監査証跡の概要

機能の廃止 詳細については、廃止予定: ドキュメント内の監査機能

ドキュメント監査証跡は、コンテンツファイルに対して行われたアクションの詳細な記録を提供します。

検索結果1

監査の詳細を表示するには、そのタイトルをクリックしてください。 表示された監査を表示するには、これらのチェックボックスを使用します。  

チェックボックス    説明
 ShowFailuresOnly ユーザーが開始したアクションが完了しないと失敗が発生します。
ShowSystemLevelAudits システムレベルの監査は、ユーザーが開始しなかったGenesys Cloudアクションを示します。

ドキュメントは複数レベルの監査証跡エントリを提供します。 このアプローチにより、Genesys Cloudユーザーは適切なレベルの監査情報を確認できます。

この種のユーザー   この種の情報を見ることができます

従業員

  • ドキュメントレベルのエントリ あなたのファイル 私のワークスペース そして グループワークスペース あなたはアクセスできます。

管理者

  • ドキュメントレベルのエントリ あなたのファイル 私のワークスペース そして グループワークスペース あなたはアクセスできます。
  • ワークスペース レベルのエントリ Genesys Cloud組織全体に提供しています。 これらは、新しいメンバーが追加されたとき、他のものの間で、ファイルの削除時に表示されます。
  • システムレベルのエントリ 管理者が管理するワークスペースごとに。

ドキュメントは、ユーザーがアップロードされる各ファイルの監査記録エントリを作成します、 ワークスペース.  ドキュメントは、次の状況でドキュメント レベルの監査記録エントリを作成します。

  • ユーザーがファイル、画像、または記録に対して次の操作を行ったとき。
    • アップロード
    • 改名
    • 別のワークスペースに移動します
    • 株式
    • 共有解除
    • ファックス
    • ダウンロード
    • ファイルからタグを追加、編集、または削除します。

 メモ:    注記: 監査証跡は、ユーザーがGenesys Cloudの外部でソースファイルをいつ変更したかを示すものではありません。 監査証跡はのみ、ユーザーがワークスペース内のファイルとどのように連携するかについての情報をキャプチャします。 たとえば、ユーザーは、Word ファイルをダウンロードするとき監査証跡機能は日付とのダウンロードの時刻を示すエントリを作成します。 ただし、ユーザーがダウンロードした Word ファイルを開き、ダウンロードしたファイルにいくつかの言い回しが変更された場合、監査証跡機能はこのアクティビティを追跡しません。

ワークスペース レベル ワークスペース全体にわたって監査証跡エントリ トラック活動。 ドキュメントは、ワークスペース レベルの監査記録エントリが作成されます。 以下の状況です。

  • ワークスペースが
    • 追加  
    • 編集(名前変更)
    • が削除されました
  • ワークスペース メンバー は次のとおりです。
    • 追加  
    • が削除されました
  • ワークスペースの説明が以下の場合
    • 追加 
    • 編集済み
    • が削除されました
  • ワークスペース内のファイルが以下の場合
    • 直接アップロード、またはユーザーがファイルを移動またはコピーしたために追加された
    • 更新しました
    • 共有済み 
    • 非共有
    • が削除されました
  • いつ タグ ワークスペースには以下のものがあります。
    • 追加  
    • 編集済み
    • が削除されました

システムレベルのエントリは、ユーザーが引き起こさなかったバックグラウンド操作に関する詳細な情報を提供します。 システムレベルのエントリを表示する方法の詳細については、を参照してください。 ファイルの監査証跡を表示する。 監査情報の使用方法の詳細については、 監査証跡によるトラブルシューティング

ドキュメントは、監査証跡エントリに次の情報を記録します。

  • 作用しているオブジェクト
  • とられる行動の種類
  • アクションの説明
  • アクションの日時
  • 行動を起こした人の名前
  • 関連付けられたオブジェクト(たとえば、タグが割り当てられているドキュメントをユーザーが削除すると、それらのタグはそのドキュメントに関連付けられます)
  • 同じオブジェクトによって関連付けられたオブジェクトに対して同時に行われた他のトランザクション
  • 新旧の値(更新用)
  • アクションが発生したアプリケーション
  • 監査エントリのレベル(ユーザーまたはシステム)

管理者であれば、システムレベルの監査証跡エントリを使用して、次のような状況をトラブルシューティングできます。

  • ユーザーがワークスペースに存在するファイルを検索しても見つからない場合は、ファイルの監査証跡を調べます。 ファイルがワークスペースに正しくアップロードされたかどうかを決定します。 ファイルのインデックスが正しく作成、テキスト抽出プロセスが成功したことを確認します。 Genesys Cloudがファイルタイプを正しく識別したことを確認します。 
 メモ:    インデックスは、ドキュメントを検索する検索エンジンを実行できます。
  • サムネイルがファイルに対して正しく表示されない場合は、監査証跡にサムネイル作成が成功したことを示すエントリが含まれているかどうかを確認します。
  • ユーザがファイル内でタグを更新した後にタグが正しく表示されない場合は、監査証跡に「タグ更新」エントリと「インデックスエントリ」があるかどうかを確認してください。