Voci V-Sparkトランスクリプションとスピーチアナリティクスの統合を設定する


前提条件
  • PureCloud 2または3ライセンス。
  • Voci V-Sparkアカウント。詳細については、をご覧ください AppFoundry
  • Voci V-Spark認証トークン。
  • 記録を転写するためにVoci V-Sparkで設定されたフォルダー。フォルダーの構成の詳細については、Vociが提供するV-Spark管理ガイド(PDF、Vociログインが必要)
  • PureCloud組織でVoci統合が有効になりました。PureCloudカスタマーケアにお問い合わせください このオプション有効にします。

Voci V-Sparkトランスクリプションとスピーチ分析により、 PureCloudポリシーベースの録音をトランスクリプションできます。あなたが統合を設定した後は、ポリシーを選択することができますオプションすべて録音政策の一致を転写します。文字起こしされた録音には、V-Sparkからアクセスします。V-Sparkは、文字起こしに基づいた情報も提供します。たとえば、顧客とエージェントの感情に関する分析を表示したり、特定の単語を検索たりできます。

  1. 管理者をクリックします。
  2. 「統合」の下で、統合をクリックします。
  3. クリック  統合
  4. Voci V-Spark Transcription統合を見つけてクリックします インストール。 
  5. クリック 設定 タブ。
  6. の中に transcribeURL ボックスに、Voci V-SparkサーバーのURLを入力します。transcribeURLは次の形式を使用します。
    https://{server-address}/transcribe/{short-orgname}/{folder-name}

    • サーバーアドレス:Voci V-Sparkサーバーのアドレス
    • 短い組織名:Vociからの組織の短縮名 設定 > ; アカウント ページ。
    • フォルダ名:記録をアップロードするフォルダー。Vociにフォルダーがリストされます 設定 > ;フォルダー ページ。

    : https:// vspark-demo.vocitec.com/ transcribe / PureCloud / QMStereo

  7. クリック 資格情報
  8. クリック 構成、設定
  9. に認証トークンを貼り付けます 認証トークン ボックス。
  10. トークンを2番目のボックスに貼り付けて確認します。
  11. クリック OK。
  12. クリック 統合の詳細 タブ 。
  13. [名前]ボックスに、統合の名前を入力します。
  14. 下 状態、 クリック アクティブ/非アクティブ 統合をアクティブに切り替える。
  15. クリック はい アクティブにすることを確認します。
  16. クリック 保存する

統合をセットアップしたら、次のことができます。 ポリシーを使用する 記録する記録を指定します。選択する 文字起こし音声 ポリシーがカバーするインタラクションのために音声を書き起こします。 Transcribe Audioポリシーオプション