再試行可能な理由/原因コードを管理する

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

Genesys Cloudでは、2種類の再試行可能コードを管理できます。 再試行可能な理由コードと再試行可能な原因コード これらのリストの値は、Genesys Cloudがアウトバウンドコールに使用できるラインの問題を管理する際に認識し応答する有効なコードを確立します。

この回線で発信通話が失敗した場合、トランクは、SIP理由コード、Q.850原因コード、またはその両方を含む失敗SIP応答を受信します。 Genesys Cloudは、Failure SIP Responseで見つかったコードを、構成したコードと比較し、処理方法を決定します。 

  • 失敗 SIP 応答に理由コードのみが含まれ、そのコードがトランクの [再試行可能な理由コード] リストのアイテムと一致する場合、その呼び出しは次のトランクで再試行されます。
  • 失敗 SIP 応答に理由コードと原因コードがあり、それらのコードがトランクの [再試行可能な理由コード] と [再試行可能な原因コード] リストの両方の項目と一致する場合、そのコールは次のトランクで再試行されます。
  • 失敗 SIP 応答に理由コードと原因コードがあり、どちらもトランクの [再試行可能な理由コード] または [再試行可能な原因コード] リストと一致しない場合、通話は終了します。

[再試行可能な理由コード] および [再試行可能な原因コード] の設定を使用して、トランクが応答するコードのリストまたは範囲を入力します。 デフォルトでは、Genesys Cloudは、最も一般的な再試行可能コードのリストを再試行可能理由コードフィールドに自動的に入力します。 使用可能な回線があるにもかかわらず、アウトバウンドコールが終了するという問題が発生した場合は、再試行可能なコードのリストを変更する必要がある場合があります。

 メモ:   エッジがタイラインを使用して別のエッジと通信し、そのタイラインを介して再試行可能なコードを受信した場合、コードがトランクでのみ設定されていれば、再試行は試行されません。 代わりに、エッジグループコンテナを使用します。

トランクの再試行可能なコードを変更します。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 テレフォニークリック トランク。
  3. 適切なタブをクリックします。 外部トランク また 電話トランク
  4. リストから、設定したいトランクを選択します。
  5. 外部トランク設定 または 接続構成 セクション、クリック 輸送
  6. SIP理由コードのリストを変更するには、 再試行可能な理由コード ボックス。
  7. Q.850原因コードのリストを変更するには、 再試行可能な原因コード ボックス。
  8. クリック 外部トランクを保存 または 電話トランクを保存。

エッジグループの再試行可能なコードを変更する

  1. 管理をクリックします。
  2. テレフォニークリック エッジグループ.
  3. リストから、構成するエッジグループを選択します。
  4. アウトバウンド セクションをクリックします 輸送
  5. SIP理由コードのリストを変更するには、 再試行可能な理由コード ボックス。
  6. Q.850原因コードのリストを変更するには、 再試行可能な原因コード ボックス。
  7. クリック グループを保存

詳細については、を参照してください。 BYOCプレミスエッジグループ設定