Edge が 16384-32768 ポート範囲外のポート番号で WebRTC 接続を作成しようとしているのはなぜですか。

Genesys Cloudは、WebRTC通信用に16384-32768ポート範囲内で動作するようにEdgeを構成しますが、Genesys Cloud WebRTCクライアントは、このポート範囲に制限されません。 具体的には、Edge は 16384-32768 の範囲のポートをソース ポートとして使用しますが、WebRTC クライアントは宛先ポートで使用可能な任意のポート番号を使用できます。 これは、WebRTC クライアントがサポート範囲外のポート番号を使用して応答した場合、Edge は、指定されたポート番号を使用してオーディオ接続を確立しようとします。 ポート番号がサポート範囲外の場合でも、その接続がブロックされない限り、WebRTC 接続は成功します。 接続がブロックされている場合、 への TURN サービスをリレーとして使用しても、通話は成功します。 TURNサービスは、常にサポートされているポート範囲内にあります。 

この問題を回避するには、 強制 TURN 機能 また、 Geo-Lookup TURN 機能.

ただし、特定の地域でのTURNサービスの使用に関連するレイテンシー・コストが大きすぎる場合は、たとえGEO-Lookupを使用しても、ファイアウォール設定の変更を含む代替ソリューションを使用できます。

Edge が WebRTC クライアントが選択する任意の宛先ポートで通信できるようにするには、ファイアウォール設定を変更する必要があります。 この変更を行うと、WebRTC クライアントが選択するポートに対してソースポートが開かれます。 宛先ポートは、16384-32768ポート範囲に制限されています。 詳細については、以下にお問い合わせください。 Genesys Cloudカスタマーケア.