読み取り専用モードでArchitectを使用


Architect では、読み取り専用モードのフローを編集、公開、または削除することはできません。ただし、状況によっては適切なアクセス許可を使用して、読み取り専用から編集モードに切り替えることもできます。次の場合、読み取り専用モードでフローが開きます。

  • あなたは、 Architect > ; フロー > ; ビュー アクセス 許可。
  • コールフローは別のユーザによってロックされています。
  • を選択し 開く [メニュー] を選択し、ロックまたはロック解除されたフローの現在または以前のバージョンを開きます。

のみを持つユーザー Architect > ; フロー > ; ビュー 権限が Architect 内のフローへの制限されたアクセス。このアクセス許可を使用すると、フローを検索して表示することはできますが、編集、公開、または削除することはできません。

  1. 表示したいフローを選択します。
  2. クリック 開いた

メモ: Architect が開き、次のメッセージが表示されます。 このフローは編集のために開かれておらず、現在 [user] によってロックされています]. オプションで構成をエクスポートすることもできます。

  1. 表示したいフローを選択します。
  2. クリック 開く.

メモ: Architect が開き、次のメッセージが表示されます。 このフローは、編集用に現在開いていません。 必要に応じて設定をエクスポートすることも、 編集 ボタンをクリックして、アカウントのフローを開いてロックし、編集を行います。

以前のバージョンのフローを開くと、追加のタスクを実行できます。例えば、現在公開されているバージョンを未公開にできます。また、どんなバージョンでも開いたり、構成をエクスポートしたり、または [名前を付けて保存] を使用して現在のフローのコピーを作成し、新しい名前でそれを保存することもできます。

メモ: フローの以前のバージョンを表示すると、読み取り専用モードで開きます。

現在のフローの以前のバージョンを開く

  1. フロー内から、[ バージョン ボタン。[利用可能なバージョン] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. 表示したいフローのバージョン番号リンクをクリックします。フローの読み取り専用バージョンが新規タブで開きます。

Architect ホームページからフローの以前のバージョンを開く

  1. Architect のホームページで、以前のバージョンを表示したいフローの種類を含むタブをクリックします。
  2. フローリストから、目的のフローの横にある [淡色表示] チェックボックスをオンにして有効にし、 バージョン ボタン。[利用可能なバージョン] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. 表示したいフローのバージョン番号リンクをクリックします。

ノート
  • 以前のバージョンのフローを開くと、Architect に次のメッセージが表示されます。 現在、このフローの古いバージョンを表示しています.
  • {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}} アイコンにカーソルを合わせると、ユーザーの詳細が表示されます。