シングルサインオンページの管理

[シングルサインオン]ページでは、組織メンバーがシングルサインオン(SSO)資格情報を使用してアクセスできるサービスにGenesys Cloudを追加できます。

フィールド アクション
証明書 Id プロバイダーのアカウントで作成されたアプリの証明書を追加します。
発行者URI  Id プロバイダーの URI を追加します。
ターゲット URL  エンドポイントURIを追加します(POSTではなくリダイレクトをします)。 アプリの作成中に、IDプロバイダーがこのデータを提供します。
シングル ログアウト URI IDプロバイダーの単一のログアウトURIを追加します。 これにより、ユーザーはSSOプロバイダーからログアウトすると同時に、ユーザーはGenesysCloudからログアウトします。 アプリの作成中に、IDプロバイダーがこのデータを提供します。
シングル ログアウト バインディング SAMLシングルログアウトメッセージをIDプロバイダーに送信するシングルログアウトバインディング方法を選択します。 IDプロバイダーが使用するバインディング方法を指定していない場合は、デフォルトのHTTPリダイレクトを選択します。
オーディエンス (エンティティ ID) 

Oktaの場合、オーディエンス(EntityID)はオーディエンスURI(SPエンティティID)です。 これは、SAMLアサーションの対象読者であるアプリケーション定義の一意の識別子です。 オーディエンス(EntityID)は、ほとんどの場合、アプリケーションのSPエンティティIDです。 この値がGenesysCloudとOneLoginの両方で同じであることを確認してください。

OneLoginの場合、オーディエンス(EntityID)値はGenesysCloudとOneLoginで同じである必要があります。 アプリの作成中に、IDプロバイダーがこのデータを提供します。 この値がGenesysCloudとOneLoginの両方で同じであることを確認してください。 

証明書利用者 ID 一部のSSOプロバイダ設定では、信頼する相手 または 参加者において一意の識別子を追加します。 アプリ作成時にこの値を指定します。

関連タスク