参加者記録アクションを有効にする

このアクションを使用して、発信者にGenesys Cloudに着信通話の記録を許可するオプションを提供します。 Genesys Cloudは、発信者の同意前に記録を開始しません。 すでに参加者の記録を有効にしているフローでこのアクションを実行しても、エラー処理は呼び出されません。 

フローを設計するときは、この操作によって参加者の記録のみが有効になることを考慮してください。 アーキテクトには参加者の記録を無効にするアクションが含まれていないため、後でこの機能をオフにすることはできません。 参加者記録の有効化アクションには、入力データまたは出力データは含まれず、終了アクションではありません。 このアクションは参加者を記録しません。組織内の他の場所で設定した記録ルールを処理する機能のみを有効にします。 発信者が録音に同意したら、録音が有効になっているキューにコールを転送するようにフローを設定します。

ノート: 
  • このアクションを使用する前に、コールをホストしているトランクが回線録音を許可し、録音の前に顧客の同意を得るように設定されていることを確認してください。 詳細については、 回線記録を有効にする
  • 発信者に承諾を求めるようにフローを設定するようにしてください。; たとえば、 入力アクションの収集 又は Lex Bot アクションの呼び出しまたは、事前の発信者の同意記録を使用してデータベースを問い合わせる。
  • [参加者アクションを有効にする] を実行する前に、キューに入っているオーディオがフラッシュされます。 この動作は、フローがアクションに遭遇した直後に、記録が開始される前に実行時に発生します。 詳細については、以下を参照してください。 オーディオ バッファと Architect フローのフラッシュ.
名前    説明
名前フィールド  参加者データ設定アクションの識別名を入力します。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。