利用状況レポートをダウンロードする


前提条件
  • 次のいずれか 課金 許可:
    • 請求 >すべての権限
    • 請求 >購読 >追加する
    • 請求 >購読 > 見る

使用状況がレポートにどのように表示されるか

あなたの仕様はあなたの有効化された日付に基づいています。利用可能なデータは前日の使用量に基づいています。

たとえば、 2017年10月21日:

  • Genesys Cloudは、 MM月dd日 へ MM月dd日.
  • 使用状況データを表示する場合 MM月dd日、その後、すべてのデータが表示されます MM月dd日 に MM月dd日。
  • 使用状況データを表示する場合 MM月dd日、その後、すべてのデータが表示されます MM月dd日 に MM月dd日。

利用可能なレポート


このレポートでは、指定した日付範囲におけるGenesys Cloudの使用料金を追跡します。充電名(ライセンスの種類)、エンティティ(:レポートはによって利用料金主催しユーザーメールまたはデバイスID)、およびタイムスタンプ(現在の中の最初の請求可能なログインのUTCの日付/時間の請求サイクル)。

請求可能な使用状況レポートの例 


このレポートには、日付範囲内にGenesys Cloudに毎日ログインした同時ユーザー数のピークが表示されます。レポートには、毎日、その日のピーク同時ユーザーと、ピーク同時ユーザーがログインした分数が表示されます。

同時使用レポートの例


このレポートは、請求可能なGenesys Cloudリソースの組織の消費を追跡します。これには、IVR超過分数およびデータストレージ超過、SMS/メッセージング(Genesys Cloud 3のみ)、API超過料金、およびBYOT料金が含まれます。このレポートには、期間ごとに消費される各請求可能リソースの量が含まれます。

リソース使用状況レポートの例


このレポートは、通話の発信元と宛先に関する情報や通話の種類など、組織の Genesys Cloud Voice サービスの利用を追跡します。

Genesys Cloud Voice Usageレポートの例

フィールド 説明
SIPコールID

検証とトラブルシューティングの目的で使用される通話の一意の識別子

開始点

発信者または発信者

宛先

宛先または着信側

使用グループ

コールの使用率を決定するためにコールタイプと方向とともに使用されるコールタイプの内部識別子

使用グループの表示

使用グループの長い名前

コール タイプ

コールのレートを決定するために使用される発信されたコールのタイプの特定の詳細

方向

Genesys Cloud 顧客の観点から、着信または送信のいずれかのコール方向

開始時刻

通話の計測開始

終了時刻

通話の従量制終了

期間(秒)

秒までの通話時間

調整された期間(秒)

PCVは最も近い6秒の増分に丸めます

調整期間(分)

分単位で表される期間

1分あたりの使用率

通話の従量料金(料金は公開されています ここに)

注意:Telcoコミットプログラムに参加している場合、割引料金がこの列に表示されます。

総費用

使用率x調整された期間(分)

通貨

通話が評価される通貨

レート表

使用率に到達するために使用される料金表に対応



このレポートでは、それぞれの行が含まログイン中 ユーザーのそれぞれの日のための請求自分で、サイクルをログイン中 :分:秒:MILLISECONDS形式の時間で継続。

ユーザー時間使用レポートの例


レポートをダウンロードする方法

  1. クリック 管理者
  2. アカウント設定下でサブスクリプションをクリックします。
  3. 使用状況レポートをダウンロードするをクリックします。
  4. [利用状況データ]タブで、日付範囲を指定します。
  5. 必要なレポートの種類を選択します。
    • 利用状況データのダウンロードをクリックします。
    • ダウンロードフォルダでレポートを確認してください。