デスクトップ アプリケーション (管理者) を配置します。

組織のセキュリティポリシーで必要な場合、管理者はユーザーがデスクトップアプリをインストールおよび更新できないようにすることができます。代わりに、管理者は次のことができます サードパーティのソフトウェア展開ツールを使用して、指定した日時にデスクトップアプリのインストールと更新をユーザーにプッシュします

ユーザーがアプリケーションをインストールできないようにするには、ユーザーワークステーションに適切なセキュリティ変更を加えます。 

削除する アップデートを確認 デスクトップアプリのメニューから、デスクトップアプリの更新通知を受け取らないようにするには、次のレジストリ/設定値の変更を行います。

Windows

HKEY_CURRENT_USER\Software\Interactive Intelligence\Purecloud\Directory のレジストリ キーに新しい DWORD 値"DisableUpdates"と呼ばれ、設定を追加します。 すべての更新を禁止します。 1 

例:  

"DisableUpdates"=: 00000001

マック

設定ファイルで 〜/Library/Preferences/com.inin.purecloud.directory.plist、新しいブール値"DisableUpdates"と呼ばれ、設定を追加 場合は true。 すべての更新を禁止します。  

例:  

<key>DisableUpdates</key>
<true/>

定期的に3番目の対応 or 参加者ツールを使用してappcast XMLファイルを確認し、更新されたデスクトップアプリケーションのリリースバージョンが利用可能になったときに通知してください。

Windows

https://apps.mypurecloud.com/directory-windows/appcast.xml

マック

https://apps.mypurecloud.com/directory-mac/appcast.xml

デスクトップアプリのインストールとアップデートをプッシュするには、Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)などの3番目の対応 or 参加者ソフトウェア導入ツールを使用します。 このツールは、指定した日時にユーザーにアプリをデプロイできます。

デフォルトの地域を事前設定するには、次の表から地域キーと URL を適用します。

地域表示名

地域キー

地域URL

EMEA (ロンドン)

euw2

https://apps.euw2.pure.cloud/directory

EMEA (ダブリン)

NS

https://apps.mypurecloud.ie/directory

EMEA (フランクフルト)

de

https://apps.mypurecloud.de/directory

南北アメリカ (米国西部)

usw2

https://apps.usw2.pure.cloud/directory

南北アメリカ (米国東部)

グローバル

https://apps.mypurecloud.com/crm-cic/*

南北アメリカ(米国東部2)

fedramp-use2-core

https://apps.use2.us-gov-pure.cloud/directory

南北アメリカ (カナダ)

cac1

https://apps.cac1.pure.cloud/directory

アジア太平洋 (ムンバイ)

aps1

https://apps.aps1.pure.cloud/directory

アジア太平洋 (東京)

jp

https://apps.mypurecloud.jp/directory

アジア太平洋 (シドニー)

au

https://apps.mypurecloud.com.au/directory

アジア太平洋 (ソウル)

apne2

https://apps.apne2.pure.cloud/directory

Windows

上の表を使用して、これらのレジストリ エントリーを特定の地域に事前構成します。

  • HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Interactive Intelligence \ Purecloud \ Directory \ Region
  • HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Interactive Intelligence \ Purecloud \ Directory \ RegionURL

たとえば、フランクフルトリージョンを事前設定するには、キーHKEY_CURRENT_USER \ Software \ Interactive Intelligence \ Purecloud \ Directory \ Regionのレジストリエントリを追加し、それを文字列に設定します。 de、キーHKEY_CURRENT_USER \ Software \ Interactive Intelligence \ Purecloud \ Directory \ RegionURLのレジストリエントリを追加し、文字列に設定します https://apps.mypurecloud.de/directory

マック

次のデフォルトコマンドを使用します。

  • >デフォルトはcom.inin.purecloud.directoryリージョンを書き込みます 
  • >デフォルトはcom.inin.purecloud.directoryregionURLを書き込みます

ノート: 
  • これらのエントリは、領域の変更を無効にしません。. これらは、要求されたとおりに事前構成するだけです。
  • 組織名を事前構成することはできません。

 

切り替え    説明
/ install | / repair | uninstall | / layout ディレクトリ内のバンドルの完全なローカルコピーをインストール、修復、アンインストール、または作成します。 デフォルトは /インストール
/パッシブ| /静か プロンプトなしで最小限のUIを表示するか、UIもプロンプトも表示されません。 デフォルトでは、インストールはUIとすべてのプロンプトを表示します。
/ norestart 再起動の試みを抑制します。 デフォルトでは、UIは再起動前にプロンプトを出します。
/ log log.txt 特定のファイルにログを記録します。 しかしデフォルトで、インストールは%TEMP%にログファイルを作成します。

例: 

C:\ Users \ Administrator \ Desktop>genesys-cloud-windows-2.1.582.exe /静かな

2020年9月30日、 デスクトップアプリの名前がPureCloudからGenesysCloudに変更されました。 インストールパスと実行可能ファイル名が変更されました。 レジストリの場所とキーは変更されていません。

年: C:\ Program Files(x86)\ Interactive Intelligence \ PureCloud \ PureCloud.exe

新しい! C:\ Program Files(x86)\ Genesys \ GenesysCloud \ GenesysCloud.exe

デスクトップアプリクライアントを強制的にWebRTCMedia Helperとして実行するには、次のレジストリ/設定値を変更します。

Windows

HKEY_CURRENT_USER\Software\Interactive Intelligence\Purecloud\Directory のレジストリ キーに新しい DWORD 値"DisableUpdates"と呼ばれ、設定を追加します。 すべての更新を禁止します。1 

例:  

"RunAsMediaHelper" = dword:00000001

マック

設定ファイルで 〜/Library/Preferences/com.inin.purecloud.directory.plist、新しいブール値"DisableUpdates"と呼ばれ、設定を追加 場合は true。 すべての更新を禁止します。  

例:  

<key>runAsMediaHelper</key>
<true/>

詳細については、を参照してください。 WebRTC MediaHelperについて