電話の冗長性


電話機がプライマリエッジへの接続を失った場合、phone 冗長性は自動的にプライマリエッジからセカンダリエッジに電話を切り替えます。電話の冗長性は、アクティブ/アクティブ構成として動作します。電話機がプロビジョニングされてEdgeから設定を取得すると、両方のホームエッジに同時に登録されます。電話が両方の Edge に登録されると、プライマリ Edge を使用してコールを発信・受信できるようになります。プライマリ Edge と電話間の接続がダウンした場合、コールはセカンダリ Edge に切り替えられます。コールがGenesys Cloudユーザーインターフェースから行われるのか、ハードウェア電話から行われるのかは関係ありません。両方の呼び出しは同じ方法で動作します。すべての SIP とメディア シグナリングもセカンダリ Edge に切り替えられます。プライマリ Edge がオンラインに戻ると、すべてのシグナリングがプライマリ Edge に切り替わります。

メモ: 電話の冗長性には、通話の存続性は含まれません。Edge への接続が失われた場合、アクティブなコールは切断されます。

  • 管理された電話の冗長性は自動であり、ユーザ設定を必要としません。
  • 汎用SIP電話は、Genesys Cloudによって自動的にプロビジョニングされません。汎用の SIP 電話の冗長性には、基本設定を手動で設定する必要があります。可能であれば、管理された電話と特定の make とモデルを選択します。

注意: 汎用電話は、セカンダリエッジへのフェールオーバー割り当てをサポートしません。 を有効に セカンダリエッジの使用 設定を 汎用 SIP 電話 冗長プロキシの概念をサポートしていない電話で問題が発生する可能性があります。プライマリプロキシをプライマリエッジに、セカンダリプロキシをセカンダリエッジに向けるように、汎用デバイスを手動で設定する必要がある場合があります。



 電話の冗長性の状態を確認するには、 テレフォニー > ; 電話管理 電話の名前をクリックします。これらの画面には、プライマリエッジとセカンダリ境界が一覧表示され、プライマリエッジ接続とセカンダリエッジコネクションのステータスが表示します。PhoneRedundancy

    1. クリック 管理者
    2. テレフォニーで、 電話管理をクリックします。
    3. 基本設定 タブをクリックします。
    4. クリック 新規作成 [基本電話] タブが表示されます。
    5. 基本設定名 フィールドに名前を入力します。
    6. 電話機の作成とモデル リストから、汎用 SIPを選択して下さい。
    7. 「スタンドアロン機能」を「設定」のままにします。 オフ 会議室の電話の基本設定を作成している場合を除きます。見る スタンドアロン機能を有効にする
    8. クリックし、 一般 設定。
    9. 下 セカンダリエッジの使用クリック 有効.
    10. クリック 基本設定の保存.