デフォルトの音声認識設定


コールフローの一般設定内で、音声認識設定を設定できます。これらの設定は、コールフローの[音声認識]セクションにあります。 設定 エリア。

説明と使用

フロー全体に対して音声認識を有効化

このボックスにチェックを入れます 発呼者がこのフローで彼らの選択を口頭で示すことを可能にする、

企業ディレクトリ音声認識

[フロー全体で音声認識を有効にする] が選択されていないと、この機能は無効です。オプションで、フロー全体、もしくはメニューやタスク開始のために社員名簿音声認識を有効にするように選択します。

デフォルトでは、会社ディレクトリの音声認識は新しいフローに対して有効になっています。有効にすると、発信者は到達したい人の名前を言うように求められます。Architectは、この機能が有効になっているときに使用する自動プロンプトを提供しません - 記録されたプロンプトにユーザーへの指示を含める必要があります。

最小信頼レベル

最低限の信頼レベル、または成功した一致を達成するためにフレーズが受け取る必要のある最高得点を調整します。

完全一致タイムアウト

最大値を設定 システムが肯定的な一致を示す前に、発信者が有効な音声入力を提供して会話を停止した後に待機する時間。

不完全一致タイムアウト

の長さを選択 発信者が会話を停止した後に待機する時間 そして いつ 言葉による選択 です以前に有効 システムは一致が見つからないことを示します

音声の最長時間

発信者が単語やフレーズを話すことができるように時間を選択してください。