分析会話詳細エンドポイントAPIクエリ変更ごとの最大レコード数

発表日 効力を発する
2020年9月9日 2020年12月9日

オン , 分析会話詳細エンドポイント(/api/v2/analytics/conversations/details/query)が、クエリあたり最大100,000件のレコードを返すように変更されました。

よくある質問

これは何を意味していますか?

発表日からAPIページングの変更までの間、APIの機能に変更はありません。  ただし、Genesysは、このAPIエンドポイントを使用するすべての人がコードを更新して、より小さな結果セットを照会することをお勧めします。

影響を受けますか?

ご自身または組織内の誰かがConversation Detail Endpoint APIにアクセスしている場合、影響を受けます。 

変更日の前に何をする必要がありますか?

発表日からAPIページング変更までの間、Genesysは、このAPIエンドポイントを使用するすべての人が、小さな結果セットをクエリするためにコードを更新することを推奨しています。

助けが必要な場合や追加の質問がある場合は、誰に連絡すればよいですか。

コンタクト 私のサポートdevelopment.mypurecloud.com、 また development.mypurecloud.com/forum 。