例:AWSでLexボットを作成する

Lex V2 ボットの作成プロセスは Amazon によって文書化されています。プロセスは変更される可能性があるため、チャットボットを作成するときにAmazonのドキュメントを参照してください。この例では、旅行を予約する単純なボットの作成方法を説明します。このボットを作成するには、 アマゾンウェブサービス(AWS) (AWS)のボットインターフェイスを使用します。

名前、説明、基本情報を定義してボットの作成を開始します。

Amazon Lex V2 ボットの作成

  1. AWS Management Console にサインインし、https://.com/lexv2/home console.aws.amazonで Amazon Lex コンソールを開きます。
  2. ボットの作成をクリックします。
  3. [作成方法] で [作成] を選択します。
  4. ボット設定で、ボットに名前と説明 (オプション) を入力します。
  5. IAM 権限で、ボットの権限を定義する役割を選択します。
    注意
  6. この役割は、Amazon CloudWatch などの他の AWS サービスにアクセスするための Amazon Lex 権限を提供します。Amazon Lex で役割を作成したり、CloudWatch 権限で既存の役割を選択したりできます。カスタムの役割を作成するには、IAM コンソールを使用します。
    • 基本的な Amazon Lex 権限を持つ役割の作成
    • 既存の役割を使用
  7. 児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)の下で、適切な対応を選択してください。
  8. アイドル セッション タイムアウトで、Amazon Lex V2 がユーザーを開いているセッションを保持する持続時間を選択します。Amazon Lex V2 はセッション中のセッション変数を保持し、ボットが同じ変数で会話を再開できるようにします。
  9. (オプション)詳細設定。ボットの特定に役立つタグを追加し、アクセスとリソースの監視を制御できます。
  10. ボットを作成して言語の追加を続けるには、[次へ] をクリックします。ボットに言語を追加 ページが開きます。
  11. Amazon Lex V2 ボットに言語を追加

    1. [言語を選択] で、ボットに適した言語を選択します。
    2. (オプション)言語選択に関連付けするための説明を追加します。
    3. 音声インタラクションで、ボットがユーザーとのインタラクションに使用する音声合成音声を選択します。
    4. (オプション)音声サンプルで音声の音声をプレビューするには、サンプル文またはフレーズを追加してから再生をクリックします
    5. 意図分類信頼スコアの閾値で、意図が正しい意図であるかどうかを決定するために Amazon Lex が使用する値を設定します。
      注意:ボットのテスト後にこの値を調整できます。
  • 言語を追加するには、[別の言語を追加] をクリックして手順 1 ~ 4 を繰り返します。
  • ボットのすべての言語を追加したら、[完了] をクリックします。意図エディターが開きます。
  •  

    1. アマゾンウェブサービス(AWS) (AWS)にログインして、 AWSサービス ページ。

    2. サービスの検索, 選択 Amazon Lex。

    3. Amazon Lex ページで, クリック 開始。

    4. ボットページの作成, 選択 予約旅行。このボットは旅行を予約するサンプルボットです。

    5. 内容 ボット名 ボックス, 受諾 予約旅行 デフォルト名として, 別の名前を入力します。

    6. この例では、COPPAを はい

    7. 作成するをクリックします。

      注意:新しいボットに関するページが表示されます。ボットが実行するアクションを定義できます。これらのアクションは、 意図、ボットがユーザーと対話するために取ることができる論理パスです。

      各インテントについて、定義する必要があります 発話 そして スロット

      • 発話は、意図(アクション)を呼び出すためにボットが認識できるフレーズです。
      • スロットは、ボットがインテントで実行する情報を定義します。

      この例に基づいているテンプレートは、自動的に2つのインテントを追加しました。1つは車(BookCar)を予約し、もう1つはホテル(BookHotel)を予約します。

      ユーザーが言うフレーズを認識するための発話を追加しました。車を予約するとき、ボットは「車を予約する」、「車を予約する」、または「車を予約する」をリッスンします。これらのフレーズのいずれかに応答して、ボットは予約に必要な詳細の入力を求めます。これらの詳細(スロットと呼ばれる)は、都市、ピックアップ日、返却日などを要求します。スロットによって収集された情報はArchitectに渡すことができます。

      各スロットには スロットタイプ スロット内のデータがどのように認識され処理されるかを定義します。たとえば、AMAZON.DATEを選択すると、ボットは日付を表す単語を日付形式に変換します。Architectに渡されると、スロットデータは文字列形式に変換されます。

      インテントの各スロットには少なくとも1つのプロンプトがあります メッセージ。プロンプトがあることが多い問題であるユーザーボットが入力されたデータを収集することができるように応答しなければなりません。また、メッセージは情報提供であり、 応答必要としません。ボットデザイナーとしてはあなた次第です。

    8. この例では、スロットとプロンプトはすでに設定されています。それらをテストしましょう。タイプ こんにちは [ボットへのチャット]ボックスで。ボットは「こんにちは」に一致する発言を持たないため、応答し、 「ごめんなさい、私はあなたに何を手伝うことができますか?」

    9. チャットボックスに次のように入力します 車を予約する。ボットは一致する発言を持っているため、スロットで定義された情報を要求することで応答します。

    10. テストが終了したら、クリックします 構築する

    11. 公開するクリックします。ボットを公開すると、 Architect使用できるようになります。

    12. システムは、エイリアスを作成するようプロンプトを表示します。この名前は、特定のバージョンのボットへのポインターです。詳細については、 バージョン管理とエイリアス Amazon Lex開発者ガイドで。これはボットの最初のバージョンなので、次のように入力します FirstAlias [エイリアスの作成]ボックスで。後でこの名前を使用して、 Architectのボットを参照します。

    13. 公開するクリックします。

    14. 操作が完了するまで待ちます。