BYOCCloudとGenesysCloud Voiceのクラウドメディア制御サービス、およびBYOCPremisesのハードウェアデバイスに対する最新のアップデートの改善と修正の概要を表示します。

注意: セキュリティと安定性のための緊急修正により、Genesysはリリースノートが発行される前にEdgeアップデートをプッシュし、Media Tierバージョンをリリースする場合があります。
バージョン 1.0.0.16270 – 2024 年 5 月 15 日 新しい

機能強化と修正

  • Architect コールフローでは、Agent Assist/AudioHook が初期化されるときに、ストリーミング機能の言語を設定できるようになりました。
  • ホワイトノイズは、 サードパーティの TTS プロンプトを再生します。
  • エージェント転送および会議シナリオでは、通話後の必須アクションがサポートされます。
  • 必須の通話後アクションで使用される SIP ヘッダーの改善。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2024 年 5 月 22 日水曜日から、すべてのタイム ゾーンで午前 12 時から午前 5 時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア デバイスのアップデートは、2024 年 5 月 15 日水曜日に利用可能になります。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 5 月 15 日水曜日より、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 2024 年 5 月 22 日水曜日より、すべての地域で自動更新が有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン 1.0.0.15671 – 2024 年 4 月 29 日

機能強化と修正

  • ステーションが物理コール アピアランスの最大サポート数をオーバーフローしたときに発生するバージョン 1.0.0.15670 からの回帰を解決しました。
  • 起源名 Roosendaal, NL のスペルを修正しました。
  • 今後の AudioHook 機能のサポート。
  • 通話の急増時の過負荷に対する追加の保護。
  • トレースの改善。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2024 年 5 月 9 日木曜日から、すべてのタイム ゾーンで午前 12 時から午前 5 時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア デバイスのアップデートは、2024 年 4 月 29 日水曜日に利用可能になります。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 4 月 29 日水曜日より、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 2024 年 4 月 29 日水曜日より、すべての地域で自動更新が有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン 1.0.0.15670 – 2024 年 4 月 10 日
Genesys は、Media Tier バージョン 1.0.0.15670 で、記録するように構成されている場合に外部転送が失敗する可能性がある回帰を発見しました。 クラウド メディアとオンプレミスのハードウェア エッジの自動更新が無効になっています。

機能強化と修正

  • 起源名 Roosendaal, NL のスペルを修正しました。
  • 今後の AudioHook 機能のサポート。
  • 通話の急増時の過負荷に対する追加の保護。
  • トレースの改善。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2024 年 4 月 25 日木曜日から、すべてのタイム ゾーンで午前 12 時から午前 5 時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア デバイスのアップデートは、2024 年 4 月 10 日水曜日に利用可能になります。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 4 月 10 日水曜日より、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 2024 年 4 月 24 日水曜日より、すべての地域で自動更新が有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン 1.0.0.15220 – 2024 年 3 月 20 日

機能強化と修正

  • コンサルト転送完了時の潜在的な競合状態を削除しました。
  • ボイスメール TUI 日付取得のメカニズムが更新されました。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2024 年 3 月 28 日木曜日から、各タイムゾーンの午前 12 時から午前 5 時までの間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア デバイスのアップデートは、2024 年 3 月 20 日水曜日に利用可能になります。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 3 月 20 日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 2024 年 3 月 27 日水曜日から、すべてのリージョンで自動更新が有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン 1.0.0.14710 – 2024 年 2 月 28 日

機能強化と修正

  • ACD セッションの正常な切断を妨げる可能性のある競合状態が排除されました。
  • SecureIVR 機能と併用した場合の外部転送の信頼性が向上しました。
  • 外部転送発生後の ACD ホールド記録抑制を改善しました。
  • 今後の機能をサポートするための変更。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2024 年 3 月 7 日木曜日から、各タイムゾーンの午前 12 時から午前 5 時までの間に行われます。

施設の更新の可用性

管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 2 月 28 日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 2024 年 3 月 6 日水曜日から、すべてのリージョンで自動更新が有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン 1.0.0.14480 – 2024 年 1 月 31 日

機能強化と修正

  • CPU の暴走状況に対する追加の保護。
  • メキシコ(es-MX)のコール分析モデルの更新。
  • 一部の当事者が同時に切断したコンサルト転送シナリオにおける通話切断の信頼性が向上しました。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2023 年 2 月 8 日木曜日から、各タイムゾーンの午前 12 時から午前 5 時までの間に行われます。

施設の更新の可用性

管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 1 月 31 日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 自動更新は、2024 年 2 月 7 日水曜日からすべてのリージョンで有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
Genesys は、メディア層バージョン 1.0.0.14300 で、記録するように構成されている場合に外部転送が失敗する可能性があるリグレッションを発見しました。 クラウド メディアとオンプレミス ハードウェア エッジの自動更新は無効になっています。

機能強化と修正

  • CPU の暴走状況に対する追加の保護。
  • メキシコ(es-MX)のコール分析モデルの更新。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2023 年 1 月 25 日木曜日から、各タイムゾーンの午前 12 時から午前 5 時までの間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア デバイスのアップデートは、2024 年 1 月 17 日水曜日に利用可能になります。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2024 年 1 月 17 日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 自動更新は、2024 年 1 月 24 日水曜日からすべてのリージョンで有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン 1.0.0.13890 – 2023 年 12 月 13 日

機能強化と修正

  • 大規模な組織にダイヤル プランが完全に読み込まれる前に、起動時に Edge 自体が通話を受ける準備ができていると宣言する可能性がある問題を解決しました。
  • トランク設定の優先発信者選択の発信元選択で、短い E.164 番号が許可されるようになりました。
  • 内部デバッグの改善
  • 音声認識結果で返された無効な UTF-8 文字の処理が改善されました。
  • ISO 国コード MK の表示名を更新しました。
  • 分析モデルの更新を呼び出して、1950Hzのマシントーンを検出します。

クラウドアップデートの可用性

クラウド メディア サービスの更新は、2023 年 1 月 4 日木曜日から、各タイムゾーンの午前 12 時から午前 5 時までの間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア デバイスのアップデートは、2023 年 12 月 13 日水曜日に利用可能になります。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023 年 12 月 13 日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
  • 2024 年 1 月 3 日水曜日より、すべての地域で自動更新が有効になります。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.13060 - 2023年10月18日

機能強化と修正

  • 分析モデルの更新を呼び出して、1950Hzのマシントーンを検出します。
  • 今後予定されているGMFコールのセットアップ時間の最適化のサポート

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年10月26日(木)以降、どのタイムゾーンでも午前12時から午前5時の間に行われる。

施設の更新の可用性

ハードウェア・デバイス向けのアップデートは2023年10月18日(水)に提供される。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年10月18日(水)より全地域で手動アップデートが可能。
  • 2023年10月25日(水)より全地域で自動アップデートが可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12914 - 2023年10月4日

機能強化と修正

  • 構内ハードウェアのエッジをOpenSSL 3にアップグレード。
  • リソースの最大消費により通話が切断される可能性のあるACDトラッキングの問題を解決しました。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年10月12日(木)以降、どのタイムゾーンでも午前12時から午前5時の間に行われる。

施設の更新の可用性

ハードウェア・デバイス向けのアップデートは2023年10月4日(水)に提供される。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年10月4日(水)より全地域で手動アップデートが可能。
  • 2023年10月11日(水)より全地域で自動アップデートが可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12872 - 2023年9月20日

機能強化と修正

  • アラートタイムアウト直前にACDコールに応答した場合の競合状態を解消。
  • 構内エッジで複数の電話トランクが存在する場合の電話プロビジョニングに関する問題が解決されました。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年9月27日(水)から各タイムゾーンで午前12時から午前5時の間に行われる。

施設の更新の可用性

ハードウェア・デバイス向けのアップデートは2023年9月20日(水)に提供される。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年9月20日(水)より全地域で手動アップデートが可能。
  • 2023年9月27日(水)より全地域で自動更新が可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12828 - 2023年8月30日

機能強化と修正

  • 今後の機能をサポートするための変更。
  • 録画を有効にした外部転送に関する問題を解決しました。
  • ASCII文字列として設定されたUUIの改行文字の使用を制限。
  • ハイブリッドメディアシナリオにおけるエッジのメモリ管理改善。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年9月7日(木)以降、どのタイムゾーンでも午前12時から午前5時の間に行われる。

施設の更新の可用性

ハードウェア・デバイス向けのアップデートは2023年8月30日(水)に提供される。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年8月23日(水)より全地域で手動アップデートが可能。
  • 2023年9月6日(水)より全地域で自動アップデートが可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12720 - 2023年7月26日
Genesysは、Media Tierバージョン1.0.0.12720において、録画設定時に外部転送に失敗するリグレッションを発見しました。 前提ハードウェアエッジの自動アップデートが無効になりました。

機能強化と修正

  • 安定性とパフォーマンスの向上。
  • 今後の機能をサポートするための変更。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年8月3日(木)から、どのタイムゾーンでも午前12時から午前5時の間に行われる。

施設の更新の可用性

ハードウェア・デバイス向けのアップデートは2023年7月26日(水)に提供される。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年7月26日(水)より全地域で手動アップデートが可能。
  • 2023年8月2日(水)より全地域で自動アップデートが可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12598 - 2023年6月21日
Genesysは、Media Tierバージョン1.0.0.12598において、一部の状況で音声が欠落するリグレッションを発見しました。 前提ハードウェアエッジの自動アップデートが無効になりました。

機能強化と修正

  • VXML式評価の改善。
  • a=ptime属性が指定されていない着信コールの互換性が改善されました。
  • ACDコールがACDキューで待機するようになりました。 もうボイスメールには残らない。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年6月29日(木)から、どのタイムゾーンでも午前12時から午前5時の間に行われる。

施設の更新の可用性

ハードウェア・デバイス向けのアップデートは2023年6月22日(木)に提供される。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年6月22日(木)より全地域で手動アップデートが可能。
  • 2023年6月29日(木)より全地域で自動更新が可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12516 - 2023年5月17日

機能強化と修正

  • ダイヤルプランのリフレッシュの信頼性を向上させました。
  • 構内エッジに登録されたPoly VVX電話機のリダイヤルに関する問題を解決しました。
  • Genesys Cloudと一部のCiscoハードウェア電話機との間の片方向音声の問題を解決しました。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年5月25日(木)より、各タイムゾーンで午前12時から午前5時までの間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア機器向けのアップデートは、2023年5月18日(木)に提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年5月18日(木)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
  • 2023年5月25日(木)より、全地域で自動更新が可能になりました。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12446 - 2023年5月3日

機能強化と修正

  • 中国国内のエッジを中国以外のエッジと同じサイトで使用する場合のサポートを改善しました。
  • 今後の機能をサポートするための変更。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年5月11日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェアデバイスのアップデートは2023年5月3日(水)に実施します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年5月3日(水)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
  • 2023年5月10日(水)より、全地域で自動更新が可能になりました。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12404 - 2023年4月19日

機能強化と修正

  • スピーチアナライザーイベントの精度を向上させました。
  • エッジコントロールのための安定性向上。
  • 2023 タイムゾーンコードとデータの更新。
  • 今後の機能をサポートするための変更。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年4月27日(木)より、各タイムゾーンで午前12時から午前5時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア機器向けのアップデートは、2023年4月19日(水)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年4月19日(水)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
  • 2023年4月26日(水)より、全地域で自動更新が可能になりました。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12378 - 2023年4月5日

機能強化と修正

  • ダイヤルストリングでtel to sipのエンコード文字に対応しました。
  • シグナリングイベントが廃棄可能なものとしてマークされ、配信できないケースでキューに入れなくなりました。
  • CPUに負荷のかかるIVRフローのループを防止するための改善。
  • 今後の機能をサポートするための変更。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年4月5日(水)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア機器向けのアップデートは2023年4月5日(水)に提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年4月5日(水)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
  • 2023年4月12日(水)から全地域で自動アップデートが可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12326 - 2023年3月22日

機能強化と修正

  • ブリッジ接続の前にルーティングされたエージェントへのACDリダイレクトを改善しました。
  • アーキテクトセキュアコールフローは、録音抑制フラグを尊重します。
  • 変更証明書の更新検証を更新しました。
  • メトリクスの関連属性にオペレーティングシステム名を追加しました。
  • Genesys Cloudのレスポンスに、メディアを無効化したときの電話イベントを含めるように改善しました。
  • 今後の機能に対応するためのマイナーチェンジ。

クラウドアップデートの可用性

クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年3月22日(水)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

施設の更新の可用性

ハードウェア機器向けのアップデートは、2023年3月22日(水)に提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

  • 2023年3月22日(水)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
  • 2023年3月29日(水)から全地域で自動アップデートが可能に。
  • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
バージョン1.0.0.12232 - 2023年3月1日

機能強化と修正

  • UPDATEセッションリフレッシュ受信時のRemote Caller IDの取り扱いを改善しました。
  • ユーザー転送がInbound Siteを使用してルーティングされるようになりました。
  • 会議中に画面録画が有効な場合のログ取得を改善しました。
  • DTLSハンドシェイクのタイムアウトを改善しました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年3月8日(水)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2023年3月1日(水)より提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2023年3月1日(水)より、全地域で手動更新が可能です。
    • 2023年3月8日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.12166 - 2023年2月15日

    機能強化と修正

    • 将来の機能に対応するためのマイナーチェンジ。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年2月22日(水)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2023年2月15日(水)より提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2023年2月15日(水)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
    • 2023年2月22日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.12072 - 2023年1月4日

    機能強化と修正

    • 通話失敗時のファストビジー時間を短縮しました。
    • 画面録画の診断機能を追加しました。
    • 今後の機能に対応するためのマイナーチェンジ。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年1月11日(水)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2023年1月4日(水)より提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2023年1月4日(水)より、全地域でマニュアルアップデートが可能です。
    • 2023年1月11日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.12024 - 2022年12月14日

    機能強化と修正

    • コンサルティング・トランスファーの記録シナリオの取り扱いを改善しました。
    • 今後の機能に対応するためのマイナーチェンジ。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2023年1月4日(水)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年12月14日(水)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年12月14日(水)より、全地域で手動更新が可能です。
    • 2023年1月4日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11920 - 2022年11月30日

    機能強化と修正

    • 今後の機能に対応するためのマイナーチェンジ。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2022年12月1日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年11月24日(木)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年11月24日(木)より、全地域で手動更新が可能です。
    • 2022年11月30日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11866 - 2022年10月26日
    Genesys は、Media Tier バージョン 1.0.0.11866 で、クラウドメディアに関連するリグレッションを発見しました。 このビルドでは、クラウドメディアサービスと構内ハードウェアエッジの自動更新は有効になりません。

    機能強化と修正

    • スペイン語(メキシコ)(es-MX)用の通話分析モデルを更新しました。
    • ポルトガル語(ブラジル)用通話分析モデル更新(pt-BR) 

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2022年11月3日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年10月26日(水)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年10月26日(水)より、全地域で手動更新が可能です。
    • 2022年11月2日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11714 - 2022年9月8日

    機能強化と修正

    • 米国向け通話分析モデル更新(es-US)。  

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2022年9月15日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年9月8日(木)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年9月8日(木)より、全地域で手動更新が可能です。
    • 2022年9月15日(木)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11586 - 2022年8月4日

    機能強化と修正

    • IVRスクリプトまたは他のVXMLコールフローが開始する転送は、IVRが発信者からのインタラクションを受け取ることなく行われるため、自動転送とみなされ、コールループ検出アルゴリズムに含まれるようになりました。  

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2022年5月19日木曜日から、すべてのタイムゾーンで午前12:00から午前5:00の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年6月29日(水)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年8月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11586 - 2022年8月4日

    機能強化と修正

    • 発信者名抑制をシステムが断続的に無視する問題を解決しました。  
    • クラウドメディアコントロールのアップグレード後、電話が使えなくなる問題を解決しました。
    • OpenSSL 1.1.1pに更新しました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2022年8月11日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年8月4日(木)より提供されます。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年8月4日(木)より全地域で手動更新が可能です。
    • 2022年8月11日(木)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11540 - 2022年7月20日
    Genesysは、構内ハードウェアエッジのSIPセッションタイマーに関連するMediaTierバージョン1.0.0.11540のリグレッションを検出しました。 構内ハードウェアエッジの自動更新は有効になりません。

    機能強化と修正

    • TUIアクセス時のセキュリティを強化しました。 TUIからボイスメールを取得する際に、発信元アドレスがその局に関連するユーザーのものであることをシステムが確認するようになりました。
    • ホールドシナリオのキャリア互換性を改善しました。 保留中の通話シナリオでメディアなしのセッション記述プロトコル(SDP)応答形式は、RTPポート範囲内のランダムなポート番号と0.0.0.0のIPアドレスを使用するようになりました。
    • OpenSSLを1.1.1pに更新しました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2022年7月28日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年7月20日(水)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年7月20日(水)より、全地域で手動更新が可能です。
    バージョン1.0.0.11510 - 2022年6月29日

    機能強化と修正

    • メディア層での重複操作により、システムがDTMF桁を落とさないようにするために提供される追加の解決策。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスのアップデートは、2022年7月7日(木)から各タイムゾーンで午前12時~午前5時の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器向けのアップデートは、2022年6月29日(水)より提供開始します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年6月29日(水)より、全地域で手動更新が可能です。
    • 2022年7月6日(水)より全地域で自動アップデートを有効にしました。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11464–2022年6月15日

    機能強化と修正

    • バージョン1.0.0.11432で導入された構内ハードウェアエッジのリグレッションを解決しました。 バージョン1.0.0.11432のすべての機能拡張と修正は、バージョン1.0.0.11464に含まれています。
    • 日本語(ja-JP)の通話分析モデルの更新。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2022年6月23日木曜日から、すべてのタイムゾーンで午前12:00から午前5:00の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2022年6月15日水曜日に利用可能になりました。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年6月15日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
    • 2022年6月22日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11432 - 2022年6月1日
    Genesys は、Media Tier バージョン 1.0.0.11432 で、構内ハードウェアエッジに関連するリグレッションを発見しました。 このビルドでは、クラウドメディアサービスと構内ハードウェアエッジの自動更新は有効になりません。

    機能強化と修正

    • ボイスメールに電話を転送する際に、一貫した結果が得られないという問題を解決しました。
    • 1950Hzの機械音を検出するための通話分析モデルの更新。
    • Global Media Fabric Phase 2 に対応した呼制御をサポート(将来リリース予定)。

    施設の更新の可用性

    ハードウェア機器の手動アップデートは、2022年6月1日(水)より提供します。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年6月1日(水)より全地域で手動更新が可能です。
    バージョン1.0.0.11348–2022年5月11日

    機能強化と修正

    • GenesysCloudのお客様がサードパーティのIVRにアウトバウンドコールを行う場合に発生する問題が解決されました。
    • 特定の成功したHTTPリクエストがエラーとしてログに記録される問題を解決しました。
    • FIPSモードで動作している場合の暗号化されていないsasfファイルの問題が解決されました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2022年5月19日木曜日から、すべてのタイムゾーンで午前12:00から午前5:00の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2022年5月11日水曜日に利用可能になりました。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年5月11日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
    • 2022年5月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11280–2022年4月20日

    機能強化と修正

    • トルコ語(tr-TR)のコール分析モデルの更新。
    • 米国(en-US)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • ダイジェスト認証の問題を解決しました。
    • OpenSSL1.1.1nに更新されました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2022年4月28日木曜日から、すべてのタイムゾーンで午前12:00から午前5:00の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2022年4月20日水曜日に利用可能になりました。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年4月20日水曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
    • 2022年4月27日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11160–2022年3月30日
    このリリースノートの発表は後日です。

    機能強化と修正

    • ステーション構成中のユーザーアソシエーションの削除に関する問題を解決しました。
    • LexBot統合の問題を解決しました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2022年3月24日木曜日から、すべてのタイムゾーンで午前12:00から午前5:00の間に発生しました。

    施設の更新の可用性

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2022年3月18日金曜日に利用可能になりました。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2022年3月18日金曜日から、すべての地域で手動更新が可能になります。
    • 2022年3月23日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.11106– 2022年2月23日

    機能強化と修正

    • FedRAMP互換性と改善された診断メトリックのメンテナンスリリース。

    クラウドとプレミスの更新の可用性

    Genesysは、LexBot統合に関連するMediaTierバージョン1.0.0.11106でリグレッションを検出しました。 自動更新が無効になっています。
    バージョン1.0.0.10984– 2022年1月5日

    機能強化と修正

    • 分析モデルの更新を呼び出して、1500Hzのマシントーンを検出します。
    • RFC7616に基づく以前のHTTPダイジェスト認証修正との下位互換性の問題を解決しました。
    • HTTPキャッシュファイルのクリーニングに関する潜在的な問題を解決しました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2022年1月13日木曜日から、すべてのタイムゾーンで午前12:00から午前5:00の間に行われます。

    施設の更新の可用性

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2021年12月15日水曜日に利用可能です。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2018年2月7日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年1月6日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.10922– 2021年12月15日

    機能強化と修正

    • システムのリバランス時にPolycom、AudioCodes、およびSIPソフトフォンデータを更新する機能が追加されました。
    • 分析モデルの更新を呼び出して、1500Hzのマシントーンを検出します。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2021年1月5日水曜日の午前12時から午前5時の間に行われます。 

    施設の更新の可用性

    Genesysは、以前に導入されたプレミスエッジのダイジェスト認証リグレッションの解決に取り組んでいます。 構内Edgeアプライアンスの自動更新は引き続き無効になっています。

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2021年12月15日水曜日に利用可能です。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2017年12月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.10886– 2021年12月1日

    機能強化と修正

    • VXMLセッション制限ロジックの改善。
    • スペイン(es-ES)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • 短い画面の記録が破棄される問題を解決しました。
    • ICUタイムゾーンデータベースを2021a1、2021a2、および2021a3に更新しました。
    • HTTPダイジェストアクセス認証への準拠を更新しました(RFC2617からRFC7616への準拠を拡張しました)。
    • FedRAMP環境でFIPSをサポートする機能が追加されました。
    • OpenSSLを1.1.1lに更新しました。

    クラウドアップデートの可用性

    クラウドメディアサービスの更新は、2021年12月8日水曜日の午前12時から午前5時の間に行われます。 

    施設の更新の可用性

    Genesysは、以前に導入されたプレミスエッジのダイジェスト認証リグレッションの解決に取り組んでいます。 構内Edgeアプライアンスの自動更新は引き続き無効になっています。

    ハードウェアデバイスのアップデートは、2021年12月1日水曜日に利用可能です。 管理者は特定の設定を選択できます 更新スケジュール また 手動更新を実行する

    • 2017年12月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    バージョン1.0.0.10776– 2021年11月3日

    手動および自動更新の有無

    Genesysは、ダイジェスト認証に関連するEdgeおよびMediaTierバージョン1.0.0.10776のリグレッションを検出しました。 自動更新が無効になっています。

    機能強化と修正

    • HTTPダイジェストアクセス認証への準拠を更新しました(RFC2617からRFC7616への準拠を拡張しました)。
    • ICUタイムゾーンデータベースを2021a1に更新しました。
    • OpenSSLを1.1.1lに更新しました。
    バージョン1.0.0.10634– 2021年10月6日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月11日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年10月14日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • さまざまなパフォーマンスの改善と最適化。
    • 将来のGenesysCloud機能リリースの機能変更。
    バージョン1.0.0.10590– 2021年9月22日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年9月8日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • WebRTC電話と物理電話の間の一貫性のない動作が解決され、両方がミュートされたときにDTMF信号を送信するようになりました。
    • Genesys CloudVoiceおよびBYOCCloudのPolycomSoundStationIP7000ハードウェア電話のサポートを削除しました。 IP7000は、現在の最小暗号化要件と互換性がありません。
    バージョン1.0.0.10532– 2021年9月1日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年9月8日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 中国(zh-CN)のコール分析モデル更新。
    バージョン1.0.0.10478– 2021年8月11日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年8月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • Edgeアプライアンスのシャットダウン中の診断ログの改善。
    • TLS対応のBYOCクラウドトランクを介した転送試行中に通話が切断されるというキャリアの互換性の問題が解決されました。
    バージョン1.0.0.10384– 2021年7月14日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年7月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 再起動するまで会社のディレクトリの変更が有効にならない可能性があるプレミスエッジの問題を解決しました。 
    • 部分的なSITシーケンスの誤検知を修正するために、英国の分析モデルの更新を呼び出します。 この問題は、以前のリリースで他の国で解決されました。
    バージョン1.0.0.10316– 2021年6月23日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年6月30日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 持続的接続のエージェントが着信コールのアラートを受信してコールを拒否し、コールをキューに残した場合に発生する問題が解決されました。
    • WebRTCベースのエージェントが着信コールのアラートを受信してコールを拒否し、コールをキューに残した場合に発生する問題が解決されました。
    • 構内エッジにGenesysCloudSTUNアドレスを追加しました。 EdgesはSTUNリクエストをGenesysおよびGoogleSTUNサーバーに送信するようになりました。 最初に応答したものが使用されます。
    • エッジがより多くのコールボリュームでACDインタラクションを拒否する問題を解決しました。
    • ボイスメールPINの収集と処理の改善。
    • フェッチが失敗した後、トランク構成がエッジに適用されない問題が解決されました。
    バージョン1.0.0.10250– 2021年6月9日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年6月16日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 分析モデルの更新を呼び出して、英語(英国)(en-GB)を除くすべての言語地域の部分的なSITシーケンス(2トーン)の誤検知を解決します。これは、将来のリリースで解決される予定です。
    • リソースフェッチの最適化。
    バージョン1.0.0.10206– 2021年5月26日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月21日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年6月2日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • エッジのシャットダウン中に発生する例外を解決しました。
    • Edgeは、文字起こしおよびエージェントアシストモニターセッションの再接続を有効にするようになりました。
    • ポーランド(pl-PL)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    バージョン1.0.0.10172– 2021年5月14日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 自動会議スタンドアロン電話の既知の問題のため、このバージョンでは自動更新は有効になりません。

    機能強化と修正

    • 安全な一時停止中の非リアルタイムトランスクリプションの問題が解決されました。
    • 特定の電話会社で使用した場合に、リンクトランクの解放機能を使用して、通話転送中にEdgeが転送側を切断しない問題が解決されました。
    • Viaヘッダーフィールドの構成が正しくないために、応答を送信する前にTCPまたはTLS接続が切断された場合に発生する問題が解決されました。
    • ECMモードでFAXを受信する際の問題が解決されました。
    • エッジのシャットダウン中に発生するエラーを修正しました。 
    • コールバック接続タイムアウトの問題を解決しました。
    • プロンプトプレイが失敗する原因となった競合状態を解決しました。
    バージョン1.0.0.10054– 2021年4月14日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年4月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 最初の Edge が ACD セッションの特定のしきい値に達した場合、システムは新しい着信コールを Edge から別の Edge にルーティングし直します。
    • キューからのコールバックに、プログラム ID と書き起こし設定が含まれていなかった問題を解決しました。
    • まれに実行される失敗パスの SIP トランシーバーのエラー処理コードに関する問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.9982– 2021年3月24日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月21日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年3月31日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • システムが新しいアテンド転送を試みたときに、キューで未完了のアテンド転送がスタックする問題が解決されました。
    • VoiceXML ドキュメントに追加の Web サービス データ ディップ レスポンス メタデータを提供し、Architect のコール フロー ルーティングを改善。
    • 記録が停止した場合でも、通話が外部番号に転送された後、通話の書き起こしが続くという問題が解決されました。
    • コール・セッション・サービスでテナント管理を容易にするために、tenant_configをmgmt_siteからmgmt_tenantに移動。
    • 2021年1月のタイムゾーンデータを更新しました。
    • 構内エッジアプライアンスのTTS発音改善。
    バージョン1.0.0.9882– 2021年2月24日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月21日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年3月3日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 安全な一時停止中に転写が継続した問題を解決した。
    • システムは、着信通話中または着信通話に追加されたユーザー間の情報(UUI)を、有人転送中に宛先に渡すようになりました。
    • 日本向けコール分析モデルの更新(ja-JP)。
    • 中国(zh-CN)のコール分析モデル更新。
    • メディア・プロセス・バランシングの改善。
    バージョン1.0.0.9796– 2021年2月3日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月7日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年2月10日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 標準 V1 および標準 V2 ハードウェア Edge アプライアンス用の RAID コントローラファームウェアを更新。
    • クラウド・メディア・サービスのお客様向けに、同時IVRセッションの拡張を改善。
    • 施設エッジの生存可能性チェックの強化。
    • 診断ダンプ ファイル処理の最適化。
    • スクリーン記録で特定の条件が満たされた場合、メモリリークの可能性を解消しました。
    バージョン1.0.0.9738– 2021年1月15日

    手動および自動更新の有無

    Genesysは、サードパーティのTTSを使用したBYOC施設展開について、Edgeおよびメディア層バージョン1.0.0.9738の回帰を発見しました。
    • すべての地域の手動更新は(以降)利用できますが、サードパーティTTSを使用しない導入の場合のみ可能です。
    • 自動更新はすべてのデプロイに対してキャンセルされます。
    • 新しいEdgeおよびメディア層バージョンは、すべての導入で間もなく利用可能になります。

    機能強化と修正

    • ユーザーに対して複数の通話転送番号が設定されている場合に生じる問題を解決しました。
    • カスタムエージェントプロンプトがない場合に、エージェントへの着信呼び出しがTTSを使用してエージェントの名前を再生することに戻らない場合に、さまざまな言語で発生する問題が解決されました。
    • 発信通話が進行中で、発信通話が接続されているときに保留中の転送が失敗すると、ブラインド転送中に発生する問題が解決されました。
    • 日本向けコール分析モデルの更新(ja-JP)。
    • サードパーティ TTS プロバイダによるバージイン処理の改善。
    • サードパーティTTSサポートの改善。
    • 自動スケール イベント中のデータおよびリソースの更新が改善されました。
    • 低速非同期TCP接続操作の処理が改善されました。
    • 発信通話の「全サイト」統計が適切に収集されないようにする問題が解決されました。
    バージョン1.0.0.9650– 2020年12月9日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年12月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年1月6日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
    自動更新は、通常、手動で1週間使用可能になると開始されます。 休日スケジュールのため、バージョン1.0.0.9650の手動による利用可能期間の延長を提供します。

    機能強化と修正

    • テレフォニーの管理者は、新しい [Capture Until] フィールドで Edge トランク メディア キャプチャの時間を指定できるようになりました。これにより、ディスク領域が無期限に消費されなくなります。
    • タップリソースの問題を解決しました。
    • サードパーティ統合のセッション変数に関する問題を解決しました。
    • スケジュール選択の問題を解決しました。
    • エラー処理の改善。
    • で解決された問題 外部トランクの[Continue on External Bridged Transfer]設定。
    バージョン1.0.0.9556– 2020年11月11日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年11月08日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年11月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • システムユーティリティのコールアウトは、単調な時間を使用するようになりました。
    • RAIDファームウェアバージョン3.0に更新。
    バージョン1.0.0.9504– 2020年10月21日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月25日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年10月29日木曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
     メモ:   このバージョンリリースの手動更新と自動更新は、水曜日ではなく木曜日に行われます。

    機能強化と修正

    • メキシコ(es-MX)のコール分析モデルの更新。
    • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
    • ビデオチャットクライアントのリモートエンドポイントが最初のオファーを行うときに発生する、ビデオトラックのオファーの処理に関する問題を解決しました。
    • クラウド SIP からメディア・サービスへの最適化された初期接続。
    バージョン1.0.0.9458– 2020年10月7日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月11日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年10月14日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • エージェント コーチングの問題を解決しました。
    • Firefox ユーザーの WebRTC ICE の問題を解決しました。
    • 標準 V3 モデル用の RAID コントローラファームウェアアップデート。
    バージョン1.0.0.9432– 2020年9月23日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年9月30日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • システムは、誤って設定された正規化シナリオでコールループを検出して防止します。
    • 電話から電話をかける際に、間違った発信者名が表示される問題を解決しました。
    • ボイスメールの言語チェックの問題を解決しました。
    • メキシコ(es-MX)のコール分析モデルの更新。
    • rtp レシーバによるメモリ性能の向上。
    • AES暗号化の最適化。
    バージョン1.0.0.9284– 2020年8月5日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年8月13日木曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
     メモ:   このバージョンリリースの手動更新と自動更新は、水曜日ではなく木曜日に行われます。

    機能強化と修正

    • 2つの新しいFactory Resetメニューオプションが追加されました。
    • LCDメニューオプションがない問題が解決しました。
    • ドリフトの割合が範囲外の場合にメディアログで発生するエラーを解決しました。
    バージョン1.0.0.9236– 2020年7月22日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月21日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年7月29日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ファイナライズされていないレコーディングが発生する問題を解決しました。
    • ときに発生する問題を修正しましたステーションするために送られたセキュア IVR例外で、その結果、ピックアップされていません。
    • ファイルシステムの暗号化キーが定期的にチェックされ、期限切れにならないようになりました。
    • 不要なログ警告トレースを削除しました。
    バージョン1.0.0.9126– 2020年6月10日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年6月17日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • コンサルトが別のエージェントにルーティングされている間にエージェントが電話を切ると発生するコンサルト転送の問題が解決され、すべての通話者が電話を切るまで、追加の通話がキューに表示されます。
    • ネットワークケーブルを切断して再接続した後、TCPおよびTLSトランクがアクティブと表示されるまでに最大1時間かかる問題が解決しました。
    • 2020年4月のタイムゾーンデータを更新しました。
    バージョン1.0.0.9106– 2020年5月27日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年6月3日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 改善されたダイヤル プランアウトバウンドコールのエラー報告のため。
    • 通話がまだ接続されているときに60秒後にリングバックトーンの再生が停止する問題が解決しました。
    • ダイアログとDTMF文法間を移行する際のDTMFディジットの二重検出に関する問題が解決しました。
    • 近端NATトラバーサル(NENT)が使用されている場合に、SIPモジュールのViaヘッダーフィールドにポート番号がないという問題が解決しました。
    • の地域検索データを更新しました 。
    バージョン1.0.0.9056– 2020年5月14日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年5月21日木曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
     メモ:   このバージョンリリースの手動更新と自動更新は、水曜日ではなく木曜日に行われます。

    機能強化と修正

    • Edgeバイナリのコンパイラバージョンを更新しました。
    • HTTPクライアントのトランザクション解決タイムアウトの問題を。
    バージョン1.0.0.8974– 2020年4月15日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年4月22日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • オンプレミスベースのエッジデバイスでローカルに実行されているデバイス更新サービスのレポートが改善されました。
    • コール分析状態エンジンが留守番電話をビープ音を待ちながらライブスピーカーとして検出する問題を解決しました。
    • トルコのコール分析モデルの更新(tr-TR)。
    • チリ(es-CL)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • 解決済みDNSルックタイムアウトの問題。
    • ダイアログ処理が停止したときに発生する解決された競合状態。
    • 通常の再生速度よりも速く影響するピッチ修正の問題を解決しました。
    • キャッシュ更新通知メカニズムの改善。
    バージョン1.0.0.8904– 2020年3月18日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月21日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年3月27日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
     メモ:   このバージョンリリースの手動更新と自動更新は、水曜日ではなく木曜日に行われます。

    機能強化と修正

    • PCVおよびBYOCクラウド実装の場合、WebRTCコールはリモートホスト候補をプローブしなくなりました。
    • 変更問題を修正しました回線の外観のIDは電話がプロビジョニングおよび/または登録を失うことになります。
    • Media Server文法マネージャーは、異なるベースURIを持つ同一の文法に対して同一のハッシュ値を返すようになりました。
    • 良好な通話品質条件で低スコアを引き起こすMOSスコアリングの問題を解決しました。
    • ICE候補フラグメントが無効半ば使用問題を修正しました属性値を。
    • WebSocketプロトコルのクライアント側の実装が接続閉鎖を正しく処理しなかった問題を解決しました。
    • TCPおよびTLS接続エラー処理の問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.8826– 2020年2月12日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月7日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年2月21日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。
     メモ:   このバージョンリリースの手動更新と自動更新は、水曜日ではなく木曜日に行われます。

    機能強化と修正

    • グループ通話がボイスメールに送信されるときに切断される可能性がある問題を解決しました。
    • VXML例外処理の改善。
    • IVRフローメモリフットプリントの最適化。
    • コール分析の例外処理の改善。
    • 2020年1月の地域検索データを更新しました。
    バージョン1.0.0.8734– 2020年1月15日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年2月21日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • エッジは一貫性正規化とルートがかどうかに応じて、302のリダイレクト応答をSIP問題を修正しましたユーザーのファックスを有効にするか無効にします。
    • アップグレードサイクルが完了したときに、エッジステータスページのステータス表示に1つ以上のコールが表示されたままになる問題を解決しました。
    • 接続を使用するすべてのアクティブな要求が完了するまでTCP接続を維持できるように、遅延TCP / TLS SIPプロトコル応答の復元力を追加しました。
    • Linuxルーティング条件を解決しました。
    • VLANインターフェイスの状態を解決しました。
    • すべての電話トランクのデフォルトセキュリティメソッド値をTLSv1.2に更新しました。
    • 日本向けコール分析モデルの更新(ja-JP)。
    • TCPまたはTLS接続のクローズ中に発生する競合状態を解決しました。
    バージョン1.0.0.8670– 2019年12月4日

    Genesysは、オンプレミス展開のEdgeおよびMedia Tierバージョン1.0.0.8670で回帰を発見しました。 回帰は、クラウド展開(Genesys Cloud Voice および BYOC Cloud)には影響しません。
    • Genesysは、オンプレミス展開の自動更新を停止しました .
    • 既にバージョン1.0.0.8670にアップグレードされたオンプレミス展開は、そのままにすることを選択できます。
    • バージョン1.0.0.8670は、クラウド展開のアクティブな自動更新バージョンのままです。
    • 新しいエッジおよびメディア層バージョンは、クラウドとオンプレミスの両方の展開のために、新年の後に利用可能になります。

    手動および自動更新の有無

    • Genesysは、すべての地域で、 .
    • Genesys 、上のすべての地域で自動更新を有効にしました 、ただし、オンプレミス展開の自動更新を停止しました .
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • WebRTC電話トランクのデフォルトセキュリティメソッド値をTLSv1.2に更新しました。
    • ときに、リモート呼び出し側がリングバックが聞こえていない解決族リングの問題ステーション応答183及びSDPと。
    • ボイスメールにルーティングされたインバウンド音声コールに対して、ボイスメールアプリケーションがファクス検出を正しく処理しない問題を解決しました。
    • speakTo変更どこコールの問題を解決しまし相談相手両当事者がお互いに話している間、演奏保留音で結果を。
    • 日本向けコール分析モデルの更新(ja-JP)。
    バージョン1.0.0.8606– 2019年11月13日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年11月08日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年11月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ポリコム VVX 150、250、350、および 450 モデルの管理電話サポートが追加されました。
    • ボイスメール アプリケーションがユーザーボイスメールをクラウドにアップロードできない問題を解決しました。
    • 特定のデバイスが SDP オファー/アンサー交換の電話イベントの適切なサンプル レートを選択しないリグレッションを解決しました。
    バージョン1.0.0.8562– 2019年10月30日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月11日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年11月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 関連するステーションがない場合、ユーザーがファックスを受信できないという問題を解決しました。
    • REINVITEが外部に送信される問題を修正しましたトランクパブリックIPアドレスを持つINVITE Contactヘッダーを移入するために失敗しました。
    • の地域検索データを更新しました 。
    バージョン1.0.0.8534– 2019年10月16日

    手動および自動更新の有無

    Genesys先に公表のエッジとメディアティアバージョン1.0.0.8534をリリーススケジュール 。 実際の展開日は、すべての地域で手動で更新されました。 2019年10月11日およびすべての地域の自動更新: 2015 年 10 月 16 日

    機能強化と修正

    • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
    • エンドポイント待機、無音、および活動検出における競合状態を解決しました。
    • 同期されていないアクセスによる不定期の障害を解決するために、同期ポイント コードを更新しました。
    • HTTP モジュールを更新し、PUT および POST 要求本文の gzip/deflate コンテンツ エンコーディングをより便利にサポートしました。
    • WebSocket 接続の内部タイミングの問題が解決されました。
    • バージョン 1.0.2t に OpenSSL を更新しました。
    • エッジの起動時間を最小限に抑えるために、同時リソース フェッチを増やしました。
    • 2020年4月のタイムゾーンデータを更新しました。
    バージョン1.0.0.8470– 2019年9月18日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年9月8日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 転送中に通話が切断される問題を解決しました。
    • HTTPモジュールを更新して、HTTPクライアントアプリケーションのリクエスト本文のコンテンツエンコーディングをより便利にサポートするようにしました。
    • すべてのパラメーターをオプションにするHTTPチャレンジ文法に、RFC 7235の最近の変更のサポートを追加しました。
    バージョン1.0.0.8450– 2019年9月4日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年9月8日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ACD_WAIT シナリオで問題を解決しました。
    • 様々な最適化。
    バージョン1.0.0.8424– 2019年8月21日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年8月16日(米国東部時間)にUS-Eastリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • GenesysブランドのAudioCodes 405、405HD、および420HD電話のサポートが追加されました。
    • 元のエージェントがコールを切断しても、ACDキューのコールが終了しない問題を解決しました。
    • VoiceXMLテキストプロンプトの絵文字(およびビット値が高い他の非ASCII文字)がLinuxマシンでエラーを生成する問題を解決しました。
    • プロキシトンネルを介して送信されたHTTP要求が予想よりも早くタイムアウトエラーで失敗する問題を解決しました。
    • サーバーが暫定応答を返したときにHTTPパイプラインの抑制が機能しない問題を解決しました。
    • PUTおよびPOSTリクエストの失敗がタイムリーに発信者に通知されない問題を解決しました。
    • HTTPモジュールが要求で100連続期待値を使用する方法を改善しました。
    • 破損したHTTP応答を防止するためにHTTPモジュールを改善しました。
    バージョン1.0.0.8342– 2019年7月24日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年7月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 転送AAIのURIエンコードおよびデコードがプラスをスペースに変換する問題を解決しました。
    • WebRTC一方向オーディオのICE接続チェックの改善
    • 2020年1月の地域検索データを更新しました。
    • 競合状態が原因でトランスポートマネージャのシャットダウンが断続的に失敗する問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.8312– 2019年7月10日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年7月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • Genesys Cloudユーザーが組織外のサードパーティをアドホック会議に追加し、トランクのアドレスオーバーライド方法が[未割り当てのDID]に設定されていても、サードパーティがGenesys Cloudユーザー拡張を見たときに発生する問題を解決しました。
    • Edgeのアウトオブサービスおよびインサービス状態の変更とコールの排出を改善しました。
    • 誤ったアルゼンチンの市区町村検索を解決しました。
    • 再送信されたSIP要求で発生する解決されたSIPクライアントトランザクションテーブル更新の問題。
    • WebSocketサーバーコードのエラー処理の改善
    • クラウドからの予期しない応答に対するキャッシュロックの可能性を排除しました。
    バージョン1.0.0.8276– 2019年6月19日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年6月16日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 長時間実行タスクでの呼制御の応答性に関する問題が解決されました。
    • トランクイーサネットリンクを使用してEdgeを再起動すると、OPTIONSおよびREGISTERSエラーが発生するという解決済みの問題。
    • メディアファイルのアップロードが大幅に遅れることがある問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.8250– 2019年6月12日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年6月16日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • システムが持続的に接続されたリモートステーションがグループリング呼び出しに応答することを許可しなかった問題を解決しました。
    • リングバックが外部ブリッジ転送で意図したように機能しなかった問題を解決しました。
    • VoiceXMLのfetchaudiodelayプロパティが意図したとおりに動作していなかった問題を解決しました。
    • すべてのネットワークインターフェイスにスタティックアドレスが設定されているとStandard V3 Edgeデバイスに影響を及ぼす可能性がある問題を解決しました。
    • 絵文字がになる問題を解決しました <prompt> elementを指定すると、Linux上のVoiceXMLインタープリターは文書終了エラーを発行します。
    • 不要なSystemDの再起動を回避するために、SystemDのステータスをポーリングするための許容応答時間が長くなりました。
    • 存在しないtap_recorder_options()メソッドを修正するためにline_outgoing.ccxmlファイルを更新しました。
    • Edgeコントロールの再起動時に孤立したメディアリソースをクリーンアップするためのロジックが改善されました。
    • からJSONデータが返されることを保証 <data> elementは意図しないECMAScriptコードを実行しません。
    • スペイン(es-ES)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • ペルー(es-PE)の解析モデルの更新を呼び出します。
    • コールが応答された後コール分析が誤検知のファックスCEDトーンを検出した問題を解決しました。
    • 未使用のリソースを検出するためにメディアコードにロジックを追加しました。
    • EdgeはTLS接続の再利用を完全にサポートします。
    • TCPおよびTLS接続を介して送信される改善されたSIPメッセージ再送信。
    • 特定の配信確認通知が送信者に返される500ステータスコードになるという問題を解決しました。
    • TCPおよびTLS接続を介した大規模SIPメッセージに対するSIPライブラリサポートの改善。
    • 低レベルのタイマーの改善
    • UDPリスナーの「閉じる」操作の信頼性が向上しました。
    • Genesys Cloud WebRTCは、DTLS 1.2をサポートするようになりました。
    • OpenSSLをバージョン1.0,2sに更新しました。
    バージョン1.0.0.8182– 2019年5月22日
    GenesysはEdge and Media Tierバージョン1.0.0.8182で回帰を検出しました。 Edge and Media Tierバージョン1.0.0.8250がバージョン1.0.0.8182を置き換え、そのバージョンからの機能強化および修正を含みます。
    バージョン1.0.0.8160– 2019年5月8日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • すべての地域で自動更新が有効になります 。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • コンタクトヘッダのないトランクREGISTER応答によって、そのトランクと他のトランクがREGISTER要求をキャンセルするためにインターフェイスを共有していた問題が解決されました。
    • RFC 5923で規定されているTLS接続の再利用のサポートを追加しました。
    • の地域検索データを更新しました 。
    • タイマークラスの実装を改善しました。
    • タイムゾーンデータを更新しました。
    バージョン1.0.0.8112– 2019年4月10日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年4月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • Polycom Trio 8500会議電話のサポートを追加しました。
    • Standard V2ハードウェアエッジでNICアダプタ設定が変更されたときのスタティックルート処理が改善されました。
    バージョン1.0.0.8038– 2019年3月20日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年3月27日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • どの保留音楽を再生するかを決定するためにシステムが使用する呼び出し言語検出ロジックが改善されました。
    • ハードウェアフォンによって開始された転送の信頼性が向上しました。
    • Edge to Cloud接続の安定性が向上しました。
    • プロセス管理の改善
    • 代替のspeakTo転送中にエラーを引き起こす可能性があるコール制御スクリプトの構文の問題を解決しました。
    • 別の転送を中断する転送によって転送ダイアログが失敗を返し、予期しないコールフローが発生するという問題が解決されました。
    • ロギングおよび分析データに対する分岐したINVITE要求の処理が改善されました。
    • システムがSIP構文の代わりにHTTP構文を使用してヘッダーフィールドパラメータ値を解析する問題を解決しました。
    • 対応する応答が返送される前に、接続(TCPまたはTLS)を介して受信されたSIP要求がクローズされる状況の処理の改善
    • OpenSSLをバージョン1.0.2rに更新しました。
    バージョン1.0.0.7980– 2019年2月27日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月7日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年3月27日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • サポートされているハードフォンモデルからのコンサルト転送アクションで、エージェントが転送ボタンを押した後に期待どおりに転送を完了できない問題を解決しました。
    • カーネルがこの機能を提供する場合、Edgeは設定時にシステム時間をCMOSに節約
    • 通話相手の相手XTXYが通話をブラインド転送しようとしたときに、通話が正しく終了しないCCXMLコードの構文エラーを修正しました。
    • Edgeが2回目の転送を実行するために転送中にコールをトリガーしたときに発生する可能性がある問題を解決しました。 この状況では、最初の転送が切断され、予期しないコールフローが発生する可能性があります。
    • 南アフリカ(en-ZA)の解析モデルの更新を呼び出します。
    • 2020年1月の地域検索データを更新しました。
    • プロセス管理の改善
    バージョン1.0.0.7920– 2019年2月13日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月7日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年2月21日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 分岐されたINVITE中に外線通話で一方向の音声が聞こえる、または音声が聞こえない問題が解決しました。
    • Genesys QoSドライバ証明書を更新しました。
    バージョン1.0.0.7882– 2019年1月30日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年2月21日金曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • In / Out of ServiceコマンドのEdge処理が改善されました。
    • 別の転送を中断する転送によって転送ダイアログが失敗を返し、コールフローが誤った結果を提供するという問題を解決しました。
    • 組織の機能が有効になった後の最適化された静的リソース取得。
    • Edgeが過度に大きいインターフェイスアダプタのリストを使用してクラウドクエリに応答していた問題を解決しました。 Edgeは機能的なアダプターの限定されたリストを送信します。
    • 個人用ボイスメールグリーティングおよび名前プロンプトの最大録音時間が20秒から60秒に増えました。
    • MIMEデータを含むSDPを含むインバウンドINVITEが480 SIP応答コード(一時的に利用不可)で失敗する問題を解決しました。 それ以降の再試行は同じ理由で失敗しました。 システムは488 SIPレスポンスコードを返すようになりました。
    バージョン1.0.0.7828– 2019年1月11日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • Genesysが特定の状況で増加したWebRTC切断の報告を調査する間、自動更新は現在中断されています。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • In / Out of ServiceコマンドのEdge処理が改善されました。
    • 変換に失敗し、コールがスタックした16進数データUUIデータ要素のエラー処理パスの問題が解決されました。
    • 自動会議PINの音声アクティベーションが英語以外の言語で機能しない問題を解決しました。
    • システムがキャンセル要求応答を処理するときに発生する「分岐」INVITESに関する問題を解決しました。
    • TCPまたはTLS接続が閉じられないように、特定の低レベルエラーの処理を修正しました。
    • OpenSSLバージョン1.0.2qに更新しました。
    バージョン1.0.0.7730– 2018年12月5日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年12月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年12月13日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)およびAP-SE(シドニー)で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • Edgeがすでに閉じられたダイアログで401(Unauthorized)応答を受け取った後に誤って応答するときに起こる問題を解決しました。
    • クライアントAPIが発行した転送要求と外部参加者切断の間のタイミング条件が、Genesys Cloudから削除する必要がある変換のスタックにつながる問題を解決しました。
    • サーバーが暫定応答を返した場合にHTTPパイプライン処理の抑制が機能しないという問題が解決されました。
    • ICUタイムゾーンコードとデータをバージョン2018cに更新しました。
    • 通話で音声が途切れる問題を解決しました。 SDPでの無音圧縮を伴うSIP re-INVITEは、PCMコーデックの順序を変更していました。
    • ネットワークインターフェイスを共有する電話トランクが作成された後、またはインサービスステータスに移行された後にステータスの更新が遅くなる問題を解決しました。
    • 外部の相手 または 参加者が、ささやきが有効になっているエージェントに配信されたアウトバウンドキャンペーンコールでリングバックを聞く問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.7662– 2018年11月14日
    GenesysはEdge and Media Tierバージョン1.0.0.7252で回帰を検出しました。  Edge and Media Tierバージョン1.0.0.7292がバージョン1.0.0.7252に置き換わり、そのバージョンからの機能強化および修正が含まれています。
    バージョン1.0.0.7616– 2018年10月31日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月11日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年11月18日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 1999年以前の発音が米国(en-US)、オーストラリア(en-AU)、およびイギリス(en-GB)で正しくなかったTTS問題を解決しました。
    • マイナーな最適化と修正
    バージョン1.0.0.7598– 2018年10月18日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月11日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年10月29日木曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • VXMLライブラリロギングのメモリ管理を改善しました。
    • 同じインターフェイスに複数のIPアドレスが含まれているEdgeに関する問題を解決しました。 システムはNICごとに1つのIPアドレスのみを許可するようになりました。
    • Edgeのサイトの国番号と一致する市外局番の電話番号が国内のアウトバウンンドルートと一致しなかった問題を解決しました。
    • 中国からのアウトバウンドルートのデフォルトの国内番号の長さを10から11に増やしました。
    • 解析エラーを引き起こし、失敗したArchitectフローを引き起こすVXMLライブラリの問題を解決しました。
    • INVITE分岐を検出するための最近の変更が、Toフィールドのタグパラメータがない101から199の応答をEdgeがどのように処理するかに影響を与えるという解決済みの問題
    • 記録がすでに再開状態にある場合、メディアサーバーは現在、記録再開コマンドを受け入れます。
    • UUI用の ’isdn-interwork’目的フィールドのサポートを追加しました。
    • の地域検索データを更新しました 。
    • 特定のエラー条件を誤って処理すると、SIPおよびHTTP関連のモジュールによっては、アクティブなTCP / TLS接続が開かれていることがわからなくなるという問題が解決しました。
    • WebSocket接続の確立に失敗する可能性があるHTTPパイプライン化ロジックおよびWebSocketレスポンス処理ロジックに関する問題を解決しました。
    • CONNECTトンネルを確立するコードの問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.7526– 2018年9月26日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年10月14日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ユーザーがTUIからボイスメールにアクセスし、ボイスメールに対応していない内線番号を入力したときにメッセージループが発生するという問題が解決されました。 「このボイスメールボックスは設定されていません。 ボイスメールボックスの検索に転送します。」
    • Genesys Cloud Edge Standard v3ネットワーク構成の改善。
    バージョン1.0.0.7500– 2018年9月12日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年9月8日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • システムが内部IVRメニューにコールを転送するとき発信者が短いリングバックトーンを聞くという問題を解決しました。
    • 複数のEdgeがある場合、またはEdgeごとに複数のインターフェイスがある場合、管理者はカスタム外部プロパティを設定できる呼び出しでローカルホストIPを使用するか(true)、またはホストIPのみを使用するか(false)を示すデータ型 ’Boolean’の ’。
    • ドイツでローカルにダイヤルされた電話番号がデフォルトのIntraCountry番号計画と一致しなかった問題を解決しました。
    • BYOCクラウドモデルを使用しているカスタマーに対する外部IVR転送の失敗に関する問題を解決しました。 これで、システムは支店サイトの送信ルートを使用して外部IVR転送を実行します。
    • システムが複数回指定されたネットワーク/ゲートウェイ設定を処理する方法を改善しました。
    • オーバーライドしてもデフォルトの保留音楽が断続的に再生される問題を解決 Architectで設定されています。
    • 一部のハードウェアプラットフォームでネットワークメニューがLCDに表示される問題を解決しました。
    • トランク設定で有効になっていてもシステムがSIP REGISTERおよびOPTIONSを送信できないという物理的なEdgeに関する問題を解決しました。
    • システムは、WANネットワークインターフェイスのメトリックとして100を適用します。
    • TOヘッダーフィールドに複数のタグパラメータが追加されるINVITEメッセージの分岐のサポートを追加しました。
    • RFC 4028で指定されているように、SIP INVITE要求に対するSIP 200 OK応答にRequireヘッダーが含まれないようにセッションタイマーを修正
    • OpenSSLバージョン1.0.2pに更新しました。
    バージョン1.0.0.7386– 2018年8月22日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年8月16日(米国東部時間)にUS-Eastリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 回帰によるPolycomステーション発信者IDの更新の問題を解決しました。
    • システムのクリーンアップロジックを修正し、リークしたメディアリソースを正しく検出して自動的に削除するようにしました。
    バージョン1.0.0.7348– 2018年8月1日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年8月16日(米国東部時間)にUS-Eastリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ネットワークインタフェースを調べる際のエラー処理が改善されました。
    • 電話と自宅のプロビジョニング用に次のPolycom電話モデルを有効にしました。 SoundPoint 321、331、すべてのSoundPoint 4.xモデル、SoundPoint 560、670、SoundStation 5000、6000、7000、およびRealPresence Trio 8800。
    • チリ(es-CL)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • ポーランド(pl-PL)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    バージョン1.0.0.7322– 2018年7月18日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年7月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • VoiceXMLセッションに渡された空のメディアパラメータがVoiceXML ecmascriptエラーを引き起こす問題を解決しました。
    • I / OエラーとFAXセッションを組み合わせて中止した後、FAXセッションがリソースを解放できなかった問題を解決しました。
    • 非同期読み取りストリームがソースのストリームコンテンツを適切に処理しなかった問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.7292– 2018年7月4日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2021年7月21日水曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 最初の通話が失敗し、システムがリダイヤルを試みると、通話分析を使用したアウトバウンドダイヤル通話が予期しない通話時間のタイムアウトを経験する問題を解決しました。
    • システムは1時間ごとにトランクのステータスを更新し、めったに使用されないトランクでも正しいステータスを表示するようにしました。 以前は、トランクステータスは7日後に期限切れになりました。
    • チリ(es-CL)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • 無効なSDPフラグメントが原因で例外が発生する可能性がある問題を解決しました。
    • VoiceXMLでデータ要素を実行した後のファイル取得回数が減少しました。
    • Architectフロー文字列変数のアンパサンドによって、変数のプロンプト再生が中断される問題が解決されました。
    • Genesys Cloudは、以下のASR診断記録設定をサポートするようになりました。 ASR Recording Percentage(録音コールの割合、0〜100)およびASR診断のタイプ(さまざまなタイプの録音、たとえばBasic)。
    • システムがCisco CUCMからのコールを保留にし、CUCMがそのコールを保留にしようとしたが、コールが保留になったままになる問題を解決しました。
    • Bridge サーバー HTTP再試行操作の改善。
    • Polycom RealPresence 8800会議電話機は、Genesys Cloud電話ホームサービスのMTLSとクラウドプロビジョニングをサポートするようになりました。
    • ファックスセッションが異常終了し、EdgeのCPU使用率が高くなると発生する問題を解決しました。
    • 録画がすでにアクティブになっている場合、システムは録画再開コマンドを受け入れるようになりました。
    • コールレッグが複数のスレッドで同時にアクセスされるとクラッシュが発生する可能性がある問題を解決しました。
    • オーパスコーデック使用中のミュートに関する問題を解決しました。
    • 切断されたコールをもたらす無音およびアイドルエンドポイントタイムアウト通知に関する問題を解決しました。
    • 潜在的なメモリリークを排除するためにAddressResolverが改良されました。
    バージョン1.0.0.7252– 2018年6月20日
    GenesysはEdge and Media Tierバージョン1.0.0.7252で回帰を検出しました。 Edge and Media Tierバージョン1.0.0.7292がバージョン1.0.0.7252に置き換わり、そのバージョンからの機能強化および修正が含まれています。
    バージョン1.0.0.7096– 2018年5月9日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • すべての地域で自動更新が有効になります 。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • システムは、オーディオ/オーパス、オーディオPCMU、およびオーディオ/ L16コーデックに対してのみデュアルチャンネルレコーディングを設定します。 それは他のすべてのコーデックをモノチャンネルレコーディングに設定します。
    • 複合語を改善するためのオランダオランダ語(nl-NL)へのTTS辞書の更新。
    バージョン1.0.0.7064– 2018年4月25日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2020年5月21日木曜日以降、すべての地域で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 非暗号化および暗号化されたSAFSファイルヘッダーメタデータに特別な記録識別を向上させるための情報を追加しました。
    • 日本語(ja-JP)ボイスメールTUIが失敗する原因となったECMAスクリプトエラーを解決しました。
    • ボイスメールアプリケーションの録音が、 発信者がボイスメールメッセージを残していなくても通知。
    • の地域検索データを更新しました 。
    • SSLエンドポイントのデフォルト暗号から安全性の低いRC4暗号スイートを削除しました。
    バージョン1.0.0.7020– 2018年4月4日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 【留意事項です!】2018年2月14日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)を含む全てのリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ボイスメールボックスが空のときにボイスメールメニューが新規または保存されたメッセージを聞くようにユーザに促す問題を解決しました。
    • 再起動後、建物のEdgeまたは仮想Edgeが実際に稼働していて使用可能になっているときに停止または使用不可として表示される問題を解決しました。
    • システムがVoiceXMLからのデータを再生できないという解決済みの問題 <record> Media Micro Servicesを使用するときの要素。
    • 電話番号に無効な文字が含まれているために、ユーザーが開始して発信するダイヤルキャンペーンの呼び出しが失敗しないようにするために、番号をダイヤルするときに無効な文字が削除されるようになりました。 無効な文字の例は、拡張ASCII文字と空白文字です。
    • 7桁より短い電話番号をダイヤルするときに、カスタマーのPBX統合が会話ビューおよびユーザーインターフェイスビューに不正確な発信者名(発信者ID)情報を提供するという問題が解決しました。
    • オンプレミスハードウェアEdgeのEdgeロールバック機能のサポートを追加しました。
    • 言語がポルトガルブラジル(pt-BR)で、キューに代わって失敗したアウトバウンド外部コールの後にシステムが継続的な失敗切断トーンを再生するときに発生する解決済みの問題 ポルトガルブラジルのデフォルトの切断トーン(pt-BR)にタイムアウト期間が追加されました。
    • 持続的接続を使用するWebRTCステーションのアイドル状態検出および同意フレッシュネスのバックエンド設定を追加 新しい設定はシステムが時期尚早にWebRTC呼び出しを切断することを防ぎます。
    • 非常に多数の代替発音によるメモリ不足を回避するために、Media Serverの文法コンパイルにコントロールを追加しました。
    • Media Serverの文法のコンパイル時間が改善されました。
    • 負の数と負の通貨の読み取りを改善するために、スペインの米国(es-US)のTTSモデルが更新されました。
    • スペイン語米国(es-US)のTTSモデルが更新され、通貨の省略表示が改善されました。
    • 簡体字中国語(zh-CN)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • スペインのアメリカ合衆国(es-US)とエクアドル(es-EC)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • 音声が欠けている2つ以上の連続したセグメントがシステムが残りの有効なセグメントを処理することを妨げるTTSの問題を解決しました。
    • 暗号化されていないオーパス録音がデフォルトの.wavファイル拡張子を受け取る問題を解決しました。 これらの記録は現在実際のファイルフォーマットを反映しています。
    • 地域検索に、北米以外の携帯電話番号が含まれるようになりました。「携帯電話番号」の後に国名が続きます。
    • アクションが入力パラメーターを受け取らない場合にアーキテクトフローのブリッジアクションが失敗し、空のボディリクエストが発生する問題が解決されました。 Bridgeホストは、空の本文リクエストを空のJSON本文に置き換えるようになりました。
    • システムがWebRTC電話で行われたアウトバウンドコールのためにコーリングアドレス(ANI /発信者ID)を正規化しない問題を解決しました。
    • 競合状態によりWebRTC電話がタイムアウト後に切断される問題を解決しました。
    • 録画がすでに一時停止している場合、システムは録画一時停止コマンドを受け付けます。
    • プロトコルトレース名が重複しているため、同じGenesys Cloud Edgeで同じポートコンフィグレーションを共有するUDPとTCPプロトコルトランク構成を組み合わせた診断プロトコルトレースがトランクの1つのみで動作する問題が解決されました。
    • 簡体字中国語(zh-CN)のIVRシステムプロンプトの更新。
    • Bridge サーバーのコードにBOM(byte-order-mark)フィルタを追加し、BOMがブリッジコネクタに送信されたテキストに含まれている場合は除外します。
    • アウトバウンドSIP BYE方式にチャレンジすると認証が失敗するという問題が解決されました。
    • オーストラリア(en AU)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • 安全でないTCP接続からTLSへのアップグレードを処理するコードを強化し、「client hello」メッセージでServer Name Indicationエクステンションを渡します。
    バージョン1.0.0.6960– 2018年3月14日
    Genesysは、Edge and Media Tierバージョン1.0.0.6960および1.0.0.6940で回帰を検出しました。 Edge and Media Tierバージョン1.0.0.7020は、バージョン1.0.0.6960および1.0.0.6940に代わるもので、これら2つのバージョンの機能強化および修正が含まれています。
    バージョン1.0.0.6940– 2018年3月7日
    Genesysは、Edge and Media Tierバージョン1.0.0.6960および1.0.0.6940で回帰を検出しました。 Edge and Media Tierバージョン1.0.0.7020は、バージョン1.0.0.6960および1.0.0.6940に代わるもので、これら2つのバージョンの機能強化および修正が含まれています。
    バージョン1.0.0.6906– 2018年2月21日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月21日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2018年2月28日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)を含む全てのリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • Edge Controlが正しく初期化されたが再起動されるまで呼び出しを処理できないという競合状態を解決しました。
    • ICUタイムゾーンコードとデータをバージョン2018cに更新しました。
    バージョン1.0.0.6868– 2018年2月7日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年2月7日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 【留意事項です!】2018年2月14日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)を含む全てのリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 番号が2つのアスタリスク(**)で始まるときにシステムが電話をかけることができない問題を解決しました。
    • ユーザーがGenesys Cloud WebRTCステーションへの着信通話に応答できない問題を解決しました。
    • Genesys Cloud WebRTCステーションを使用して行われたコールのインタラクションデータは、最初のイベントだけでなく、セッション内のすべてのイベントを表示するようになりました。
    • ワンナンバーファックス機能の着信ステーションユーザーアラート音声がシステムのWAVEリソースの代わりにTTSを使用し、音声品質が低下するという問題が解決しました。
    • システムがSIPトランスポート層の障害を適切に処理しない問題を解決しました。
    • Genesys Cloudは、RFC 3621セクション22.2に違反している欧州の通信事業者からのWWW-Authenticateフィールドなしで、401の不正な応答の返信をより簡単に処理できるようになりました。
    • システムが作成されたが送信されていない要求のクライアントトランザクション数を減少させない問題を解決しました。
    バージョン1.0.0.6806– 2018年1月17日

    手動および自動更新の有無

    • 2018年1月17日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2018年1月24日(米国東部時間)から、US-EastおよびEU-Westで自動更新が有効になります。
    • 2018年1月31日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)および AP-SE(シドニー)で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 証明書ストアに書き込んだ後、システムが完成した証明書をディスクに書き込むことができなかった問題を解決しました。
    • ドイツ語(de-DE)、日本語(ja-JP)、およびポルトガルブラジル(pt-BR)のvoicemailend.vxmlファイルを更新しました。
    • ユーザーがスタンドアロンステーションにログインおよびログアウトした後にシステムが電話をかけることができない問題を解決しました。
    • フローの開始時にArchitectフローで[参加者の記録を有効にする]アクションを使用すると、コールの失敗または未記録のコール記録が発生するという解決済みの問題
    • システムシャットダウン中にシステムがEdgeにコールを送信できた問題を解決しました。
    • ボイスメールを無効にした状態でグループに送信された電話に誰も応答しないと、「ボイスメールがありません」というメッセージが表示されず、「理解できなかった」というループが表示される問題が解決しました。
    • システムは現在、特定のサイトに割り当てられていないEdgeで毎日自動更新を実行します。
    • グループリングオーバーフロータイムアウトがボイスメールに到達しない問題を解決しました。
    • 同じIPアドレスとポートを使用して複数のトランクにまたがって設定されたSIPアクセスコントロールが、発信元アドレスACLと経由アドレスACLの両方に対して着信SIPメッセージを検証しないという問題が解決されました。
    • 米国(en-US)のコール分析モデルの更新を呼び出します。
    • 地域検索データを更新しました。
    • システムがマルチスレッドでの使用のために内部キャッシュを正しく同期しない問題を解決しました。
    • OpenSSLからバージョン1.0.2nに更新しました。
    バージョン1.0.0.6688– 2017年12月13日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年12月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年12月20日(米国東部時間)から、US-EastおよびEU-Westで自動更新が有効になります。
    • 2017年12月27日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)および AP-SE(シドニー)で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • 英語(イギリス)、英語(米国)、日本語(日本)の音声認識モデルの更新。
    • ドイツ語(ドイツ)の音声合成(TTS)モデルの更新。 複合語の発音を改善。
    • OpenSSLのバージョンを1.0.2mに更新。
    バージョン1.0.0.6662– 2017年11月29日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年11月29日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年12月6日(米国東部時間)から、US-EastおよびEU-Westで自動更新が有効になります。
    • 2017年12月6日(米国東部時間)から、AP-NE(東京)および AP-SE(シドニー)で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • プライマリ外部発信者が3者間の相談転送により転送され、エージェントがACDセッションから切断されると、システムは現在これをコール切断として処理します。 会話が切断され、エージェントとACDセッションも切断されます。
    • 一部のVXMLエラーメッセージを警告として再分類しました。
    • ACDキューがエージェントのボイスメールに転送されたとき、ボイスメールセッションイベントが作成されなくなりました。
    • 内部のミキサーカウント統計に関する問題を解決。
    バージョン1.0.0.6578– 2017年11月8日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年11月08日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    version 1.0.0.6578の自動更新は予定されていません。

    機能強化と修正

    • ユーザーが応答しないときにシステムが永続的接続のコールを切断し、次のステーションを呼び出して新しい接続を確立する必要があるという問題を解決。
    • 永続的接続がアクティブである場合に、PureCloud Softphoneが再起動すると接続が失敗する問題を解決。 システムは、失敗した永続的接続を切断し、後続のコールを許可します。
    • スペイン語(スペイン)バージョンのユーザーステーションアラートのTTS代替プロンプトが録音されたプロンプトと一致しない問題を解決。
    • システムがメモリブロックを2回削除してプロセスがクラッシュする可能性があるTCPおよびTLS接続を管理するコードのバグを修正。
    • システムがHTTP応答を誤った要求に関連付ける原因となるコードのバグを修正しました。
    • ICUタイムゾーンのコードとデータをバージョン2017cに更新。
    バージョン1.0.0.6532– 2017年10月25日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月25日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    version 1.0.0.6532の自動更新は予定されていません。

    機能強化と修正

    • エージェントへのACD転送とエージェントキューの転送との間で競合状態が発生すると、システムはボイスメールへ優先転送し、エージェントへの転送を防止します。
    • 2回転送されたコールでレコードオプトインコントロールとオプトアウトコントロールが失敗し、トランク側のコールが部分的に録音される、または録音されないという問題が解決しました。
    • トランク上で可用性を有効にすると、インバウンドコール処理が遅延する問題が解決。
    • 電話機を設定する際、自動会議機能が有効のときに、サポートされているすべての言語を選択できるようになりました。
    • 地域検索データを更新しました。
    バージョン1.0.0.6444– 2017年10月11日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年10月11日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年10月18日(米国東部時間)から、US-EastおよびEU-Westで自動更新が有効になります。
    • 2017年10月25日(米国東部時間)からAP-NE(東京)およびAP-SE(シドニー)で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • EdgeControlが再起動すると、EdgeMediaは放棄されたリソースをクリーンアップできるようになりました。
    • コールがボイスメールにリダイレクトされている間にグループリングがグループメンバーに警告するというタイミングの問題が解決しました。
    • PureCloud SoftphoneのTCPタイムアウト値を秒単位ではなくミリ秒単位に変更。
    • Genesys Cloudウェブベース(WebRTC)電話ユーザーが作成した会議に余分な参加者が現れる問題を解決しました。
    • Architectフローから呼び出しが転送され、Genesys Cloudが割り当てられた言語をサポートしていない場合、システムは、呼び出しを切断するのではなく、デフォルトで英語、米国(en-US)言語パックをロードします。
    • Polycom電話機の設定にSNTPサーバの値が提供されると、電話機がDHCP値を使用しないように設定されました。
    • に IVRにコールを送信した後、エージェントに失敗(ファストビジー)トーンが聞こえる問題を解決しました。
    • プロンプトと名前のシーケンスにバリエーションを必要とする言語リージョンのためにユーザーアラートプロンプト(ワンナンバーファックス対応)がローカライズされました。これにはドイツ語(de-DE)、日本語(ja-JP)、中国語(zh-CN)が含まれます。
    • ドイツ語(de-DE)、スペイン語(US)(es-US)、およびフランス語(フランス)(fr-FR)を使用してボイスメールをキューに残すときにシステムが余分なプロンプトを再生する問題が解決されました。
    • VoiceXMLインタプリタに渡されたedgeRecordingsPathセッション値に余分な引用符が含まれている問題を解決。
    • メキシコ(es-MX)およびスペイン語-米国(es-US)のコール分析モデルの更新。
    • 南アフリカのコール分析モデルの更新を呼び出す(en-ZA、af-ZA)。
    バージョン1.0.0.6320– 2017年9月13日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年9月13日(米国東部時間)以降、全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年9月20日(米国東部時間)から、US-EastおよびEU-Westで自動更新が有効になります。
    • 2017年9月27日(米国東部時間)からAP-NE(東京)およびAP-SE(シドニー)で自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • VoiceXMLアプリケーションファイルにさらにチェックを追加して、 <data> 要素は正常に返されますが、コンテンツは返されません。
    • Edgeの状態が正しく更新されず、Edgeの更新または管理UIからの物理的な要求の後のアイドルフェーズで動かなくなる問題を解決しました。
    • IVRを通して開始された転送が転送先に渡されないという問題を解決。
    • システムが不正な形式または非規格の または 標準 URIをダイヤルしたとき、またはシステムでURIを使用したときにコール試行が失敗するという問題が修正されました。 ユーザー部分のないフォーム
    • 英語-米国(en-US)、英語-オーストラリア(en-AU)、英語-英国(en-GB)でのTTSの年、日、分数の処理を改善。
    • ドイツ語(de-DE)、英語-オーストラリア(en-AU)、フランス語-カナダ(fr-CA)、日本語(ja-JP)、ポルトガル語-ブラジル(pt-BR)の音声認識モデルを更新。
    • コロンビア(es-CO)およびスペイン語-米国(es-US)のコール分析モデルを更新。
    • タイムアウトリクエストのエラー処理によって、実行可能な他のトランザクションが停止される問題を解決。
    • リクエストが予定より早くタイムアウトしたパイプラインリクエストの問題を解決。
    • CONNECTトランザクションが非常に早く開始された際、トランザクションが失敗する原因となった内部タイミングの問題を解決。
    • SIPトラフィック用に特別に設定されたローカルで開始されたTCP / TLS接続に対して、システムが設定されたDSCP値を無視する問題を解決。
    バージョン1.0.0.6236– 2017年8月23日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月23日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年8月30日(米国東部時間)にUS-EastとEU-Westのリージョンで自動更新が有効になります。
    • 2017年9月6日(米国東部時間)にAP-NE(東京)とAP-SE(シドニー)のリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • ボイスメールおよび自動会議 TUIで中国語(zh-CN)のサポートを追加。
    • 完成したアドホック記録および回線側記録の回復は、通話中システムおよびテレフォニーネットワークの障害状態でも許可されるようになりました。
    • 1つの番号でFAX検出が有効になっているときに、ユーザープロンプトの開始が途絶える問題を解決。 プロンプトの開始時に1秒の遅延を追加。
    • リモートおよびWebRTCセッションのトランクレコーディングはデフォルトでは有効になっていません。 この機能を有効にするには、組織のedgeAllowRemoteSessionRecording機能フラグを設定します。
    • VXMLライブラリに例外処理とヌルポインタチェックを追加。
    • 外部トランクの新しいトランク設定値、Calling AddressフィールドのName Override Methodは、条件付きまたは常時の設定に基づいて発信側の名前を指定された値に上書きすることを可能にします。
    • HTTP エラーコードの処理を改善。
    • システムがカスタム正規表現の番号プランを使用して、E.164番号に標準化されていない外部コールをルーティングしたり、URIパラメータを考慮して、コールが別のトランクまたは別のコールまたは着信アドレスにルーティングされる問題を解決。
    • フィールド診断に基づいてブラジル(pt-BR)のコール分析を更新。
    • トランザクション中のネガティブシステムクロック調整の処理に関する問題を解決。
    • HTTPトランザクションの途中でシステムがTLS接続を切断し、不適切に再生されたトランザクションに関連するクライアント側データの問題を解決。
    バージョン1.0.0.6166– 2017年8月9日

    手動および自動更新の有無

    • 2017年8月9日(米国東部時間)から全てのリージョンで手動更新が可能になります。
    • 2017年8月16日(米国東部時間)にUS-Eastリージョンで自動更新が有効になります。
    • 自動更新は、組織が定義したメンテナンス期間中に10日間にわたってカスタマーにロールアウトされます。

    機能強化と修正

    • VoiceXMLアプリケーションは、JSON文字列を作成して、application / json-inin enctypeを使用してリクエストに直接渡すことができます。
    • IVRを介して開始された転送が、プレ接続オーディオの代わりにリングバックを再生する問題を解決。
    • 新しい地域ホンジュラス(es-HN)のコール分析が利用可能になりました。
    バージョン1.0.0.6136– 2017年7月24日
    • 不正な形式または非規格、あるいは標準 URIをダイヤルしようとすると、SIPスキームが複数発生し、コール試行が失敗するという問題が解決されました。
    • アクティブなマルチ Edge環境下のリモートステーションがプライマリ Edgeの代わりにセカンダリ Edgeにコールをルーティングする問題を解決。
    • ポルトガル語-ブラジル(pt-BR)ロケールの追加のリソースファイルを更新。
    • ステーションがACD自動応答を使用して接続した後で、Edgeがステーションの応答要求を受信する問題を解決。
    • エコーキャンセラーがASRパフォーマンスの低下を引き起こす問題を解決。
    • 地域検索データを更新しました。
    • HTTPトランザクションの途中でシステムがTLS接続を切断し、クライアント側のデータがHTTPクライアントのトランザクションテーブルに残る問題を解決。
    バージョン1.0.0.6082– 2017年6月28日
    • 一部のエッジで正しく表示されなかったXML解析エラーメッセージの問題を解決。
    • スペイン語-アメリカ(es-US)の音声認識の信頼性モデルを改善。
    • UASが適切に応答しない場合に発生する、Edge上でスタックされたSIPダイアログに関する問題を解決。
    • ヘブライ語-イスラエル(he-IL)のコール分析モデルを更新。
    • 不具合のため、OpenSSLを以前のバージョンに戻しました。
    • Genesys Cloudウェブベース(WebRTC)電話の持続的ステーション構成がテレフォニーUIに表示されない問題が解決されました。
    • 着信およびクラウドメッセージのEdge処理のギャップと遅延によりコールの失敗を引き起こす問題を解決。
    • 元の呼び出し元アドレスが電子メールアドレスである場合にEdgeが設定された呼び出し元アドレスの上書きを送信しなかった問題を解決。
    • EdgeがBladeware VXMLレイヤの診断ログから返されたエラーを適切に処理しなかった問題を解決。
    • フランス語-カナダ(fr-CA)音声認識の信頼性モデルを改善。
    • ゼロ例外による分裂を引き起こす可能性があるopusの無音検出の問題を解決。
    • 物理ステーションから内線電話をかけるときに、発信者IDに着信ユーザーのアドレスではなく着信ユーザーの端末アドレスが表示されることがあるという問題が解決しました。
    • 誤って設定されたユーザ転送オプションによって番号がユーザ自身のDIDに転送されるときに発生する過度のコール機能を防ぐための調整を行いました。
    • URIパラメータを持つTELスキームの入力は、アドレスの正規化とそれに伴う分類でのダイヤルプランのマッチングに一致します。
    • 外部コールからセッションID情報を削除。
    • バックグラウンド互換性チェックでバージョン1.0.0.5422以前を実行しているEdgeを考慮しなかった問題を解決。
    • さまざまな音声合成言語のイニシャルで電話番号と名前の読み上げが改善されました。
    • さまざまなText-to-Speech言語および米国英語(en-US)音声認識における使用頻度の低い単語の発音が改善されました。
    • カナダのフランス語(fr-CA)とフランス語(fr-FR)のテキスト読み上げで数字が誤って読み取られる問題を解決しました。
    • 音声認識の最適化を改善。
    • プロンプト部分をスキップするレースの問題を解決。
    • アメリカ英語(en-US)、オーストラリア英語(en-AU)、およびイギリス英語(en-GB)のテキスト読み上げでの年、時間、および文字と数字の混在するシーケンスの読み上げが改善されました。
    • ブラジルポルトガル語(pt-BR)用のコール分析モデルを更新しました。
    • タイムアウトした要求に対するエラー処理が実行可能な他のトランザクションを中止した問題を解決。
    • 特定のクラスの例外が適切なレベルで処理されず、クラッシュダンプが発生する問題を解決。
    バージョン1.0.0.5886– 2017年5月5日
    • 一部のアウトバウンド ダイヤリングで最終処理が送信されなかった問題を解決しました。
    • ユーザー間のインターナルなFAXで、失敗することがある問題を解決。
    • トランクの連携がEdgeインターフェイスから削除された後、トランクのアベイラビリティとレジスターチェックがプロキシ アドレスに送信され続ける問題を解決。
    • VoiceXMLは、HTTP "202 Accepted" ステータスコードを成功として扱うようになりました。
    • Opusコーデックを使用時のコールの無音検出の改善。
    バージョン1.0.0.5826– 2017年4月24日
    • 「user」と「header」のアウトバウンドIDプライバシーを適用するオプションを追加。
    • Architectのグループ転送のためのローカライズされたオーディオリングを追加。
    • コマンドファイルの認証が強制されるようになりました。
    • 持続的接続を有効にしたリモートステーションが、持続的ではなく待機状態のRTPで切断される問題を解決しました。
    • アウトバウンド発信者ID名、発信コール名、およびアサート済みID名フィールドに文字タイプと最大長制限を追加。
    • 特定の認識結果によってBladewareVXMLライブラリが例外を投げる問題が解決。 
    • コールがACDキューに留まってしまう問題を解決。
    • 500レベルのSIP 応答はトランクプロキシ ステータスエラーとして報告されるようになりました
    • 多くのSRGS文法ファイルに構文エラーがあったため、 それらの問題を解決。
    • ISR入力オーディオに適用されるエコーキャンセレーションの改善により、高エネルギーエコーの時に誤った割り込みが発生する可能性を低減。
    • フランス語-カナダ(fr-CA)ユーザーがボイスメールの挨拶を録音できなかった問題を解決。
    • 日本語(ja-JP)のコール分析検知の更新。.
    • ポルトガル語-ブラジル(pt-BR)のコール分析モデルの更新。
    • 署名されていないペイロードをサービスが許可できるようにAWSの署名ロジックをサポートしました。 ほとんどのサービスでは署名済みのペイロードが必要ですが、AWS LexではPostContent APIの署名されていないペイロードが必要です。
    • 2017年4月の地域検索の更新。
    • 実行時間を取得するためのaio フレームワークを追加。
    • ICUタイムゾーン情報を更新。
    • ドイツ語(de-DE)音声認識の音声アクティビティ検出の改善
    バージョン1.0.0.5742– 2017年4月4日
    • ルーティング不可能な着信コールが、不適切な「403 No Dialing Rights」の結果を受け取る問題を解決。
    • ハートビートにEdge バージョンを追加して、バージョンレポートを改善。
    • 警告とエラー状態のロギングが改善。
    • HTTP 2xxのステータスコードの処理に関する問題を解決。
    • LDMのEdge 競合状態により再起動するまでペアリングが失敗する問題を解決。
    • リクエスト用に作成された不適切なURIの問題を解決。
    • URIのパスと権限のチェックに関する問題を解決。
    • プライマリ Edgeが利用可能な場合、エンドポイントのセカンダリ Edgeを経由するコール ルーティングに関する問題を解決。
    • 地域のより簡単な検索ための都市/国コードデータベースの改善。
    • さまざまなバグと安定性の修正。
    バージョン1.0.0.5696– 2017年3月19日
    • Polycomエンドポイント管理パフォーマンスの改善。
    • サーバー契約バージョン4への変更。
    • ブリッジ 証明書ライブラリ ソースの変更。
    • LDM Edgeのクラウド接続の監視およびトラブルシューティングに関する機能の改善。
    • さまざまなバグや安定性の問題の修正。
    • Edgeのクラウド接続が再確立されるまで、ローカル認証局キャッシュを使用できるようになりました。
    • DTMF検出が二重になる問題を解決。
    • トランク間の再試行ロジックの改善。
    • LDM Edgeは、アンペアでもクラウドの接続状態を監視できるようになりました。
    • 例外の原因となるPolycom REFER wの置換えの問題を解決。
    • Edgeが無効なtieトランクにOPTIONSメッセージを送信する問題を解決。
    • テレフォニーの管理にシステムのシリアル番号が表示されるようになりました。
    • ARPは、VM用のイーサネットに対する応答を制限するようになりました。
    • 転送ステータス報告の改善。
    • システムのシリアル番号がTA-UI表示を取得するようになりました。
    • 不正確な終了カウントの問題を解決。
    • 一部の3.x Polycom Endpointsがプロビジョニングできなかった問題を解決しました。
    • ロギングの改善。
    • トランクは、APIPAによりアドレスされたインターフェイスにバインドすることを防ぐようになりました。
    • ログファイルが破損する問題の解決。 
    • 成功したオプション/レジスタのping後のエラー情報を消去。
    • EdgeのNIC構成を設定する際に発生する例外を解決。
    • リカバリーメディアにアクセスできない場合に、Edgeアプリケーションが実行されない問題を解決。
    • de-DE言語音声モデリングの改善。 
    • en-US言語モデルのパフォーマンスの向上。
    • de-DE言語モデルのパフォーマンスの向上。
    • de-DE言語のTTS辞書の改善。
    • es-ES言語の文法の問題を解決。
    • pt-BR言語を改善しました。
    • ログファイルの数を増やすためのロギングライブラリの改善。
    • タイムゾーン情報の更新。