タスクにループ アクションを追加


タスクシーケンスでループアクションを使用して、デザイン内の次のアクションに進む前に、プロセスが一連のアクションを繰り返すようにします。ループアクション あきらめて先に進む前に特定の回数で特定のアクションを試すために使用できます。さまざまな種類のループとLoopアクションの使用について詳しくは、推奨コンテンツを参照してください。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. ツールボックスから、 ループ カテゴリをドラッグして ループ タスクシーケンス内の目的の場所へのアクション。
  5. ループアクションデザイン領域の  フィールドには、切り替えアクションのわかりやすい名前を入力します。この名前は、タスク エディターで、ループ操作の名前になります。
  6. Loop Countフィールドで、+または - ボタンを使用して一連のコマンドを繰り返す回数を設定します。
  7. の中に 現在のインデックスデータ名タスク上の変数を識別するためのラベルを入力します。
  8. ループアクション内に目的の変数を追加します。
  9. オプションで追加 次のループ そして 終了ループ 前のアクションのYesおよびNo出力パスへのアクション。
  10. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。