組織にユーザーを招待する

前提条件
  • Directory > User > All 権限

招待リンクまたは電子メールで、組織にユーザーを招待できます。

 メモ:   新規ユーザーを作成すると、Genesys Cloudは、招待を今送信するか後で送信するかに関わらず、ステータスを自動的にアクティブに設定します。 後で新規ユーザーに招待状を送信し、そのステータスを手動で非アクティブに設定すると、招待状を送信すると、Genesys Cloudは自動的にそのステータスをアクティブに変更します。

送信したり、招待リンクを投稿

ユーザーがパスワードを作成し、1つの手順で組織にサインインするために使用できるリンクを送信または投稿します。 このリンクはバイラルの方法で他のユーザーに渡すことができます。 

  1. 管理をクリックします。
  2. ユーザーと許可の下のユーザーをクリックします。
  3. ユーザーを追加をクリックします。 [組織にユーザーを追加] ダイアログボックスが開きます。
  4. リンクタブをクリックします。
     メモ:    ユーザーはこの組織に自分自身を追加できる 設定が有効になっていることを確認してください。
  5. コピー をクリックして、リンクをクリップボードにコピーします。
  6. 許可されたEメールドメイン (s) フィールドでアカウントを作成できるEメールドメインを入力します。
  7. メールにリンクを貼り付けまたはリンクを投稿する組織のメンバーがアクセスできます。  
 メモ:    メモ:  招待リンクを禁止するには、 ユーザーはこの組織に自分自身を追加できます リンク。

Eメール招待状を送信します。

 メモ:    既にユーザーを追加する場合は自動的に招待を送信した場合は、この操作を行わないでください。 チェック ユーザーに招待を送信するかどうかは、管理人のページにようこそ送信] 列を参照してください。

Eメールで新しいユーザーにログイン情報を送信するには、次の手順を使用します。 これらのメールには、パスワードを設定するリンク、およびリソースセンターについての追加情報が含まれています。

1人のユーザーを招待する

  1. 管理をクリックします。
  2. ユーザーと権限ユーザークリックします。
  3. 検索するユーザーを探すか、ユーザーリストをページングします。
  4. 他のオプション メニューから、  招待の送信を選択します。

招待を受け取っていないすべてのユーザーを招待する

  1. 管理をクリックします。
    1. ユーザーと権限ユーザーをクリックします。
    2. ユーザー名リストの一番上に表示されるすべて招待するをクリックします。
    3. はいをクリックします。