州の行動

受信電子メール、チャット、およびメッセージングのフローでは、状態の観点からプロセスが最初に定義されます。 状態は、作業が流れるパイプラインを定義します。 各状態は一連のタスクとアクションで構成されています。 州は以下に関連します。

  • インタラクションのルーティング先のキュー。
  • プロセスの業界定義部分。
  • ベストプラクティスによって定義されたプロセスの一部。

タスクがアクションを論理ユニットにグループ化するのと同じ方法で、状態はタスクを論理ユニットにグループ化します。 すべての対話プロセスは、初期状態から始まります。 あなたのプロセスが単純なら、あなたはそれをそのままにすることができます。 より複雑なプロセスの場合は、通常はプロセスの同じ段階で、同時に発生するタスクをグループ化するための状態を作成します。

 メモ:   電子メール、チャット、またはメッセージングフローは、常に1つの状態にあります。 フロー内では、複数のタスクをスタックできます(たとえば、 タスク1がタスク2を呼び出し、次にタスク2がタスク3を呼び出し、以下同様です。ただし、状態をスタックすることはできません。 Eメールフローがある状態になってから別の状態に切り替わると、2番目の状態が前の状態に置き換わります。

州を自動車の組み立てラインに沿った駅と考えてください。 ある場所では、整備工が車軸、ホイール、およびステアリングコンポーネントをシャーシに取り付けます。 次の駅で、労働者はエンジンとそのすべての関連部品を取り付ける。 次の駅で、車体のシェルがシャーシに溶接され、ドアが取り付けられます。 各ステーションで、労働者は関連するタスクのグループを実行してから、別のタスクのグループが実行されるように、車を次のステーションに降りて行かせます。 行の終わりで、結果は完成した自動車です。

同様に、受信メール、チャット、またはメッセージングフロープロセスは、アセンブリ回線ようなものです。 プロセスの各段階で、システムはプロセスを続行する前にさまざまな関連タスクを実行する必要があります。また、プロセスが理解しやすく実行できるように、状態によってタスクがグループ化されます。 プロセスの終わりに、あなたは結果を得ます。

名前    説明
名前フィールド 州の識別名を入力します。 ここに入力したラベルが、シーケンスに表示される州の名前になります。
状態の編集

このボタンをクリックして状態エディタを開き、状態のアクションを設定します。

これを開始ステートに設定

この状態を電子メール、チャット、またはメッセージングフローの開始状態として設定するには、このボタンをクリックします。 状態は、フローの開始状態セクションに移動します。 フローが実行されると、プロセスはこの状態で開始されます。