廃止予定: Microsoft Dynamics CRM データディップコネクタ

発表日 削除の開始
2017年10月25日 2018年4月30日

Microsoft Dynamics CRMのデータディップコネクタは、IVR ( 自動音声応答 )(IVR)システムをカスタマー関係管理(CRM)データベースと統合します。 コネクタは、CRMからアカウント、ケース、または連絡先に関する情報を取得し、Architectのコールフロー内でルーティングの決定を行うために使用することができます。 

この機能に関するGenesysの2017年10月25日からの動き:

  • 新しいMicrosoft Dynamics CRMデータディップコネクタのインストールはサポートされなくなりました。
  • リソースセンターからMicrosoft Dynamics CRMデータディップコネクタのドキュメントを削除します。

この機能に関するGenesysの2018年4月30日からの動き:

  • 既存のMicrosoft Dynamics CRMデータディップコネクタ構成はサポートされなくなりました。
  • Genesys Cloudから機能を削除します。

よくある質問

これは何を意味していますか? 

発表日と機能削除日の間に、Genesys は次のアクションを実行します。

  • Microsoft Dynamics CRMデータディップコネクタに固有のバグまたは軽微な問題に対処しなくなりました。
  • 他のGenesys Cloudデータディップコネクタに共通する機能への重大な破損を解決するよう最大限の努力を払ってください。ただし、Microsoft Dynamics CRMデータディップコネクタに特有ではありません。 

影響を受けますか?

Bridge アクションを利用したArchitectのインタラクション フローとMicrosoft Dynamics CRMデータディップコネクタを使用している組織は、影響を受けます。 

機能の削除を準備するにはどうすればよいですか ?

Microsoft Dynamics 365データアクション統合をインストールし、ArchitectのインタラクションフローをBridge アクションからデータアクションに移行します。 詳細については、 Microsoft Dynamics 365データアクション統合について

助けが必要な場合や質問がある場合はどうすればよいですか。

マイサポートに連絡してください。