多要素認証 (MFA) は、ユーザーがアプリケーションにサインインするときにユーザーの ID を確認するために使用される追加のセキュリティ層です。 Genesys Cloud ユーザーは、Genesys Cloud スプラッシュ画面の「マイ アカウント」タイルから 1 つ以上の MFA デバイスを追加できます。 管理者が MFA を有効にしている場合、すべてのユーザーは認証中に 2 番目の要素を使用して ID を確認する必要があります。 Genesysはネイティブ・ログインにのみMFAをサポートする。 シングル サインオン (SSO) ユーザーには MFA プロンプトは表示されません。

MFA は、ユーザーが Genesys Cloud にログインする際に、パスワードに加えて携帯電話やその他のデバイスからコードを入力することを要求する。 ユーザーが MFA デバイスを追加すると、時間ベースのワンタイム パスワード (TOTP) 標準をサポートする任意の認証アプリを使用できるようになります。 このようなアプリの例としては、Microsoft Authenticator や Google Authenticator などがあります。

詳細については、次のトピックを参照してください。

  • 多要素認証を有効にする: 管理者は MFA を有効にして、すべてのユーザーが MFA を使用して組織内の ID を確認できるようにすることができます。
  • ユーザーのMFAデバイスをリセットする: 管理者は、ユーザーがMFAデバイスにアクセスできない場合に、ユーザーのMFAデバイスをリセットできます。
  • 初めてログインする: Genesys Cloud ユーザーは、組織で MFA が有効になっている場合は 2 番目の要素を使用する必要があります。