Voci V-Sparkトランスクリプションとスピーチアナリティクスの統合を設定する

前提条件
  • Genesys Cloud 2または3ライセンス。
  • Voci V-Sparkアカウント 詳しくは、をご覧ください。 AppFoundry
  • Voci V-Spark認証トークン。 
  • Voci V-Sparkで録音用のアップロード用に設定されたフォルダです。 フォルダ設定の詳細については、Vociが提供するV-Spark管理ガイドを参照してください。PDF、Vociログインが必要です)
  • Genesys Cloud組織でVoci統合がオンになりました。 Genesys Cloudカスタマーケアへのお問い合わせ このオプションを有効にします。

Voci V-Sparkの転写および音声分析により、Genesys Cloudのポリシーベースの記録を転写できます。 統合を設定した後、ポリシーが一致するすべての録音を転記するためのポリシーオプションを選択できます。 あなたはV-Sparkを通して転写されたレコードーディングにアクセスします、そしてまたそれはそれらの転写に基づく情報を提供します。 たとえば、カスタマーとエージェントの感情に関する分析を表示したり、特定の単語を検索したりできます。

  1. [管理]をクリックします
  2. 「統合」の下で、統合をクリックします。
  3. 統合をクリックします。  
  4. Voci V-Spark Transcriptionインテグレーションを見つけてクリック インストール。  
  5. クリック 設定 タブ。
  6. の中に transcribeURL ボックスにVoci V-SparkサーバーのURLを入力します。 transcribeURLは以下のフォーマットを使用します。
    https:// {server-address} / transcribe / {short-orgname} / {folder-name}
    • サーバーアドレス: Voci V-Sparkサーバーのアドレス
    • 短い組織名: あなたのVociからあなたの組織の短い名前 設定 アカウント ページ。
    • フォルダ名: レコードーディングをアップロードするフォルダ。 フォルダはあなたのVociにリストされています 設定 >フォルダ ページ。
    : https://vspark-demo.vocitec.com/transcribe/Genesys Cloud / QMStereo
  7. クリック 資格情報
  8. クリック 設定する。
  9. 認証トークンをに貼り付けます。 認証トークン ボックス。 
  10. 確認のために2番目のボックスにトークンを貼り付けます。
  11. クリック OK。
  12. クリック 統合の詳細 タブ。
  13. [名前]ボックスに、統合の名前を入力します。
  14. 下 状態、 クリック アクティブ/非アクティブ 統合を有効にするに切り替えます。
  15. クリック はい アクティブにすることを確認します。
  16. 保存するをクリックします。

統合を設定したら、次のことができます。 ポリシーを使用する どのレコードーディングを転記するかを指定します。 選択する 音声を転記する ポリシーがカバーする対話のために音声を転記する  オーディオの転記ポリシーオプション