式で値のプロパティにアクセスする

式内で、一部のデータ型はプロパティを持ちます。 開発者の視点で書かれているこの記事は、式内の値のプロパティにアクセスする方法について説明しています。  Architect では、通貨データ値要素には 2 つのプロパティがあります:

  • 量: 通貨の金額を反映する 10 進数
  • コード: 通貨として ISO 4217 コードを含む文字列。

たとえば、通貨が 5.00の コード 「USD」の 5米ドル

例:  アクセス量を通貨に設定

Currencyデータ型のFlow.MyCurrency変数があり、その通貨に設定されている金額を取得するとします。 Architect は「金額」プロパティにアクセスするために使用できる 3 つの構文をサポートしています。 

方法    説明
Flow.MyCurrency.Amount このメソッドは、名前が文字で始まり、その後に1つ以上の文字、数字、または下線が続くプロパティに有効です。
Flow.MyCurrency."額」

このメソッドは、スペースやピリオドを含むプロパティ名を含む、任意のプロパティ名に有効です。 文字列リテラルを介してプロパティにアクセスすること、および規格 または 標準を覚えておくことが重要です。 エスケープルール 文字列リテラルを適用します。 値に AM\PM というプロパティ名が含まれている場合、Flow.MyCurrency.AmountLearn example に示されている構文でそれにアクセスすることはできません。  

有効

次のように文字列リテラルを使用してください。

Flow.MyCurrency."AM\\PM"

この例では、文字列リテラル内のエスケープ シーケンスとしてバックスラッシュを使用しています。  

無効

Flow.MyCurrencyメソッドを使用すると、文字列リテラルのみがサポートされます。 次の例は無効です。

Flow.MyCurrency."Am"+"ount" or Flow.MyCurrency.(Am"+"ount")

プロパティ名にエスケープする必要がある文字が含まれている場合は、引用符を使用してそれにアクセスします。 次の例では、データ型の「AM\PM」プロパティ名にアクセスする場合。 正しい文字列は:

Flow.ExampleVar."AM\PM」

文字列リテラルをエスケープする方法の詳細については、を参照してください。 式に文字列リテラルを使用する

Flow.MyCurrency [&quot ;金額&quot ;] このメソッドは、同じ Flow.MyCurrency。 ただし、小数ではなく角かっこ演算子に使用してください。 プロパティにアクセスします。 このメソッドには、開き角かっこと閉じ角かっこの両方が含まれています。 この表記はサポートされていますが、式エディタの先行入力機能に表示されるデフォルトではありません。 また、かっこ内でプロパティへのアクセスは、適切なエスケープはリテラル文字列である必要があります。

上記の例では、amountプロパティにアクセスするために変数を使用しています。 覚えておいて、あなたが本質的に通貨変数で通貨値を操作とその変数のプロパティにアクセスします。 たとえば、次のとおりも有効な例 MakeCurrency を返します通貨値と返される通貨から量をアクセスすることができますので

  • MakeCurrency(10.00, “USD”).Amount
  • MakeCurrency (10.00、"USD")」額」
  • MakeCurrency(10.00、“ USD”)[“金額”]

データ値の NOT_SET

式では、値が設定されていることを確認してください。 例えば通貨値が NOT_SET であれば、その金額やコード プロパティにはアクセスできません。 この例は構文上有効です。

ToCurrency(NOT_SET).Amount

ただし、実行時にエラーが発生します。 通貨。 ベスト プラクティスでは、データ値が NOT_SET であることを確定してからそのプロパティにアクセスすることが推奨されています。