再試行可能な理由/原因コードを管理する


外部トランクと電話トランクの設定

前提条件

  • テレフォニー管理者 役割

PureCloudでは、2種類のPureCloud可能なコードを管理できます。再試行可能な理由コードと再試行可能な原因コード。これらのリストの値は、アウトバウンドコールで利用可能な回線の問題を管理するときにPureCloudが認識して応答する有効なコードを確立します。ときに有効(SIP)の理由または(Q.850)原因コードが受信され、システムが異なる上でコールを再試行します回線 。無効な理由コードまたは原因コードが受信された場合、システムはコールを終了します。

デフォルト 、 PureCloud自動的に最も一般的なPureCloud可能なコードのリストを入力します 再試行可能な理由コードおよび再試行可能な原因コードのフィールド。 使用可能な回線があるにもかかわらず、発信コールが終了するという問題が発生している場合は、再試行可能なコードのリストを変更する必要があります。

 


再試行可能なコードを変更するには:

  1. クリック 管理者
  2. テレフォニーの下で、クリックします トランクス
  3. 適切なタブをクリックします。 外部トランク または 電話トランク
  4. リストから、設定したいトランクを選択します。
  5. 外部トランク構成 または 接続構成 セクション、クリック 輸送
  6. SIP理由コードのリストを変更するには、新しいリストまたはコードの範囲を 再試行可能な理由コード フィールド。
  7. Q.850原因コードのリストを変更するには、新しいリストまたはコードの範囲を 再試行可能な原因コード フィールド。
  8. クリック 外部トランクを保存 または 電話トランクを保存