Edge グループの概要


Edgeグループは、必要に応じて、ネットワークデバイスの集合が低遅延のLANまたはWANで通信できるようにするEdgeの関連付けです。(見る Edgeグループのローカルサイトルーティング 記事上で。)

Edge グループは、次の利点を提供します。

  • 各Edgeに関連付けられているすべての電話機は、Edgeグループ内の他のすべての電話機と通信します。
  • Edgeグループのメンバーはエンドポイントを共有します。例えば、同じ Edge グループ内の電話はすべて、グループ内の 1つの Edge に接続された SIP トランクにアクセスできます。

Edgeグループ内の共有リソース

  • 電話トランク:Edge をEdge グループに追加すると、その Edge は、Edge グループに追加された電話トランクを継承します。
  • 通信プロバイダー:Edgeグループ内の1つのEdgeが通信に接続しているとき
    プロバイダー、Edgeグループ内の他のすべてのEdgeはリソースを共有できます。
  • 外部ゲートウェイ:Edgeグループ内の1つのEdgeが外部に接続しているとき
    ゲートウェイ、グループ内のすべてのEdgeがゲートウェイへのアクセスを共有できます。
  • その他の通信事業者:他の通信プロバイダにはWebRTCを含めることができます。
    SIPキャリア、およびVoice over IPゲートウェイ。これらのリソースのうちのどれか限り
    Edgeグループ内の1つのEdge、グループ内の他のすべてのEdgeに接続している
    それらを共有しましょう。

Edge グループのセットアップについては、「電話のトランクを含む Edge グループを作成」で詳述しています

注意:Edge グループは、他の Edge グループとリソースを共有しません。

Edgeグループのローカルサイトルーティング

ローカルサイトルーティングは、マルチサイト実装でのコールルーティングとEdge使用率を向上させます。具体的には、構成が許す限りにおいてローカル(同じ)サイトに所在するEdgeサーバを利用するようになり、帯域利用や遅延の観点で効率的になります。

PureCloudは、可能であれば同じサイト内でEdgeを使用するように設計されています。PureCloudは、ローカルサイトのEdgeがオフラインであるか、すでにキャパシティに達している場合、または必要なリソース(エージェント、ステーション、トランクなど)が別のサイトにあるEdgeでのみ利用可能な場合にのみ他のサイトのEdgeを使用します。 。