BYOC PremisesEdgeのソフトウェアを手動で更新します

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

物件Edge は定期的に最新のソフトウェアに自動的に更新され、通常は手動で更新する必要はありません。 ただし、Edge ソフトウェアのバージョンがグループ内の他の Edge と同期していないことが判明した場合は、Edge 上のソフトウェアを手動で更新する必要があります。 Genesys Cloudが効果的に機能し、潜在的な問題を回避するには、グループ内のすべてのEdgeが同じバージョンにあることが不可欠です。

Edgeが現在実行しているソフトウェアバージョンを確認するには、を参照してください。 Edgeの現在のソフトウェアバージョンを確認する

メモ:   Edgeを手動で更新する場合は、更新手順に複数の手順が含まれており、完了するまでに数時間かかることがあります。 手順には、通話の整理、更新プログラムのダウンロード、そして実際の更新プログラムのインストールが含まれます。 そのため、通常の業務に悪影響を与えないように、通常の営業時間外に手動でEdgeを更新する必要があります。

概要

Edge 設定ページ内には、Edgeソフトウェアの更新を開始できる場所が3か所あります。

  • [Edge ]ページのリストから、Edge を選択してツールバーの[バージョンの更新]ボタンを使用できます。
  • 「Edge 」ページのリストから、「ソフトウェアバージョン」列でバージョン番号を選択できます。
  • [Edit Edge]ページの[General]タブで、[Information]パネルの[Software]の見出しの横にあるバージョン番号を選択できます。

どの方法でEdgeソフトウェアの更新を開始することを選択しても、プロセスは同じです。 

アップデートを開始すると、選択するように促されます。

  • Edgeソフトウェアのバージョン: 最新版のEdgeソフトウェアをインストールすることも、特定のバージョンをインストールすることもできます。
  • 既存の通話を処理する方法: 機能により、既存のアクティブコールが正常に完了してから、再起動が開始されます。 デフォルト有効になっていますが、チェックボックスをオプションにして無効にするオプションがあります。

排水

機能無効化を検討する前に、 機能に関する次の重要な点を理解してください。

  • 通話整理機能は、ソフトウェアの更新が開始される前に、選択したEdge上の既存のすべてのアクティブな通話を正常に完了できるように設計されています。
  • コールドレイン処理中に、選択したEdgeで新しいコールは許可されません。 (グループ内の他のEdgeは引き続き新しい電話を受け付けます。)
  • 通話ドレイン機能を無効にすると、Edge はすぐに既存の通話を切断し、更新操作を開始します。

詳細については、以下を参照してください。 呼抜き抜き工程.

ベストプラクティス: Edgeソフトウェアを手動で更新する場合は、一度に1つのEdgeのみを操作し、追加のEdgeを更新する前にコールドレーンタイムアウト期間を考慮に入れてください。

エッジ ソフトウェアを手動で更新します。

  1. 管理をクリックします。
  2. テレフォニーで、クリックします。 Edge
  3. アップグレードするEdgeを含む行のチェックボックスをオンにします。
  4. クリック 更新バージョン ツールバーの
  5. [ソフトウェアの更新]ダイアログが表示されたら、バージョンを選択して、通話整理をどのように処理するかを決定します。
    • デフォルトでは、 最新版をインストールする オプションが選択されています。 バージョン番号は括弧内に表示されます。
    • 特定のバージョンを選択したい場合は、 インストールバージョン オプションを選択し、ドロップダウンからバージョン番号を選択します。
    • 既定では、 Edgeがコールを最初にドレインするのを待つ チェックボックスがオンになっています。 
    • クリアすると Edgeが最初に通話を流すのを待ちます チェックボックスをオンにすると、すべての通話がすぐに切断されることを通知する警告が表示されます。
  6. クリック 今すぐアップデート

通話ドレイン機能を有効にすると、Edge の状態が ドレーンコール 残りの通話数とともに表示されます。 

呼び出しが排出されると、Edge の状態が 更新中.