レコーディングサービスAPIメタデータエンドポイントアノテーションの廃止

Genesysは、この非推奨を続行しないことを決定しました。 Recording ServiceAPIの記録メタデータエンドポイントが再度有効になります。 この非推奨を促した当初の意図は、将来のリリースで異なる方法で対処される予定です。 詳細については、以下を参照してください。 CIC用Genesys Cloud.
発表日 発効日
2021年7月28日 2021年11月10日

2021年11月10日、記録メタデータを取得するGenesys Cloud Recording Service APIリクエストには、記録の注釈が含まれなくなります。 

以下に対するGETリクエストは、アノテーションを返さなくなりました。

 / api / v2 / conversations / {conversationId} / Recordingmetadata
/ api / v2 / conversations / {conversationId} / Recordingmetadata / {recordingId}

よくある質問

これは何を意味していますか?

2021年11月10日以降、レコーディングメタデータエンドポイントからレコーディングアノテーションを取得する組織は、/ api / v2 / conversations / {conversationId} / recordings / {recordingId} / annotationsからレコーディングのアノテーションを取得する必要があります。

影響を受けますか?

記録メタデータエンドポイントから他の情報を読み取る組織は影響を受けません。

インタラクションの詳細ビューを使用して注釈を読み取り、Recording ServiceAPIから注釈を取得しない組織は影響を受けません。

削除日前に何をする必要がありますか?

レコーディングメタデータエンドポイントからレコーディングアノテーションを取得する場合は、/ api / v2 / conversations / {conversationId} / recordings / {recordingId} / annotationsからレコーディングのアノテーションを取得する必要があります。

助けが必要な場合や質問がある場合はどうすればよいですか。

連絡先 マイ サポート.