分析ワークスペースを理解する

分析ワークスペースを使用すると、独自のカスタム作業環境を作成および整理できます。 特定のニーズを満たすように編成された、さまざまな特定のデータを1つの場所に集中させることで、情報の管理が簡素化され、体系化されたユーザーエクスペリエンスが提供されます。

主な特徴

  • [ワークスペース]タブ –すべてのシステムのデフォルトビューと保存されたビューのリストが含まれています。 詳細については、を参照してください。 分析ワークスペースを操作する
  • [表示]タブ特定のデータの履歴およびリアルタイムのメトリックを表示します。 最大20個の分析ワークスペースビュー(タブ)を作成でき、各ビュー(タブ)内で、検索するデータとデータの表示方法を決定できます。 詳細については、のビューセクションを参照してください。 レポート、ビュー、ダッシュボードについて