BYOC PremisesEdgeをサービス停止にする

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

特定のEdgeでメンテナンスを実行する必要がある場合は、サービスを利用できなくなります。

メモ:   停止シナリオをテストするためにEdgeをサービス停止にしないでください。 Edgeをサービス停止にすることは、実際の停止中に何が起こるかをシミュレートしないため、有効なテストではありません。

[Edge] 設定ページには、サービスのEdgeを取得できる2つの場所があります。

  • [Edge] ページのリストから、Edgeを選択し、ツールバーの [サービス外のテイク] ボタンを使用できます。
  • [Edgeの編集] ページの [全般] タブで、[情報] パネルの [Edgeの状態] 見出しの横にある [Edgeの端を取得] を選択できます。

どちらの方法でサービスを利用できないかにかかわらず、プロセスは同じです。

サービスの取得アクションを開始すると、操作の確認を求めるメッセージが表示されます。 また、コールドレイン機能を使用して既存のコールをどのように処理するかを決定するオプションもあります。

機能により、既存のアクティブコールが正常に完了してから、再起動が開始されます。 デフォルト有効になっていますが、チェックボックスをオプションにして無効にするオプションがあります。

機能無効化を検討する前に、 機能に関する次の重要な点を理解してください。

  • コールドレイン機能は、選択したEdge上の既存のアクティブコールがすべて、Edgeがアウトオブサービス状態になる前に正常に完了できるように設計されています。
  • コールドレイン処理中に、選択したEdgeで新しいコールは許可されません。 (グループ内の他のEdgeは、引き続き新しい呼び出しを受け入れます)。
  • サービスのEdgeを取得するときに呼び出されるコールドレインプロセスには、3時間のタイムアウト期間があります。 この期間は、Edgeが呼び出しが正常に完了するまで待機する時間の長さを指定します。
    • タイムアウト期間が経過する前にすべてのコールが完了した場合は、 Edgeは、アウトオブサービス状態になります。
    • すべての呼び出しが完了する前にタイムアウト期間が経過すると、Edgeは既存の呼び出しを削除し、 行け を アウトオブサービス 状態.
  • コールドレイン機能を無効にすると、Edgeは即座に既存のコールをドロップし、 行く を アウトオブサービス 状態.
ベストプラクティス: サービスを利用できないEdgeを取得する場合は、一度に1つのEdgeのみを処理し、追加のEdgeをサービスから取得する前にコールのドレインタイムアウト期間を考慮してください。

サービスからEdgeを取得するには :

  1. 管理をクリックします。
  2. テレフォニーで、クリックします。 Edge
  3. サービスを受けるEdgeを含む行のチェックボックスをオンにします。
  4. クリック サービスを受ける ツールバーで。
  5. [サービスの取得] ダイアログが表示されたら、コールのドレインをどのように処理するかを決定します。
    • 既定では、 Edgeがコールを最初にドレインするのを待つ チェックボックスがオンになっています。
    • をクリアすると、 Edgeがコールを最初にドレインするのを待つ チェックボックスをオンにすると、すべてのコールがすぐに削除されることを通知する警告が表示されます。
  6. はいをクリックします。

通話ドレイン機能を有効にすると、Edge の状態が ドレーンコール 残りの通話数とともに表示されます。 コールが排出されるかタイムアウト期間が経過すると、Edgeの状態がに変化します。 更新中。

無効にした場合 コールのドレイン 機能、Edge状態の変更がすぐに表示されます。 アウトオブサービス.

メモ:   PureCloud Softphoneを使用している場合は、Edgeをサービスから外してからサービスに戻すと、PureCloudSoftphoneを再起動する必要があることに注意する必要があります。 PureCloud Softphoneを再起動するには、単に終了して再起動します。