クラウドからハイブリッドメディアへの概要

BYOCCloudまたはGenesysCloudVoice組織をハイブリッドメディア組織に変換する 2つの主要な機能によって可能になり、5つの主要なフェーズで構成されます。 2つの主要な機能は、ハイブリッドメディアエッジグループとサイトリンクです。 5つのフェーズは次のとおりです。 1)組織をハイブリッドメディア対応にする。 2)新しいBYOCPremisesEdgesをGenesysCloudにペアリングします。 3)エッジをハイブリッドメディアエッジグループに入れます。 4)サイトインターコネクトを使用するようにエッジインターフェイスを構成します。 5)サイトリンクの有効化と構成。

注意: ここでは5つの主要なフェーズに焦点を当てていますが、ハイブリッドメディア組織のBYOCPremises部分をセットアップするときに完了しなければならない他の標準的な操作があります。 これらの標準的な操作については、 BYOC Cloud / GenesysCloudVoiceをハイブリッドメディアに変換する 記事。

ハイブリッドメディアの有効化

最初のフェーズは、BYOCクラウドまたはGenesysCloudVoice組織にBYOCプレミスを追加することで構成されます。 これを行うと、Genesys Cloudは現在の組織をハイブリッドメディア組織に移行し、BYOCPremisesテレフォニー接続オプションをアクティブにします。

この時点で、主要な機能を含むいくつかの新しいコンポーネントが組織に追加されます。 これらの新しいコンポーネントは、第2フェーズ、第3フェーズ、および第4フェーズの手順を実行するまで機能しません。 そうするまで、組織はハイブリッドメディアに対応していますが、標準のBYOCCloudまたはGenesysCloudVoice組織として機能し続けます。

詳細については、を参照してください。 組織をハイブリッドメディア対応にする

BYOCPremisesEdgesをペアリングします

2番目のフェーズでは、BYOCPremisesEdgeデバイスをGenesysCloudとペアリングします。 EdgesをGenesysCloudとペアリングするために使用するプロセスは、使用するBYOCPremisesハードウェアソリューションによって異なります。

エッジをGenesysCloudハイブリッドメディアグループに入れる

3番目のフェーズでは、EdgeをGenesys Cloud HybridMediaGroupに配置します。 その際、一度に1つのプレミスエッジのみをグループに入れることができることを理解することが重要です。

サイト相互接続

4番目のフェーズでは、サイト相互接続機能を使用して、構内エッジのネットワークポートインターフェイスを指定します。 ハイブリッドメディアでは、サイトインターコネクトにより、さまざまなサイトのエッジが相互に通信できます。 有効にするサイトインターコネクトのタイプごとに、使用するインターフェイスを選択します。 サイト相互接続には次の3つのタイプがあります。 直接インターフェース、間接インターフェース、およびクラウドプロキシインターフェース。 

サイト リンク

5番目のフェーズでは、サイトリンクを有効にして構成します。 サイトリンクは、サイト相互接続機能を使用してエッジで指定したネットワークポートインターフェイスを使用してコアサイトを接続します。 コアサイトは、プレミスエッジが接続されているサイト、またはクラウドメディアサービスを実行しているサイトです。 クラウドメディアの場合、PureCloud Voice –AWSと呼ばれる単一のコアサイトがあります。 

サイトリンクを有効にすると、プレミスコアサイトとクラウドメディアコアサイト間の接続が確立されます。 サイトリンクを有効にすると、プレミスコアサイトはクラウドコアサイトのすべてのリソースにアクセスできるようになります。 同様に、クラウドコアサイトは、プレミスコアサイトのすべてのリソースにアクセスできます。

注意: コアサイトに加えて、ブランチサイトもあるかもしれません。 ブランチサイト間にサイトリンクはなく、エッジのないプレミスサイト、またはPureCloud Voice –AWSサイト以外のクラウドサイトのいずれかになります。