Architectの10進数値


Architect式の文法は、小数点をピリオドとして使用する数値として小数値を定義します。小数点区切り記号は、10進数の整数部分と小数部分を表すために使用される記号です。 Architectでは、区切り文字は10進数入力では一定ですが、式テキストまたは10進数リテラル入力のコンテキストの外側で表示されると変わることがあります。

フロー作成者が通貨金額を含む10進値を入力するとき、リテラルとして指定されているか式の中で使用されている場合、Architectは小数点区切り文字として常にピリオド(。)を使用します。 Architectが式テキストまたは10進数リテラル入力コントロールに直接入力する以外に10進値を表示する場所では、Architectはアプリケーションが実行されている言語に設定された小数点区切り記号を尊重します。

ドイツ語などの一部の言語では、小数点としてコンマを使用します。一方、Architect の式の文法ではコンマは関数セル内のパラメーターの区切りに使用します。Architect は式テキストをローカライズせず、小数点をピリオドから変更しません。そのため、言語に関係なく、フロー作成者は常に小数点記号(7.25など)を入力し、カンマ記号(7,25など)は入力しません。言語に関係なく、Architectはピリオドから他のものに小数点記号を変換しません。 たとえば、プロンプトグリッドのユーザープロンプトまたはシステムプロンプトのプロンプト期間で、フランス語で実行していた場合、5秒半の期間は5,5と表示されます。

同様に、通貨変数の値をリテラル金額に更新すると、Update Dataアクションでは、金額に小数点記号としてカンマが表示されますが、リテラル小数点値を入力する実際のコントロールでは、ピリオド小数点記号で表示されます。それが値が入力される場所だからです。

式テキストはローカライズされていないため、ほとんどの式言語と同様に、Architectはリテラルと式の入力の間の小数点の区切り記号を一定に保ちます。このアクションは混乱を減らし、コピーと貼り付けを可能にし、リテラルから表現への切り替えを視覚的に変更しません。