Google Cloud Dialogflow CXの発話モデルの指定

音声モデルを設定する機能により、ボット全体または個々のターンに使用する現在または将来の音声モデルを実験することができます。 Google Cloud Dialogflow CX コンソールでボット用にCustom Payload Response を作成し、Genesys Cloud で使用する Google Cloud Dialogflow CX スピーチモデルを構成します。 

注意:  Add dialogue option >Custom payload オプションを含むGoogle Cloud Dialogflow CXページのどこにでも、ルート、エントリーフルフィルメント、パラメータ、イベントハンドラなどのカスタムペイロードを追加することができます。 このタスクは、Google Cloud Dialogflow CX Routeにカスタムペイロードレスポンスを追加する手順を説明します。

モデル選択

次のタスクで説明するようにカスタム ペイロード応答を入力すると、 Google Cloud Speech-to-Test ガイドのモデル選択リスト、または空の文字列を使用できます。 空の文字列を使用すると、GCP は利用可能な最適なモデルを選択します。 プロパティを省略した場合、GCP は最後に指定されたモデルを使用します。 たとえば、モデルを「latest_short」に設定し、モデルを選択せずに 2 番目のオプション セットを指定すると、Google Cloud は「latest_short」を使用します。

バリアント選択

次のタスクで説明するようにカスタムペイロードレスポンスを入力すると、バリアントをこれらのオプションのいずれかに設定することができます。

  • 標準
  • エンハンスド
  • 空白の文字列

もし空の文字列を使った場合は、Google Cloud は利用可能な最良のバリアントを選択します。 このプロパティを省略した場合は、Google Cloud は最後に指定された variant を使用します。 例えば、variant を "enhanced" に設定し、variant を選ばずに二番目のオプションのセットを供給した場合、Google Cloud は "enhanced" を使います。

Google Cloud Dialogflow CXの音声モデルを指定するには、カスタムペイロードを使用します。

  1. Google Cloud Platform コンソールで、 Dialogflow CX Console にアクセスします。
  2. プロジェクトを選択します。
  3. エージェントを選択します。 エージェントの[デフォルト開始フロー]が表示されます。
  4. 音声モデルを設定するページを選択します。
  5. ルートを選択する。
  6. Fulfillment の下で、Add dialogue option をクリックし、Custom Payload をクリックします。
  7. Google Cloud Dialogflow CXの音声モデルを指定するには、カスタムペイロードのレスポンスに以下のコードを追加します。
    {
         "recognition-options"。 {
     
             "モデル"。 "",
    
              "variant "です。 ""
    
         }
    
    }
  8.  保存するをクリックします。