フローのインポートまたはエクスポート


フローの構成を輸出入することができます。ファイルをインポートするときに、Architect はファイルを解析し、ファイルが含んでいる構成データの種類を判断します。与えられているプロンプトは、それをインポートするファイルの種類によって異なります。別のフローに使用する以前に作成されたフローの構成ファイルをエクスポートすることもできます。詳細については、クリックして適切なセクションを展開し、もう一度クリックしてそれを閉じます。

注意:外部の組織からフローをインポートすると、設定の更新が必要になる場合があります。たとえ似た名前のデータアクションのような項目の場合でも。設定の問題を更新するまで、Architectはフロー内で検証エラーを返します。


Import コマンドは、フロー構成をインポートします。フローのインポートは、既存のコンフィギュレーションとマージされません。フロー構成ファイルを別のフローにインポートすると、Architect は、インポート時に元のフローの既存の構成を上書きします。フローをインポートするには:

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 次のうちいずれか一つを行います。
    • 新しいフローを作成します。
    • 開きたいフローをクリックします。{"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}} 編集.
  3. の端にある矢印をクリックします。 保存 メニューと選択 インポート. [フローをインポート] ダイアログ ボックスが開きます。
  4. クリックし、 インポートする構成ファイルを選択してください インポートする i3flow コンフィギュレーションファイルにリンクしてナビゲートします。
  5. クリックし、 インポート ボタン。
  6. 現在のコンフィギュレーションを必要に応じて変更します。
  7. フローを保存します。


フローの設定ファイルをエクスポートできます。このタスクでは、以前の流れを作成しているを前提としています。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 開きたいフローをクリックします。フローの設定ページが開きます。
  3. の端にある矢印をクリック 保存する メニューと選択 輸出する。Architectはフローをダウンロードフォルダに保存します。