フローのテスト

Architectのデバッグ機能を使用して、公開前にフローの別のバージョンをテストします。 この機能を使用すると、Genesys Cloudから呼び出して、呼び出し側の視点からフローを聞くことができます。 

 メモ:   注意:現在、デバッグ機能は英語のみのフローで利用可能です。 追加の言語、または英語以外の言語でフローをデバッグすると、フローは正しくデバッグされません。

デバッグモードでは、フローは追加のシステム情報をフロー作成者に提供します。 例えば、取られた行動や決定プロセスの結果など フローを具体的に呼び出すSIPアドレスをダイヤルできます。 デバッグするフローに検証エラーを含めることはできません。 

 メモ:   フローへの呼び出しをデバッグモードにしても、このフローが公開されて番号またはスケジュールに割り当てられたときに発信者に聞こえることを体験できるだけです。 デバッグ機能を有効にする前に、フローサポートTTSに設定されているすべてのサポート対象言語を確認してください。

フローのデバッグバージョンを作成するには、 公開 メニューを選択して選択します デバッグ。 [Debug Enabled]ダイアログボックスが開き、フローをデバッグできることを確認します。

交換する YourCallFlow デバッグする予定のフローの名前を指定します。 例:   YourCallFlow-debug @localhost。

 メモ:   注意注:フロー名にスペースまたは特殊文字が含まれている場合は、URLエンコード名を使用してください。 アーキテクトはURLエンコードされた文字列を自動的に提供し、[デバッグを有効にする]ダイアログボックスから直接コピーして貼り付けることができます。 たとえば、フロー名がMain Call Flowの場合、[DebugEnabled]ダイアログボックスは次のようになります。 sip:Main%20Call%20Flow-debug @ localhost

フローをデバッグする

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 開きたいフローをクリックします。 フローの設定ページが開きます。
  3. の端にある矢印をクリック 公開する メニューと選択 デバッグ。 Architectはフローを検証してデバッグを有効にし、デバッグが有効であることを知らせるメッセージを返します。
  4. Genesys Cloudでは 電話をかける 次のパターンを使用してフローに送ります。YourCallFlow-debug@localホスト
  5. 経験に応じて、Architectでフローの設定を続けるか、フローを公開して番号またはスケジュールに割り当てるには、音声の結果を使用します。