式のオペレータ優先順位

Architect はランタイムに演算子の優先順位を使用して、式を評価する際にどのプロシージャを先に処理するかを明確にします。  Architect が式内の処理の優先順位を決める方法を示す例を見てみましょう。 : 入力した場合

3 + 4 * 5

実行時のその計算の結果は何ですか? 35 でしょうか、それとも 23 でしょうか?    一般的に、乗算は加算より優先されるため、正解は 23 です。 そのため、4 x 5 = 20 で、 3 23 に到達するためにその値を追加します。

しかし、計算結果が35になるとしたらどうでしょうか。 その場合には、式内で括弧を使って優先順位を設定し、Architect が加算を最初に実行してからその和に 5 を掛けるようにさせます。 として、この式を入力します。

(3 + 4) * 5

式の処理時にArchitectが従う優先順位を確認し、どの演算子が他の演算子よりも優先されるかを判断するには、クリックして次のセクションを展開します。

演算子    説明

[]

.

コレクションアクセス

物件へのアクセス

-

! ~

単項プラスとマイナス

論理否定およびビットごと否定

^

べき乗/指数(すなわち2 ^ 3 = 8)

  * / %

乗算、除算、および法

+ -

足し算と引き算

<<

>> =

比較演算子&lt ;および≤それぞれ

比較演算子の場合、それぞれ>と≥

==!=

それぞれrelational =と≠の場合

&

ビットAND

|

ビットごとのOR(またはを含む)

および

論理積

または 

論理和