設計時に式を検証する


Architect は、フロー作成者がデザイン時に式の構築をトラブルシューティングする手伝いをします。式の構築中にエラーが発生したら、[オーディオ シーケンスを編集] ダイアログボックスの下部または [式] アクションの [設定] 領域に検証エラー メッセージが表示されます。

エラーメッセージの詳細を探す

式にエラーが含まれていると、Architectはエディタの下にメッセージを返します。エラーに関する詳細を表示するには、メッセージをクリックし、以下の機能に注意してください。

  1. エラーに関数名(たとえばMakeDuration)が含まれていると、その関数名は青で表示されます。特定の関数にフォーカスして、その関数名をクリックすると、[式のヘルプ] ダイアログボックスが開きます。
  2. エラーメッセージの残りの部分は赤で表示されます。赤色のエラー メッセージをクリックして、式エディターにフォーカスを当て、入力キャレットをスクロールしてエラーの場所に移動します。

さらに、フロー作成者は 式のヘルプ 最小/最大などのパラメータの制限、リテラルが必要かどうか、次の場合 NOT_SET 許可されているかどうか[式を編集] ダイアログ ボックスで [F()] ボタンをクリックしてこのヘルプにアクセスします。

例:通貨コード

次の例では、フロー作成者が通貨コードにリテラルを使用し、パーサーがデザイン時にコードを検証します。

MakeCurrency(5.25, "USD123")

設計時にArchitectがこの値を検証すると、currencyCodeパラメーターに指定されたリテラル「USD123」がサポートされているISO4217通貨コードではないことをフロー作成者に通知するメッセージが返されます。これらのパラメータは、 式のヘルプ

上記の式で「USD」を含め、「123」を削除することで、作成者は通貨コードパラメータが有効なISO 4217コードであることを確認します。

MakeCurrency(5.25, "USD")
 注意:この例では、リテラル パラメーター値の検証です。フロー作成者が以下を入力した場合:
MakeCurrency(Flow.MyDecimal, "USD")

パーサーは、amountパラメーター(最初のもの)に指定された値が10進タイプの値であることのみを検証します。

例:できる年の最大値

この例では、フロー作成者が2500年の日付時刻を作成しようとしています。

MakeDateTime(2500, 1, 1, 0, 0, 0)

Architectは設計時にエラーを検証し、エラーメッセージを返します。で規定されているように 式のヘルプ MakeDateTimeの場合、yearパラメータに指定された2500の値が最大許容値の2200を超えています。