Lex Botを呼び出すアクション

このアクションを使用して、コールフローを アマゾンレックスV2 インテントとスロットを処理してアーキテクトに返す機能。

メモ: 
  • Call Lex BotアクションがArchitectに表示される前に、まずGenesys AppFoundryからAmazon Lex統合を取得します。 次に、Genesys Cloudで設定し、AWSコンソールでLexボットを作成します。 
  • AWSコンソールでLexボットまたはエイリアスに変更を加えると、Architectに表示されるまでに数分かかることがあります。
  • Amazon Lex V2は、LexV2ボットがインストールされたAWSPolly StandardVoicesテキスト読み上げエンジンを使用します。 別の音声エンジンを選択すると、システムはAWS Polly StandardVoicesに戻ります。
名前    説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。 ここで入力するラベルは、タスクシーケンスに表示されるアクションの名前になります。
ボット名

フローで呼び出すAmazonLexV2ボット。

ボット エイリアス

あなたが使いたいLexボットの特定のバージョン。 このバージョンは、AWSコンソールで作成した、ボットの特定のバージョンを指すエイリアスです。

 メモ:   ボットの構成によっては、ボットが複数の言語をサポートしている場合、同じエイリアス名が複数回表示されることがあります。 エイリアスと言語の組み合わせを選択できます。

初期インテント名

フローで使用する最初の意図。 このセクションに表示されるオプションは、Lexボットで構成されたロジックを反映しています。 

このインテント名がウェルカムインテントに対応していることを確認してください。それはあなたが収集したい実際の意図であってはなりません。 このようなインテントを選択すると、Lex V2はデータを収集し、新しいインテントに移行することを期待します。 その後、別のインテントに移行しない場合、フォールバックインテントが処理され、フローは初期インテントのスロット値を取得しません。

ノート:  このインテントは、適切なボットのAmazon LexV2コンソールで作成します。

セッション変数

ボットに渡したり、ボットから取得できる情報。 変数の名前と割り当てる値を入力します。 複数の変数を追加したり、それらを並べ替えることができます。

最も一般的には、完成したインテントでAWS Lambda関数を開始するボットにセッション変数を使用します。 このプロセスにより、AWS Lambdaは操作を実行するために必要なコンテキストを確実に受け取ることができます。

入力

入力を使用して、LexV2ボットにデータを渡します。 送信する値ごとに、エントリに名前と、その値の文字列に解決する式を指定します。 次に、アクションが実行されると、すべての式が評価され、イベントパラメータとしてDialogflowに渡される文字列が生成されます。 スロットの名前として渡すものの名前を選択することにより、スロットに事前入力できます。

  • 変数名
  • 割り当てる値

出力

出力を使用して、LexV2ボットからデータを抽出します。 作成 name-valueパラメータを持つ「genesys-output」という名前のLexV2出力コンテキスト。 次に、アーキテクトの[出力]セクションで、必要なパラメーターの名前と、一致する値を格納するアーキテクト変数をリストします。 出力コンテキストを作成する必要はありません。

 メモ:   キー名は大文字と小文字が区別されます。

  • キー名
  • 割り当てる変数
インテント

このセクションに表示されるオプションは、Lexボットで構成されたロジックを反映しています。 各意図は実行するアクションを表します。 たとえば、ピザを注文したり、花を注文したりします。 各インテントパスは、タスクエディタのCall Lex Botアクションの出力パスと一致します。

各意図の下に、Architectは構成されたLexボットスロット、またはユーザーが意図を満たすために提供しなければならないデータを表示します。 ピザ注文の意図を例として使用すると、スロットにはクラストの種類、材料、チーズの量、および切断スタイルを含めることができます。 場合はユーザー注文ピザのパスを選択し、その後、Dialogflowボットは、そのパスに関連付けられているスロットを提供します。

失敗の出力

Lexボットから返された失敗データの値に割り当てたい変数を選択します。

データ値 変数
errorType
  • FeatureNotEnabledError: Call Dialogflow Botアクションは、組織では使用できません。
  • 内部サーバーエラー: Dialogflow Botの呼び出しアクション中に予期しないエラーが発生しました。 通常、受信した応答は無効な形式です。 連絡先 Genesys Cloudカスタマーケア.
  • NoInputError: コールDialogflowボットの行動は、いかなるせずにタイムアウトしたユーザー入力。
  • NoLexBotResourceError: Lex V2ボットの応答には、アクセス可能なインテントは含まれていません。
  • NoMatchError: NoMatchError:Lexボットが受け取ったユーザー入力が文法要素と一致しませんでした。
  • VersionMismatchError: Lex V2ボットから成功を受け取りましたが、不一致が発生しました。 たとえば、返されたインテントは、アクションで設定されたインテントと一致しませんでした。 フローを再ロードして再公開してください。
エラーメッセージ: ローカライズされていないメッセージ。 この文字列変数は、空またはNOT_SETにすることができます。

 メモ:   変数のリストを展開または折りたたむには、横の矢印をクリックします 失敗の出力.

成功パスと失敗パスを構成する

名前    説明
インテント出力パス

目的に合った出力を設定します。 このパスは アクションが外部エンドポイントと正常に通信し、結果を受け取ったこと。  すべてのLexボット出力変数は文字列型です。

インタラクションを実行したいルートをたどるFoundパスの下に適切なアクションをドラッグします。

詳細については、各目的またはスロットの横にある[ヘルプ]ボタンをクリックしてください。

障害出力パス

このパスは、アクションの実行中にエラーが発生したか、または結果の処理中に問題が発生したことを示しています。  

 メモ:   ネットワークで接続の問題が発生した場合、このアクションは自動的にこの失敗経路をたどります。

適切なアクションをFailureパスの下にドラッグして、やり取りする経路を指示します。 たとえば、発信者を援助のためにエージェントに送信する転送アクション。