Architectのスクリーンポップ


Architectで、Set Screen Popデータアクションを使用して、インバウンドコールまたはアウトバウンドコールと共にデータベース情報をエージェントに配信するウィンドウまたはダイアログボックスの設定を定義します。スクリーンポップが通話を分析し、データベースに照会し、その情報をエージェントに表示します。スクリーンポップ機能により、通話の平均時間が短縮され、カスタマーサポートが向上するため、発信者が口座番号などの識別情報を繰り返し提供する必要がなくなります。

着信通話の場合、一般的なスクリーンポップデータには次のような情報が含まれます。

  • 発信者 ID
  • 自動番号識別(ANI)
  • ダイヤル番号識別サービス(DNIS)
  • 口座番号やカスタマーIDなどの収集入力
  • 現在の注文状況を収集および表示するためのデータベース検索など、上記の例のいずれかから派生した情報。

発信通話の場合、通常のスクリーンポップデータには、カスタマーの通話記録の一部として発信ダイヤラに送信される情報が含まれます。

スクリーンポップは、Genesys Cloudスクリプトデザイナーによって作成された、事前に定義された公開済みスクリプトを使用します。コール フローに組み込まれると、Architect のフロー デザイナーはスクリプト デザイナーが指定した入力に変数を定義します。コールフローでスクリーンポップを使用する方法の詳細については、 おすすめのコンテンツ