Genesysクラウドプラットフォームの概要

Genesys Cloudファミリーのすべてのサービスは、Amazon Web Services(AWS)上で実行されるGenesys Cloud Platformが提供するフレームワーク内で機能します。 Platformは目には見えませんが、Genesys Cloudが実行するすべての機能を強化します。

主要な各コンポーネントの説明については後述します。

Genesysのクラウドアーキテクチャ図

プラットフォーム コンポーネント    説明
パブリック インターフェイス サービス

Genesys Cloudとの間で送受信されるすべての情報は、パブリック・インターフェース・サービスのゲートウェイを通過します。 これには、電話、チャット、ドキュメント プロファイル データ、統合データ管理構成が含まれます。  

パブリック・インターフェース・サービスの一部はパブリックAPIに属し、パブリックAPIはGenesys Cloud機能を自動化、埋め込み、拡張するアプリケーションを作成するために一般公開されます。 詳細については、Genesys Cloud Developer Centerを参照してください。

コア サービス コアサービスは、すべてのGenesys Cloud組織のビルディングブロックを強化します。 彼らは、アカウントの構成、ディレクトリ検索、ユーザーのメンバーシップ、電話通話のルーティング、エージェントの割り当てなどを管理します。  
コミュニケーション サービス 個人とグループとの接触、コミュニケーション サービスによって処理されます。 これらは、fax および電話、チャット、ボイス ・ メールを管理する責任があります。
アプリケーション サービス アプリケーションサービスは、Architect、アウトバウンドダイヤル、スクリプティング、ワークフォース管理などの複雑なGenesys Cloud機能のバックエンド部分を提供します。
分析とレポート サービス コンタクト センター内のイベントが記録、ラベル、格納、分析、解析、Reporting Services によってレポートにコンパイルします。 これらのサービスは、たとえば、リアルタイムスーパーバイザおよび品質管理で使用されるメトリクスおよび予測に関するデータを提供します。
コンポーネントとユーティリティ ・ サービス コンポーネントとユーティリティ ・ サービス他のすべてのプラットフォームのコンポーネントをサポートします。 これらのサービスは、役割と権限、承認、サービスのキャッシュ、運用上のメトリックなどを管理します。
 セキュリティ 

セキュリティとコンプライアンスをご覧ください。 

また、Genesys Cloud PlatformはAmazon Web Servicesセキュリティの恩恵を受けます。