作業計画ローテーションの概要

許可 
  • ワークフォース管理> 作業計画のローテーション > 追加、編集、表示、削除 許可

プランナーは、通常、週単位でローテーションするシフトを作成できます。このアクションにより、エージェントは、望ましいシフトと望ましくないシフトの両方ですべてのシフトを勤務する機会が与えられます。これにより、人気がある時間帯と少ない時間帯の勤務日のバランスがとれます。

作業計画のローテーションは、管理ユニットが複数の計画期間週を含む場合でも、構成済みの有効な作業計画を週単位で循環します。作業計画を選択すると、選択した作業計画に対して予測可能なパターンを作成でき、システムはそれを毎週回転します。作業計画が有効になっていない場合、それをパターンに追加することはできません。また、有効な作業計画は、回転中に無効にしたり削除したりすることはできません。ただし、回転から最初に削除する場合はこの限りではありません。

メモ
  • このシステムは、各作業計画の回転ごとに最大 100 の回転パターンと 20 の回転位置をサポートします。
  • エージェントは、一度に1つの作業計画のローテーションにのみ所属できます。
  • エージェントが作業計画に属し、作業計画ローテーション パターンに割り当てられている場合、スケジューリング エンジンはローテーション パターンを優先します。

作業計画のローテーションパターン

作業計画のローテーションで最小繰り返しパターンのみを記述する必要があります。最後の計画に達した後、回転によって設定したパターンが再起動されるため、繰り返しパターンを繰り返す必要はありません。

この例では、プランナーは、2つの月曜日から金曜日のシフト(デイワークプランと呼ばれる)の6週間、その後、月曜日から金曜日の夜勤の1週間(ナイトワークプランと呼ばれる)まで、エージェントをローテーションさせたいと思っています。

このシナリオでは、次の 3 つの作業計画がローテーションに存在することを確認します。

  1. 日勤計画
  2. 日勤計画
  3. 夜勤計画

6 週間の回転期間の長さにパターンを 2 回設定する必要はありません。作業計画の回転は、設定された順序の順序を連続的に繰り返します。

週内制約

週内制約は、次のメトリックで構成されます。

  • 連続する週末の最大スケジュール
  • 計画期間ごとの最低休暇日数 
  • 計画期間ごとの最大休暇日数
  • 計画期間あたりの最低支払時間 
  • 計画期間あたりの最大支払時間 
  • 最大連続スケジュール日数 
  • シフト開始間の最小時間
  • シフト間の最小時間

制約設定と制約ルール

ローテーションの作業計画に同じ計画期間制約設定があることを確認します。計画期間の制約ルールが、最小値の最小値と最大値の最大値として適用されます。たとえば、最小タイプの制約の最小値、または最大タイプの制約の最大値を使用します。作業計画のローテーションに基づいてエージェントがスケジュールされている場合、スケジューラーは週内の制約を最小値と最大値の最小値と最大値と見なします。

スケジューリングエンジンが、複数の作業計画を持つエージェントをスケジュールすると仮定します。; 例えば、作業計画Aおよび作業計画B:

  • 作業計画 A の最大連続週末制限は 3 です
  • 作業計画 B の最大連続週末制限は 6 です

スケジューリングエンジンは、最大連続6つまたは最大最大数を考慮します。

作業計画のローテーションシナリオ

次のセクションでは、さまざまな計画期間制約でスケジュールがどのように生成されるかを示します。

この例では、プランナーは、次の制約で作業します。

  • 事業部門の始業日:木曜日
  • 計画期間の開始日: 2020年10月01日
  • 計画期間の長さ:6週間
  • 作業計画ローテーション期間: 2020年10月01日 ~ 2020年12月30日
  • エージェントの有効期間: 2020年10月01日 ~ 2020年12月30日
  • スケジュール期間:6週間、 2020年10月01日 ~ 2020年11月11日

シナリオ1:同じ計画期間構成の作業計画

作業計画ローテーションの作業計画パターン:

作業計画 計画期間ごとの最低休暇日数
日勤勤務計画 3
夜勤計画 3
長時間シフト勤務計画 3

計画期間ごとの最低休暇日数は同じであるため、この作業計画構成でスケジュールが生成されると、スケジューラーは計画期間ごとに最低 3 日を考慮します。

シナリオ2: 異なる計画期間構成の作業計画

作業計画ローテーションの作業計画パターン:

作業計画 計画期間ごとの最低休暇日数
日勤勤務計画 3
夜勤計画 4
長時間シフト勤務計画 5

この作業計画構成でスケジュールが生成されると、スケジューラーは最小の日数を考慮し、計画期間ごとの最小休暇日数は 3 日です。