組織に 2 つの Genesys エージェントのいずれかが存在する場合アシスト SKU 、管理者がユーザーに次のいずれかの権限を割り当てると、Genesys Cloud はそのユーザーに対応する Genesys Agent Assist の請求を要求します。

SKU

必要な権限

 

ジェネシス・ネイティブ・エージェント・アシスト・デジタル・コンカレント

  • 会話 > コミュニケーション > 見る
  • 会話 > 提案 フィードバック > 追加
  • 会話 > 概要 > 表示
  • 会話 > 概要フィードバック > 追加

 

ジェネシス・ネイティブ・エージェント・アシスト音声コンカレント

  • 会話 > コミュニケーション > 見る
  • 会話 > 提案 フィードバック > 追加
  • 会話 > 概要 > 表示
  • 会話 > 概要フィードバック > 追加
  • 会話 > メッセージ > 見る

Genesys Cloud はどのようにして請求を決定しますか?

関連する権限を割り当てると、Genesys Cloud は管理者とエージェントの両方に対して Genesys Agent Assist SKU を請求します。

  • 管理者(許可を得て): Genesys は、適切な Genesys Agent Assist SKU サブスクリプションの Agent Assist Digital または音声関連機能の管理者権限を持つすべてのユーザーに請求します。 
  • エージェント(許可を得て): Genesys Cloud は、該当する Genesys Agent Assist SKU について、Agent Assist Digital または Voice 関連機能を使用するすべてのユーザーに請求します。
例: 

キューをアシスタントに割り当てると、次のプロセスが発生します。

  • Genesys Cloud は、適切な Agent Assist SKU の請求を実行します。
  •  

 メモ:   組織が手動検索のみを使用している場合は、 Genesys Agent Assist はありませんライセンス、それでは追加料金はかかりません。