次の表は、 ACD メール可用性に関連するAWSリージョンを示しています。

ACD 電子メールに使用される AWS リージョンが、対応する AWS リージョンと異なる場合があります。 このような場合、一方で、電子メールの処理とデータの保存は AWS リージョンで行われ、電子メールは ACD 電子メールのために AWS リージョンを通過します。 。 例えば、組織のAWSリージョンはap-northeast-1、ACDメールに使用される対応するAWSリージョンはus-east-1です。 組織内のユーザーが電子メールを送信すると、電子メールの処理とデータの保存は ap-northeast-1 で行われ、電子メールは us-east-1 を通過します。

 メモ:   例外として、アラブ首長国連邦およびチューリッヒ リージョンでは、Genesys Cloud は ACD 電子メールの AWS リージョンに電子メールの本文を一時的に保存し、電子メールが処理されるとすぐに削除します。
Genesys Cloud AWS地域 AWSリージョン名 ACDメールに使用するAWS地域
米国東部(N. ヴァージニア州
私たち東-1
私たち東-1
US East 2(オハイオ) us-east-2 私たち東-1
米国西部(オレゴン) us-west-2 us-west-2
カナダ(Canada Central) eu-central-1 私たち東-1
南米(サンパウロ) サ東1 私たち東-1
EU (アイルランド) eu-west-1 eu-west-1
EU(フランクフルト) eu-central-1 eu-west-1
EU(ロンドン) eu-west-1 eu-west-1
EU(チューリッヒ) eu-central-2 eu-central-1
アジア太平洋 (ムンバイ) ap-south-1 us-west-2
アジア・パシフィック(大阪) ap-northeast-3 ap-northeast-1
アジア太平洋 (ソウル) ap-northeast-1 us-west-2
アジア太平洋 (シドニー) ap-southheast-2 私たち東-1
アジア太平洋 (東京) ap-northeast-1 私たち東-1
アラブ首長国連邦 (UAE) me-central-1 ap-southheast-1