OAuth スコープの適用を有効にする


前提条件
  • ディレクトリ > 組織 > 管理者 権限

Genesys Cloud組織は、現在、OAuthクライアントでスコープを強制しません。OAuth スコープを有効にすると、外部 OAuth クライアントを利用するすべての現在のアプリケーションに直ちに影響します。スコープを適用すると、外部アプリケーションがアクセスできるデータが制限され、セキュリティとプライバシーが強化されます。スコープが適用されていない場合、アプリケーションは、管理者を含む アプリケーションのユーザーと同じアクセス権を持ちます。Genesys Cloud組織内でスコープの強制を有効にする場合は、注意してください。 この手順では、管理者が組織の OAuth クライアント承認とスコープの強制を有効にする方法について説明します。

承認を必要とする OAuth クライアントの識別

OAuth スコープの強制を有効にする前に、まず、承認されていない既存の OAuth クライアントを判別します。

  1. クリック 管理者
  2. パフォーマンスクリック API の使用状況.
  3. 既存の外部アプリケーション (OAuth クライアント) のリストを決定します。
  4. ユーザーがこれらの各アプリケーションにアクセスできることを確認します。

OAuth スコープの適用を有効にする

  1. クリック 管理者
  2. 組織の設定クリック 設定.
  3. 設定 スコープの適用 宛先 .
  4. 外部アプリケーションに移動します。
  5. 目的のスコープを選択します。
  6. クリック 承認.
  7. 外部アプリケーションごとに手順 4~ 6 を繰り返します。