1. クリック 管理者 > テレフォニー.
  2. クリック 電話管理
  3. から ベースフォン タブで、 ベースライン外観 タブ。
  4. の中に キーラベル フィールドに名前を入力します。
  5. 基本設定をデフォルト設定で保存するには、 基本設定を保存 ボタン。
  6. カスタム設定で基本設定を保存するには、設定する設定トピックの横にある矢印を選択します。
  7.  設定を変更します。 詳しくは、以下のセクションを参照してください。
  8. を選択 基本設定を保存 ボタン。PureCloud ソフトフォンベース回線 保存

設定 説明
回線ごとのコール この回線が処理できる呼び出しの数
持続接続設定

持続的な接続機能が無効になっている場合、Genesys Cloudはすべての呼び出しに対して接続を作成する必要があります。

永続的な接続機能を有効にし、タイムアウト値を設定すると、Genesys Cloudの機能が向上し、後続の呼び出しを処理できるようになります。 具体的には、接続がまだアクティブな間に着信したコールは、UIを介してただちに通知されるか、または自動応答機能がユーザに対して設定されている場合は自動応答されます。

持続接続の有効化

無効 (デフォルト): 持続接続の機能を使用しません。

有効: 持続接続の機能

持続接続タイムアウト 開いている接続が自動的に閉じられるまでアイドル状態を維持できる時間を秒単位で設定します。

設定 説明
プロトコル ドロップダウンを使用して電話が登録に使用する SIP プロトコルを選択します: UDP、TCP、または TLS  デフォルトは UDP です。
リッスン ポート   SIP メッセージのローカル SIP リッスン ポートを定義します。   リッスン ポートは、ステーションが SIP ピアからのメッセージの受信を予期する、ネットワークのポートです。 カスタム ポート番号を入力することができますが、各プロトコルにはデフォルトのリッスン ポートがあります。 
登録期間 SIP REGISTERの送信間の定期的な遅延(秒単位)。
最大バインディング バインディングの最大数を指定します。
SIP サーバーまたはプロキシ すべてのアウトバウンド リクエストの送信先を定義するオプションを選択します。
Edge を使用する すべてのアウトバウンド リクエストを Edge に送信します。 
以下を使用する [Hostname]、[IP Address]、[Port]の各フィールドを使用して、発信要求を処理するために使用するSession Initiated Protocol (SIP)サーバーまたはプロキシサーバーの優先順位リストを作成します。 [+] キーを使用してサーバーをリストに追加します。  アドレス名の隣にある矢印を使用してリスト上のサーバーが使用される順序を変更します。
ダイジェスト認証 アウトバウンド リクエストがダイジェスト認証によって要求されたときには、次の資格情報を使用します:
 ユーザー名 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるユーザー名。
パスワード 物理的な電話機メニューの管理アカウント上でパスワードを変更する電話へプッシュされるパスワード。 デフォルトで、パスワードはマスクされますが、[パスワードを表示] チェック ボックスを選択してプレーンテキストでパスワードを表示させることができます。
UDP 設定
UDP T1 タイムアウト UDPパケット再送信間の初期増分遅延を表すタイマー値。
UDP T2 タイムアウト パケット再送信間の最大増分遅延を表すタイマー値。
最大パケット試行数 UDP 上で SIP メッセージを再送する最大回数です。 
最大 Invite 試行数 UDP 上で SIP の INVITE 要求を再送する最大回数です。

設定 説明
自動会議設定
自動会議を有効にする

オフ (デフォルト): 自動ダイヤル設定を使用しません。

オン: 次のフィールドを使用して、自動ダイヤル設定

自動会議の暗証番号 会議に参加するために必要な番号。
言語 会議の音声メニューに使用する音声が選択されました。