Genesys CloudでのLexインテグレーションの設定とアクティブ化

ArchitectでCall Lex Botアクションにアクセスするには、まずAmazon Lex統合を追加して設定してから、組織内のAWSリソースにアクセスするためのアクセス許可を付与する必要があります。 

  1. Genesys Cloudで、 管理.
  2. 統合 統合をクリックします。
  3. クリック 統合の追加。 
  4. Amazon Lexの統合を見つけます。
     メモ:   Amazon Lex統合が統合のリストに表示されない場合は、 サーチ 箱タイプ アマゾンレックス。
  5. Amazon Lexタイルで、をクリックします インストール。 Genesys Cloudは統合をインストールします。
  6. クリック 統合
  7. 隣です アマゾンレックスクリック もっとその  を選択し、 統合の編集.
  8. 構成タブをクリックします。
  9. クリック 資格情報 タブ。
  10. クリック 構成. [Change Credentials(認証情報の変更)]ダイアログに、Genesys Cloudがアクセスを許可されている顧客のAWSロールが表示されます。
  11. タイプ Ctrl + V クリップボードに保存したARNをに貼り付ける 役割ARN 箱。 Macを使用している場合は、次のように入力します Command + V 貼り付けます。 
     メモ:   この役割は、実行中にクリップボードにコピーしたARNです。 Amazon Lexアプリのアクセス許可でIAM役割を設定します 手順。
  12.   [OK] をクリックします。
  13. (オプション)[Advanced]タブで、Amazon LexV2ボットを検索するAWSリージョンを定義します。 デフォルトでは、この設定は {}、およびGenesys Cloudは、現在のリージョンのみを検索します。 ただし、たとえば、次のように指定できます。
    {{
    「地域」: [
    「us-east-1」、
    「us-west-2」
    ]
    }
    この構成では、GenesysCloudは us-east-1us-east-2 地域。
  14.  保存するをクリックします。
  15. を選択 詳細 タブ。
  16. 統合をアクティブ化するには、 非活性. [ステータスの変更]ダイアログが表示され、AmazonLexをアクティブ化するかどうかを確認するように求められます。
  17. [はい] をクリックします。  ステータスが アクティブ。