次のループ アクション

次のループアクションは、ループアクション内での使用に対してのみ有効です。この… ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。 フローが次のループアクションにヒットすると、実行は含まれているループアクションに戻り、次のループ反復を開始します。 このアクションの名前を変更することも、デフォルトのExit Loopタイトルのままにすることもできます。

 メモ:   ループの終了は、ループアクション内で使用された場合にのみ有効であり、それ以上のアクションの出力パスは含まれません。 

たとえば、通貨コレクションがあり、そのコレクション内のアイテムを繰り返し処理するとします。 コレクション内の通貨のいずれかに空白またはNOT_SETコードがある場合は、「USD」のコードを割り当てる必要があります。 この場合、次のコレクションを使用します。

アイテム0-金額: 10.00コード: ユーロ
アイテム1-金額: 15コード:NOT_SET
アイテム2-金額: 5.00コード: 米ドル

 メモ:   この例では、コレクション内の通貨項目が 。

フロー内で、 ループアクション その後に、通貨コードが空白であるかNOT_SETであるかを決定する決定アクションが続きます。 決定アクションは、IsNotSetOrEmtpy(CurrencyCollection [index]などの式を使用します。 決定アクションの[出力なし]で、次のループアクションを追加します。これは、フローのこの時点で、コレクション内のアイテムに対して追加の処理が不要であり、次のループの反復に進むことができるためです。 決定アクションの「はい」出力で、「データの更新」アクションを設定して、通貨アイテムにコードを設定できます。