Architectホームページに移動する


Architectのホームページを使用して、さまざまな種類のフローを作成、フィルタリング、開く、検索、または削除します。作成およびコール プロンプトおよびサポートされている言語を管理します。特定のリソースを持つフローを見つける依存関係検索を実行します。

コントロール アクション
「フロー」タブ

作成または管理するフローの種類を選択します。

  • 着信通話:Architectはデフォルトでこのタブに開きます。ここで、既存のすべての着信コールフローを表示および管理します。
  • キュー内呼び出し:Architectは、組織内のすべてのキューに対して、組み込みのデフォルトのキュー内フローを提供します。カスタマーがエージェントに転送される前にキューで待機している間に、キュー内のコールフローを使用してカスタマーの保留エクスペリエンスを作成します。
  • 発信通話:このタブで、発信通話フローを表示および構成します。発信コールフローは、エージェントがコールセンターまたはカスタマーの代わりに発信したコールを処理します。
  • 安全な電話:システムの録音や、支払い処理などの発信者による機密情報の入力へのエージェントのアクセスを防ぐために、安全なコールフローを設定します。
  • 受信メール:受信メールを正しいキューにルーティングして配信するようにEメールメッセージフローを設定します。
  • 受信メッセージ:着信メッセージを正しいキューにルーティングして配信するようにACDメッセージフローを設定および設定します。
  • アンケートへの招待:Web調査を作成したら、Architectを使用して調査用のフローを作成します。アンケート招待フローには、送信者、受信者、アンケートURLなど、外部連絡先に送信するためのアンケートの招待メールを含めることができます。
[プロンプト]タブ

作成または管理するプロンプトの種類を選択します。

  • システム:システムプロンプトはArchitect提供の、数字、日付、曜日、月などを示す一般的なプロンプトです。システムプロンプトを削除することはできませんが、それらのデフォルトリソースを上書きすることはできます。
  • ユーザー:すべてのユーザーオーディオと音声合成をインポートまたは録音する
依存関係検索 特定のリソース依存関係を持つチェックインフローまたは公開フローを検索します。
追加 新しいフローを作成します。
開く 公開済みまたは未公開のフローのリストからフローを選択し、をクリックして現在または既存のバージョンのフローを表示または変更します。
削除 リストから1つまたは複数のフローを選択し、をクリックしてそれらを削除します。
ロックを解除 別のユーザーが現在編集しているフローのロックを解除します。
バージョン 利用可能なバージョンのリストを表示するか、フローの前のバージョンにアクセスします。
更新 現在のフローのリストを最新の変更に置き換えます。
検索とフィルタ アイテムを検索する、またはキーワードでアイテムをフィルタするには、このフィールドに検索語を入力します。
名前欄

この列には、各フローまたはプロンプトの名前が一覧表示されます。フローまたはプロンプトをアルファベット順にソートするには、をクリックします。  カラム。特定のフローまたはプロンプトを開くには、リンクをクリックするか、名前の左側にあるチェックボックスをオンにして[]をクリックします。 開いた ボタン。

先端:フローを中央クリックして新しいタブで開きます。

ロックされた列 フローが別のユーザーによる編集のためにチェックアウトされている場合、フローを編集している人の名前がここに表示されます。フローはロックされていて編集できません。 ロックされたコールフローとロックされていないコールフローを並べ替えるには、 ロック済み カラム。
チェックイン列 この列には、チェックインされたコールフローの最新バージョンが表示されます。コールフローがチェックインされると、保存されて編集可能になりますが、公開されずコールルートで使用できません。チェックインまたはチェックアウトのステータスでコールフローをソートするには、[]をクリックします。 チェックインした カラム。 
公開された列

公開または未公開のステータス別にコールフローを一覧表示するには、[Published]列をクリックします。この列の番号は、最後に発行されたフローのバージョンです。

説明列 説明をアルファベット順に並べ替えるには、[説明]列をクリックします。
リストコントロール 1ページに表示するアイテムの数を指定するか、ページ間を移動します。