延期作業の概要


延期された仕事 すべての相互作用が含まれるサービス レベルの統計よりも大きい目標インターバル 15分の、主に一般的な電子メール、関連付けられている応答時間の目標は一日以上であることを。

システムは、エージェントが他の人によって占有されていない時間を使用すると仮定します 作業 to 処理 延期された仕事、管理単位ごとに指定する最大占有量(1〜100)。遅延作業の最大占有量は、エージェントが即時作業と遅延作業の両方を処理できる場合に満たすことができる時間です。デフォルト占有率は95です。エージェントがただちに作業を行う場合、この設定は無視されます。

:エージェントが時間の85%でコールを処理するようにサービス目標を設定し、遅延作業の最大占有率を95%に設定すると、スケジューリングエンジンは十分な量を追加します 延期された仕事 エージェントの時間の最大10%を必要とします。この機能により、複数のインタラクションを受信するように構成されたエージェントは、補足 作業 他のインタラクションが到着するまで待ちます。

遅延作業ではないメディアタイプがある場合はシステムから通知されますが、サービスサービス レベル目的は15分未満です。システムは以下を行う必要があります。

  • 強制サービス レベル繰延仕事(のために100%のをサービス レベル 15分より客観的に大きいです)。
  • サービスかどうかを検出パフォーマンスの目標は、繰延仕事のためのものである(ここで、 サービス レベル 15分を超える目標)と知らせるユーザーのメディアタイプは、(例えば、呼び出し、チャット)の作業を延期されていない場合。