンテナーに指示します。この場合余分な空間は生じないため、子の配置プロパティには意味がなく、無効になります。子の配置を有効にするには、コンテナーの幅をピクセルで設定するか、ストレッチに設定します。

    コンテナに追加のスペースがある場合は、次のいずれかを選択してスペースの配分方法に影響を与えます。

    • 開始- コンテンツはコンテナの先頭に配布されます。

      child_arrangement_start

    • センター- コンテンツはコンテナの中央に配布されます。

      child_arrangement_center

    • 終わり- コンテンツはコンテナの最後に配布されます。

      child_arrangement_end

    余白は、境界線の周囲の上下左右の間隔を設定します。

    画像は、余白、境界線、およびスペース設定の関係を示しています

    1. 必要に応じて一度にすべてのマージン値を更新するには、を押します。 すべて設定 プロパティパネルの[余白]ボタンをクリックします。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 余白の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して、余白を増減します。もし すべて設定 を選択した場合、変更はすべての余白に適用されます。

      settings-margin-spinner

      コンポーネントは新しいマージン設定を使用してすぐに再配置されます。

    ブール(TrueまたはFalse)変数の値に基づいてコンポーネントの表示/非表示を設定します。

    1. クリック レイアウト プロパティグループVisibleの下にあるをクリック 変数を選択
    2. 変数を選択するか、オプションで新しいYes / No変数を作成してから、その新しい変数を 見える 財産。
    3. 実行時には、変数の値がTrueのときにコンポーネントが表示されます。逆に、変数の値が

    パディングは、内側の境界とコンテンツの間のスペースを定義します。「余白」は罫線の外側の空間を設定し、「スペース」は罫線の内側に空間を追加します。

    padding_vs_margin

    1. すべてのパディング値を一度に更新するには、を押します。 すべて設定 プロパティパネルの「パディング」ボタンをクリックします。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 境界線項目の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して境界線の幅を増減します。[すべて設定] が選択されていると、変更はすべての値に適用されます。

      図は、罫線設定の値を変更する方法を示しています

      コンポーネントは新しいパディング設定を使用してすぐに再配置されます。

    表示方式

    背景色を次のいずれかに設定します。

    settings-bg-color-popup2
    • 既定: 既定の色を割り当てます。

    • : 一般的な色のパレットから選択するか、RGB 値を入力するか、またはカラーピッカーを新しいスペクトラム位置に移動することによって、独自のカラーを選択することができます。クリック 選択 現在の選択を割り当てます。

      settings-text-color-popup-colors

    • 変数: 文字列変数に格納されている色を割り当てます。例えば、濃青色を割り当てるには、以下の手順を実行します。

      1. クリックし、 変数 ] タブ。

      2. クリック + 変数を追加します。

        図は、新しい変数を追加するボタンを示しています

      3. 選択 文字列 新しい変数が格納する値の型として。

      4. 名前ボックスにわかりやすい名前を入力します。

      5. 設定 デフォルトの開拓E 0000FF または #0000FF するには-ダークブルーの16進数コードです。

        select-color-in-variable

      6. 適用するをクリックします。
      7. このカラープロパティに変数を割り当てます。

        mycolor-variable

    スクリプトページの背景色を変更するには

    ページ全体の背景色を設定するには、ルートの垂直コンテナに背景色を割り当てます。

    1. ブレッドクラムバーで、ルートコンテナーアイコンをクリックします。

      select-root-container

    2. 共通 または 外観、別の背景色を割り当てます。

      別のコンテナに異なる背景色を割り当てることで、興味深い効果を作成できます。

      additional-colored-containers

    境界は、パディングとマージンの間のスペースを定義します。「余白」は罫線の外側の空間を設定し、「スペース」は罫線とコンポーネントの間に空間を追加します。

    画像は、余白、境界線、およびスペース設定の関係を示しています

    1. 必要に応じて一度にすべての境界線の値を更新するには、プロパティパネルで[境界線のすべて設定]ボタンを押します。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 境界線項目の値フィールドをクリックします。そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して境界線の幅を増減します。[すべて設定] が選択されていると、変更はスペースのすべての値に適用されます。

      図は、罫線設定の値を変更する方法を示しています

      コンポーネントは新しい境界線設定を使用してすぐに再配置されます。