リテラルモードと表現モードの概要


Architectでは、フロー作成者は、フロー内でカスタマイズされたアクションを構築するのに役立つさまざまなオプションにアクセスできます。いくつかのアクションだけでなく、オーディオ シーケンス] ダイアログ ボックスで、計算や式を構築する著者が必要な特定のフィールドが含まれます。流れの著者は、リテラルまたは式モードでこれらのフィールドを構成できます。

  • リテラルモード、Architectは、TrueまたはFalseラジオボタン、値の定義に役立つ+および - スピンコントロールの選択など、事前定義されたオプションを提供する場合があります。音声合成 ( TTS )などの単純な値や属性値を手動で入力することもできます。Architect では、コールフローはデフォルトでリテラル モードとなっています。
  • 表現モードArchitectは、入力補完機能、エクスプレッションヘルプの組み込み、画面上のトラブルシューティング、検証など、編集操作を簡素化するのに役立つ強力なツールセットを提供します。U変数や演算子を入力して評価することによって複雑な計算を構築するための式の編集。さらに、一部の式フィールドには、[式の編集]ダイアログボックス(大規模式エディタとも呼ばれる)のオプションが含まれています。ここでは、より複雑な式の追加リソースにアクセスできます。

始める前に、作成したいプロセスの概要を明確に定義しておく必要があります。