LCDで物理的なEdgeにHTTPプロキシを設定する

Edge HTTP v1は、Edge Standard v1の内蔵LCD、またはEdge Standard v2、Edge Micro、またはEdge Miniに接続された外部LCDのいずれかを使用して設定できます。

Edgeが使う RFC-2817 プロキシサーバーを介してTLS接続を確立するためのHTTP CONNECT。 HTTP CONNECT を使用することにより、HTTP TCP 接続を HTTPS TLS にアップグレードすることができます。 これにより、 HTTPS CONNECT トンネルが作成されます。  

ノート:  
  • 必須の認証は HTTP プロキシ上では許可されていません。
  •  HTTPS代行受信なしでTCPトンネリングを許可するポリシーでプロキシサーバーを設定する必要があるかもしれません。


 メモ:   イーサーネットケーブルが、ネットワークをポート 1 (WAN)とラベルの付いた Edge ポートに接続しているかチェックします。

  1. 右下のボタンを押します。Genesysクラウドエッジ.

  1. で右下のボタンを押す 状態

  1. で左上のボタンを押す 設定

  1. で右下のボタンを押す システム

  1. で左上のボタンを押す ネットワーク

LCD_Network_UL_II

  1. で左上のボタンを押す Proxy
  2. で左上のボタンを押す Proxy IPV4を設定する
  3. で左上のボタンを押す IPV4を設定してください。
  4. [IPV4 000.000.000.000 の設定] で IP アドレスを設定します。  左上と右上のボタンを使用して、カーソルを左右に移動します。  左下ボタンと右下ボタンを使用して、強調表示されている数字を増減します。
     メモ:   IP の設定を完了する前に、カーソルを一番右端を越えて移動する場合、キャンセルして、IP アドレスを再入力します。
  5. IP アドレスを設定したら、右上のボタンを押して、[IPV4 xxx.xxx.xxx.xxx の設定] でカーソルを一番右の桁を越えるように移動させます。
  6. [IPV4  xxx.xxx.xxx.xxx の設定] で左上のボタンを押します。
  7. で右下のボタンを押す IPV4を設定。
  8. で右下のボタンを押す 変更をクリアしますか?
  9. で左上のボタンを押す 変更を適用しますか?
  10. 左下のボタンを繰り返し押して、Genesysクラウドエッジ画面。

 

     メモ:   イーサーネットケーブルが、ネットワークをポート 1 (WAN)とラベルの付いた Edge ポートに接続しているかチェックします。
    mini_external_lcd

    1. 右矢印を押す場所:Genesysクラウドエッジ.
    1. で下矢印を押す 状態
    1. で緑色のチェックマークを押す 設定
    1. で下矢印を押す システム
    1. で緑色のチェックマークを押す ネットワーク
    1. で緑色のチェックマークを押す Proxy
    2. で緑色のチェックマークを押す Proxy IPV4を設定する
    3. で緑色のチェックマークを押す IPV4を設定してください。
    4. [IPV4 000.000.000.000 の設定] で IP アドレスを設定します。  左右の矢印を使用して、カーソルを左右に移動します。  上下の矢印を使用して、ハイライトした数字を増減します。
       メモ:   IP の設定を完了する前に、カーソルを一番右端を越えて移動する場合、キャンセルして、IP アドレスを再入力します。
    5. IP アドレスを設定したら、右矢印を押して、[IPV4 xxx.xxx.xxx.xxx の設定] でカーソルを一番右の桁を越えるように移動させます。
    6. [IPV4 xxx.xxx.xxx.xxx の設定] で緑色のチェックマークを押します。
    7. で下矢印を押す IPV4を設定。
    8. で下矢印を押す 変更をクリアしますか?
    9. で緑色のチェックマークを押す 変更を適用?

     メモ:   外付けLCDを使い終わったら、GenesysはデバイスをEdgeから切断することをお勧めします。 外部LCDをEdgeに長時間接続したままにしておくと、不要なCPU使用率が発生する可能性があります。