分析会話詳細エンドポイント APIクエリ間隔の変更

発表日 効力を発する
2020年9月9日 2020年12月16日

オン 、Genesysは、間隔開始日を過去558日間(今日を含む)までクエリできるように、Analytics Conversation Detail Endpoint API(/api/v2/analytics/conversations/details/query)を変更しました。 履歴クエリには、Analytics Conversation Detail Async Endpoint((/ api / v2 / analytics / contexts / details / jobs))を使用することをお勧めします。 最近のデータを取得するときは、可能であれば通知サービスを利用してください。 履歴データを取得するときは、非同期エンドポイントを使用してください。

注意:  過去558日間のインタラクションビューで作業している場合、ページは非同期で読み込まれ、読み込みに通常よりも時間がかかる場合があります。 / bs_well]

よくある質問

これは何を意味していますか?

発表日からAPI TTLの変更までの間、Genesysは、このAPIエンドポイントを使用しているすべての人が、履歴クエリのために非同期エンドポイントに移行することを推奨します。 

影響を受けますか?

ご自身または組織内の誰かがConversation Detail Endpoint APIにアクセスしている場合、影響を受けます。 

変更日の前に何をする必要がありますか?

発表日からAPI TTLの変更までの間、Genesysは、このAPIエンドポイントを使用しているすべての人が、履歴クエリのために非同期エンドポイントに移行することを推奨します。 

助けが必要な場合や追加の質問がある場合は、誰に連絡すればよいですか。

コンタクト 私のサポートdevelopment.mypurecloud.com、 また development.mypurecloud.com/forum 。